• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 【3ヶ月(3~5月)連続企画 戦国の三大武将~信長・秀吉・家康~】太閤・秀吉祭り

今月・来月のオススメ!

【3ヶ月(3~5月)連続企画 戦国の三大武将~信長・秀吉・家康~】太閤・秀吉祭り

「秀吉 総集編」4月23日(日)よる9:00スタート!毎週日曜よる9:00
「太閤記 天下を獲った男・秀吉」4月21日(金)よる9:00スタート!月曜~金曜よる9:00


裸一貫から天下人へ。戦国時代から安土桃山時代にかけて、
混乱の世において日本史上類を見ない大出世を遂げた武将・豊臣秀吉。
その生涯を描いた大型時代劇2作品を放送!

【豊臣秀吉とは・・・】
戦国時代から安土桃山時代にかけての戦国大名(1537※~1598)。百姓・足軽の家から関白・太閤にまで上り詰めた。織田信長、徳川家康と並び"三英傑"と呼ばれる。足軽の子として農家に生まれるが、成人して木下藤吉郎を名乗ってからは今川家家臣などを経て織田信長のもとに仕え、類まれな才能で頭角をあらわす。本能寺の変に信長が倒れた際には明智軍をたちまち破り、信長後継者の地位を確立、ついには天下統一をなしとげた。太閤検地、刀狩令などの政策を次々に打ち出し、関白・太政大臣にまで上り詰めた。
農民から天下人にまで駆け上がったその出世物語はあまりにもドラマチックで、現代においても「太閤記」として度々書籍化・映像化されている。
※1536年とする説もあり

「秀吉 総集編」
戦国時代から安土桃山時代にかけて---NHKで放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が活躍したのとほぼ同じ頃、激動の時代を駆け抜けた豊臣秀吉の出世物語を描く。竹中直人演じる日吉(ひよし=秀吉)の登場は衝撃的だった。木に登り、ふんどし一枚で泥のついた大根にかぶりつく姿。そこから、放送当時は1年かけて出世物語を描いたが、本企画では4週目にして天下人として貫録たっぷりの秀吉を見ることができる。当時の話題はなんといっても豪傑な秀吉であったが、渡哲也の織田信長も静かな凄味を感じさせ必見だ。さらに、千利休を演じる仲代達矢、明智光秀を演じる村上弘明、秀長(秀吉の兄)を演じる高嶋政伸など、目力の強い共演陣に圧倒される。そしてどんな時にも秀吉を温かく見守るおね(沢口靖子)の美しさ、暖かさにも癒される。近年秀吉は強欲な人物としてネガティブに描かれることがあるが、将来を悲観しがちなこの時代にこそ「秀吉 総集編」を観て生きる力を補充していただきたい。

「太閤記 天下を獲った男・秀吉」
多くの日本人に愛される太閤秀吉の出世物語。織田信長との出会いから自身の晩年までを中村橋之助がエネルギッシュに演じる。「思いきり生きてみたい。」そう母に告げた秀吉はあの手この手で信長に近づき、その類稀な才能で重用されていく。信長からの無理難題を、次々にクリアしていく姿は爽快そのものだ。信長の草履を懐で温めておいたエピソードはもちろん、当時珍しかった恋愛結婚、一夜で成し遂げた城の建設、そして本能寺の変に中国大返しと、ドラマチィックなエピソードに満ちた彼の生涯を、全6話でテンポよく描く。共演は村上弘明(織田信長)・星野真里(ねね)、柄本明(渥美侘助&ナレーター)、さらには特別出演の藤田まこと(千利休)など、「大型時代劇」と名乗るにふさわしい豪華な顔ぶれだ。いつの時代も情熱溢れる生き方に人は心動かされる。秀吉の熱い生涯を熱く描いた戦国絵巻をお見逃しなく!

秀吉 総集編 第一部 太陽の子
(1996年・TV・カラー )
4月23日、5月28日
原作:堺屋太一   脚本:竹山洋   
出演:竹中直人/沢口靖子/高嶋政伸/渡哲也/仲代達矢/村上弘明/市原悦子/赤井英和/細川直美/有森也実ほか  

尾張中村郷の百姓・なか(市原悦子)の息子・日吉(竹中直人)は、諸国放浪中の明智光秀(村上弘明)、川並衆の大将・蜂須賀小六(大仁田厚)に出会ったことをきっかけに、織田信長(渡哲也)に仕えるようになり、「いつか城持ち大名になる」という壮大な夢を抱く。やがておね(沢口靖子)と祝言をあげた日吉は信長より木下藤吉郎秀吉と名付けられ、清洲城の石垣をわずか3日で修理する。弟・小一郎(高嶋政伸)や蜂須賀小六を配下にした秀吉は、墨俣に一夜で城を建て、竹中半兵衛(古谷一行)を調略して信長の家臣にし、数々の戦でも功をあげ、ついに信長の重臣となる。しかし信長は、秀吉が備中高松城を水攻めにしていた時、京の本能寺で明智光秀の謀反にあい、自害する。光秀を討った秀吉は、天下取りを目指していく……。

「秀吉 総集編 第一部 太陽の子」(C)NHK
秀吉 総集編 第二部 天下布武
(1996年・TV・カラー )
4月30日
原作:堺屋太一   脚本:竹山洋   
出演:竹中直人/沢口靖子/高嶋政伸/渡哲也/仲代達矢/村上弘明/市原悦子/細川直美/有森也実/斉藤慶子ほか  

尾張中村郷の百姓・なか(市原悦子)の息子・日吉(竹中直人)は、諸国放浪中の明智光秀(村上弘明)、川並衆の大将・蜂須賀小六(大仁田厚)に出会ったことをきっかけに、織田信長(渡哲也)に仕えるようになり、「いつか城持ち大名になる」という壮大な夢を抱く。やがておね(沢口靖子)と祝言をあげた日吉は信長より木下藤吉郎秀吉と名付けられ、清洲城の石垣をわずか3日で修理する。弟・小一郎(高嶋政伸)や蜂須賀小六を配下にした秀吉は、墨俣に一夜で城を建て、竹中半兵衛(古谷一行)を調略して信長の家臣にし、数々の戦でも功をあげ、ついに信長の重臣となる。しかし信長は、秀吉が備中高松城を水攻めにしていた時、京の本能寺で明智光秀の謀反にあい、自害する。光秀を討った秀吉は、天下取りを目指していく……。

「秀吉 総集編 第二部 天下布武」(C)NHK
太閤記 天下を獲った男・秀吉
(2006年・TV・全6話・カラー )
出演:中村橋之助(現・中村芝翫)/星野真里/東ちづる/甲本雅裕/藤田まこと ほか   

母や妹を幸せにするには侍になるしかないと思っていた尾張・中村の農民・藤吉郎(中村橋之助)は、継父と諍い、家を出て、放浪する。地蔵に小便をかける侍(村上弘明)に出会った藤吉郎だったが、その侍こそ、尾張の織田家当主・信長だった。ひと目でその魅力に取り憑かれた藤吉郎は、信長の後を追い、清洲城に迷い込む。信長の暴れ馬を乗りこなして信長の目にとまった藤吉郎は馬回り役として仕えることとなり、草履取りに出世し、さらに普請奉行を命じられ、駿河の今川家の襲来に備える城壁の修理を3日で成し遂げ、薪奉行に取り立てられる。信長から今川義元(六平直政)の攻略を任された藤吉郎は、浅野長勝(渡辺哲)の養女・ねねの助言を得て、様々な仕掛けをし、桶狭間での信長の勝利を導き、ねねと夫婦になる。美濃攻略のため、墨俣に城を建てるよう命じられた藤吉郎は、蜂須賀小六(的場浩司)や大工の岡部又右衛門(村井国夫)らの助力で、城を建て、城主となり、秀吉と名乗る。さらに隠遁していた美濃・斎藤家の軍師・竹中半兵衛(天宮良)を自軍に引き入れた秀吉は、先の室町幕府将軍の弟・足利義昭(京本政樹)を担いで天下獲りを目指す信長のもと、次々に功を挙げ出世していくが、ねねという妻がいながら、信長の妹・市(相田翔子)への想いがますますつのり、苦悩する……。

