• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

読む!時代劇

読む!時代劇

毎月第1、第3日曜放送 毎日リピート放送中
読む!時代劇とは いま一番面白い、読むべき1冊がわかる!“時代小説”専門オリジナル番組 今読める新刊から 外せない名作や注目作、目利きたちのオススメまで、時代小説の「今」をお届け!更に赤江珠緒がイチオシの本を朗読する「タチヨミ」のコーナーも!

2017年
2月3週第16回

新選組小説に
吹き込まれた
新たな風!

見逃し配信 放送を見逃した方もまだ間に合う!

第16回 「小松エメル『夢の燈影 新選組無名録』」

第15回 「乙川優三郎『生きる』」

※この動画は、3/20(月・祝)までの配信です。

イチオシ 注目の新刊から目利きたちのオススメまで、今読むべきイチオシ作品をチェック!

小松エメル『夢の燈影 新選組無名録』
  • 新選組結成150年にあたる2013年以降現在に至るまで、時代小説界には新選組ブームが。数々の作家が新選組小説を発表する中、注目されているのが小松エメル。歴史小説に初めて挑戦し描いた、“小松”新選組とは…?

  • 小松エメル『夢の燈影 新選組無名録』

    『夢の燈影 新選組無名録』
    小松エメル
    (講談社文庫/660円+税)

書評
  • 解説:大矢博子さん

    書評家。執筆活動のほかラジオ出演や読書会主宰・講演など精力的に活動。著書に『能天気にもホドがある。』『読み出したら止まらない!女子ミステリーマストリード100』など。

  • 里中哲彦さん

2008年のデビュー以来、初めて歴史小説に挑戦した著者がテーマに選んだのは、今まで幾度となく描かれてきた“新選組”。歴史に名前を残さなかった無名隊士たちの人生を取り上げた短編集を通してうかがい知れるのは、隊士たちの一人の人間としての心。新選組は決してクールな人斬り集団ではなく、普通の青年たちの集まりだった。彼らはその弱さとどう向き合っていったのか…。

コトノハ 時代小説をもっと楽しむためのキーワードをご紹介!

『壬生浪』(みぶろ)

1862年の旧暦2月27日、新選組の前身・壬生浪士組が結成された。
京都の壬生寺近くに屯所を構えたことから、こう呼ばれた。

イマヨム 出たばかりの新刊から、今すぐ読みたい3冊をピックアップ!

大岡昇平
『大岡昇平 歴史小説集成』
  • 『野火』『レイテ戦記』などで知られる著者の歴史小説10編を収録。
    『天誅組』に連なる作品群など、戦争小説の視点で歴史を紐解く。

  • 大岡昇平『大岡昇平 歴史小説集成』

    中公文庫/
    1,000円+税

藤原緋沙子
『藍染袴お匙帖(11)あま酒』
  • 女医・桂千鶴が貧しい者や哀れな女を守る、累計90万部の超人気シリーズ第11弾。
    医者として、女としての転機を、千鶴はどう乗り越えるのか…。

  • 藤原緋沙子『藍染袴お匙帖(11)あま酒』

    双葉文庫/
    611円+税

武内涼
『駒姫―三条河原異聞―』
  • 最上義光の娘・駒姫は関白・豊臣秀次の側室となるも、秀次は謀反の罪で切腹。
    駒姫を待ち受ける運命とは…。気鋭の若手作家が日本史上最悪の悲劇に挑む。

  • 武内涼『駒姫―三条河原異聞―』

    新潮社/
    1,851円+税

作品情報

バックナンバー