• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 【銀幕の時代劇スター列伝】第12回:大友柳太朗 映画「右門捕物帖 南蛮鮫」

今月・来月のオススメ!

【銀幕の時代劇スター列伝】第12回:大友柳太朗  映画「右門捕物帖 南蛮鮫」

3月5日(日)午後2:00ほか

【大友柳太朗プロフィール】
1912年生まれ。'36年、新興キネマに入社。翌'37年、山本周五郎原作「青空浪士」の主演で、華々しく銀幕デビューを飾る。同年公開の「佐賀怪猫伝」に主演、映画は大ヒットとなり、一躍スター俳優の仲間入りを果たす。戦中から戦後にかけては大映に。'50年からは東横映画に移籍。翌'51年に東映に合流後、大友柳太朗の時代劇スターとしての本格的な快進撃が始まった。「加賀騒動」('53)、「大地の侍」('56)、「仇討崇禅寺馬場」('57)といった代表作をものにするだけでなく、快傑黒頭巾シリーズ('53~'60)、丹下左膳シリーズ('58~'62)、右門捕物帖シリーズ('59~'63)と、3つの当たり役を演じ続け、東映時代劇の黄金時代を、片岡千恵蔵・市川右太衛門・中村錦之助・東千代之介・大川橋蔵らと共に支えた。東映が時代劇の量産を停止してからはTVドラマや舞台で活躍した。'85年に死去。享年73。

 本作は、大友柳太朗の最大の当たり役のひとつ"むっつり右門"でお馴染み、右門捕物帖シリーズの3作目だ。時代劇スター大友柳太朗の最大の持ち味は、近衛十四郎と同様、何といってもその見事な太刀さばきにある。そして明朗型の役どころにも定評がある。事実、丹下左膳シリーズにおける大友の、豪快なくせにどことなくトボけた味わいのある左膳ぶりは大好評だった。この右門捕物帖シリーズも同様で、大友演じる"むっつり右門"の、堺駿二演じる"おしゃべり伝八"や進藤英太郎演じる"あばたの敬四郎"らとのセリフの掛け合いは、まるで芸人のコントを観ているかのような面白さ。もちろん物語の要所要所では、定評のある殺陣も披露。更に本作にはなんと、東映の二枚目時代劇スター大川橋蔵がゲスト出演し、作品に花を添えている。是非ともご注目頂きたい!

右門捕物帖 南蛮鮫
(1961年・映画・カラー )
3月5日、3月23日、4月8日、4月16日
原作:佐々木味津三   監督:小沢茂弘   脚本:鈴木兵吾  
出演:大友柳太朗/大川橋蔵/丘さとみ/大川恵子/松島トモ子/山城新伍/進藤英太郎/堺駿二/喜味こいしほか  

花見で賑わう上野忍で、大勢の侍たちに追われる男を助けた同心の"むっつり右門"こと近藤右門(大友柳太朗)は、スリであることを白状した与吉(大川橋蔵)を見逃す。翌日、下っぴきの伝六(堺駿二)が、下谷の煉塀小路の榎妙見境内の祠の前で、侍の死体を見つけ、奉行所の右門に知らせる。さらに間をおかず、同心"あばたの敬四郎"(進藤英太郞)配下の下っぴきの松(喜味こいし)が柳原の髭すり閻魔堂の境内で侍が殺されていることを報せに飛び込んで来る。敬四郎と松が榎妙見に向かうのを尻目に、右門と伝六は閻魔堂へ行くと、死体には首を締められた跡のそばに奇妙な傷があり、懐に金槌と三寸釘を持っており、近くの大木には呪いの人形が打ち付けられていた。そして榎妙見に赴いた右門と伝六は、同じように近くの木に呪いの人形が打ち付けられているのを見つける。さらに右門は、侍たちに襲われている武家娘(大川恵子)を助けるが、侍たちの中に、与吉を追っていた侍のひとりを見つける……。

「右門捕物帖 南蛮鮫」(C)東映
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!今なら加入料が0円 さらにWEB割で1,000円割引
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン