• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 「鬼平」

今月・来月のオススメ!

「鬼平」

1月15日(日)スタート!毎週日曜よる11:30

 時代劇専門チャンネルで最も人気のある番組「鬼平犯科帳」シリーズ。これまで、さまざまな俳優主演で映像化され、そのいずれもが視聴者から高い人気を誇る池波正太郎原作の人気時代劇だ。もはや説明不要な「鬼平犯科帳」とは、江戸を舞台に、「火付盗賊改方」という現代の特別警察ともいえる役職についた長谷川平蔵が悪党たちを裁いていく姿を描いた時代小説で、1967年、文藝春秋「オール讀物」に第一作目を発表して以降1990年まで全135作(+番外編1作)を発表。累計発行部数2700万部を誇る超人気シリーズだ。テレビ時代劇に限らず、これまでに漫画、映画、舞台とさまざまな形で発表されてきたこのシリーズが、誕生から50年を迎える2017年、本格時代劇アニメ「鬼平 ONIHEI」として生まれ変わる!これまで、数々のオリジナル時代劇を実写で制作してきた時代劇専門チャンネルが、満を持して、アニメを共同制作するのだ。プロデューサーはマッドハウスを立ち上げ、映画「時をかける少女」「サマーウォーズ」等名作を発表し続けるベテラン、丸山正雄。監督・キャラクターデザインは、「BUZZER BEATER」OVA「ルパン三世 GREEN VS RED」の宮繁之。そして、本格時代劇アニメの名にふさわしい実力派声優たちが勢揃い。主人公"鬼平"こと長谷川平蔵役の声優には、海外ドラマ「フルハウス」のジェシー役や、ブラッド・ピット、チャーリー・シーン、ベン・スティラーなど数多くの海外人気俳優の吹替などでお馴染みの堀内賢雄さん、平蔵を慕う女密偵・おまさ役には「鋼の錬金術師」の主人公 エドワード・エルリック役や「進撃の巨人」ハンジ・ゾエ役などで人気の朴璐美さん、平蔵の息子・辰蔵役には、「君に届け」の風早颯太役や「ルパン三世」シリーズの石川五ェ門役など、若手声優をリードする浪川大輔さんが決定!時代劇専門チャンネルが、全ての鬼平ファン、そして次世代に向けて放つ新たなる挑戦!ぜひご期待ください!

鬼平
(2017年・その他・全13話・カラー )
原作:池波正太郎『鬼平犯科帳』(文春文庫)   監督:宮繁之  
出演:(声の出演)堀内賢雄/朴王路美(「王路」は王へんに「路」)/浪川大輔ほか  

累計発行部数2700万部を誇る池波正太郎の超人気時代小説シリーズ「鬼平犯科帳」(文藝春秋刊)が、2017年に発刊50周年を迎えることを記念してアニメ化が決定!原作は江戸を舞台に「火付盗賊改方」という現代の秘密警察の役職についた長谷川平蔵が悪党たちを裁いていく姿を描いた時代小説。これまでに漫画化、実写ドラマ化、映画化、舞台化とさまざまな形で発表されてきた超人気シリーズが、ついに待望の本格時代アニメとして誕生!アニメならではのクールな色気と力強さを持ち合わせた、新たな "鬼平"が、悪を裁く!!

「鬼平」(C)オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会
時代劇アニメ「鬼平」の世界
(2016年・オリジナル・カラー )
12月19日、12月24日、12月27日、12月29日、1月9日、1月15日
出演:堀内賢雄(長谷川平蔵役)/丸山正雄/宮繁之/【ナビゲーター】:立川志らく  

池波正太郎の人気小説「鬼平犯科帳」の世界観を、アニメという手法で忠実に表現したアニメ「鬼平 ONIHEI」。池波が描いた粋で鯔背(いなせ)な恰好いい江戸っ子の心意気をアニメでどう表現するのか?アニメでなければ表現できない世界観とは果たして何なのか?!『本格時代劇』『池波正太郎作品』という、アニメとしてはかつてなかったテーマに挑む、出演者とスタッフたち。そのインタビューでは、原作やこれまでの"鬼平"に対する敬意、プレッシャー、そして反骨心、、、様々な想いが語られる。新しい"鬼平"誕生前夜の喧騒と期待感が凝縮された特別番組。

「時代劇アニメ「鬼平」の世界」(C)オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!今なら加入料が0円 さらにWEB割で1,000円割引
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン