HOME > お楽しみフォーラム > ペリーのちょんまげ > 

『花の生涯』豪華出演陣による元祖NHK大河ドラマ
映画スター佐田啓二テレビ初出演も話題に。

ペリーのちょんまげ

掲載日2007年11月08日
『花の生涯』豪華出演陣による元祖NHK大河ドラマ
映画スター佐田啓二テレビ初出演も話題に。

(はなのしょうがい) 1963年

昭和38年(1963)スタートしたNHK大河ドラマ第一弾。放送期間はこの作品のみ、4月から年末までであった。尾上松緑はじめ豪華キャスト、若い女性に大人気の佐田啓二がテレビ初出演ということでも注目を集め、最高視聴率32.3パーセントを記録した作品。現存するのは、この一話のみ。
 黒船来航により、国論が開国か攘夷かと、騒然となった安政元年(1854)。後に大老となる彦根藩の井伊直弼(尾上松緑)は、政治の前線に立つどころか、藩主の14番目の庶子として捨扶持を与えられ、「一生埋もれ木」と称し、世捨て人のような暮らしをしていた。口癖は「わしは政治は大嫌い」そんな直弼宅に、国学を学ぶ浪人・長野主馬(佐田啓二)が訪ねてくる。直弼と主馬を引き合わせたのは、医師・三浦北庵(下条正巳)だった。
 しかし、主馬には頭から離れない約束が。実は直弼宅に来る途中、不逞の者を厳しく取り締まる常備隊に目をつけられたのを、三味線の師匠・村山たか(淡島千景)の機転で助けられたのだ。遊女に三味線を教えるたかとの再会の約束を果たした主馬は、心を通わせる。しかし、そこにも常備隊が押し寄せ、たかは身を呈して彼を隠すが…。「芸を売って身を立てておりますが、身も心も売ったりはいたしませぬ」たかのきっぱりしたセリフが凛々しい。小沢栄太郎の語りも重厚に響く。

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー萩野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

はじめての方のための視聴ナビ 時代劇専門チャンネル2015年4月nottvに開局! 時代劇うた祭り!ザ★ゴールド 姉妹チャンネル・日本映画専門チャンネル 「桃太郎侍」にちなんだあなただけのオリジナル数え歌大募集!! 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意 字幕放送実施中 モバイルサイトQRコード 東日本大震災に関する時代劇専門チャンネルからのお知らせ

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー今だけWでおトク
  • プレミアムパックWelcomeキャンペーン
  • スカパー!セレクト5
  • スカパー!アンテナ取付サポートキャンペーン
  • J:COM
  • J:COM タブレット無料キャンペーン
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン
  • 雷蔵祭 初恋
ページトップへ戻る

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版