「太閤記 天下を獲った男・秀吉」(C)東映
信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第三回 本能寺の変
(2003年・TV・カラー )
4月2日、5月7日
原作:田向正健    脚本:田向正健   
出演:緒形直人/菊池桃子/的場浩司/鷲尾いさ子/平幹二朗/若村麻由美/宇津井健/高橋惠子ほか  

尾張国の大名・織田信秀(林隆三)とるい(高橋惠子)の間に生まれた吉法師は、父の命で幼くして那古野城の城主になる。成長し、信長と改名、斎藤道三の娘・帰蝶(菊池桃子)と結婚したが、遊び癖がおさまらず、"うつけの殿様""ふぬけたはずれ者"と言われるほどだった。父亡きあと、家督を継いだ信長は、謀反を企てた弟・信行(保阪尚輝)を殺害、桶狭間で今川義元(柴田侊彦)を破った後は、尾張を平定、天下統一を目指していく……。

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第三回 本能寺の変」(C)NHK
信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第一回 ジパング
(2003年・TV・カラー )
4月23日、5月26日
原作:田向正健   脚本:田向正健  
出演:緒形直人/菊池桃子/二谷英明/平幹二朗/芦田伸介/仲村トオル/高橋惠子/船越英二ほか  

尾張国の大名・織田信秀(林隆三)とるい(高橋惠子)の間に生まれた吉法師は、父の命で幼くして那古野城の城主になる。成長し、信長と改名、斎藤道三の娘・帰蝶(菊池桃子)と結婚したが、遊び癖がおさまらず、"うつけの殿様""ふぬけたはずれ者"と言われるほどだった。父亡きあと、家督を継いだ信長は、謀反を企てた弟・信行(保阪尚輝)を殺害、桶狭間で今川義元(柴田侊彦)を破った後は、尾張を平定、天下統一を目指していく……。

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第一回 ジパング」(C)NHK
信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第二回 天下布武
(2003年・TV・カラー )
4月30日
原作:田向正健    脚本:田向正健   
出演:緒形直人/的場浩司/鷲尾いさ子/平幹二朗/橋爪淳/若村麻由美/仲村トオル/宇津井健/高橋惠子ほか  

尾張国の大名・織田信秀(林隆三)とるい(高橋惠子)の間に生まれた吉法師は、父の命で幼くして那古野城の城主になる。成長し、信長と改名、斎藤道三の娘・帰蝶(菊池桃子)と結婚したが、遊び癖がおさまらず、"うつけの殿様""ふぬけたはずれ者"と言われるほどだった。父亡きあと、家督を継いだ信長は、謀反を企てた弟・信行(保阪尚輝)を殺害、桶狭間で今川義元(柴田侊彦)を破った後は、尾張を平定、天下統一を目指していく……。

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第二回 天下布武」(C)NHK
信長協奏曲
(2014年・TV・全10話・カラー )
原作:石井あゆみ(月刊少年サンデー「信長協奏曲」)   
出演:(声の出演)宮野真守/梶裕貴/水樹奈々/中村悠一/悠木碧ほか  

歴史嫌いのちょっとヤンチャな高校1年生のサブロー(声:宮野真守)は、ある日、足を滑らせて川に落ちると、突然、戦国時代にタイムスリップ、自分にそっくりな若い侍と出会う。織田信長と名乗る侍は、瓜二つであることに運命を感じ、病弱な自分の身代わりを頼む。信長と入れ替わったサブローだったが、その破天荒な言動で、"信長はうつけ"と評判になってしまう……。

「信長協奏曲」(C)石井あゆみ・小学館/フジテレビジョン
小河ドラマ 織田信長
(2017年・TV・カラー )
4月7日、4月16日、4月19日、4月30日、5月20日
監督:細川徹   脚本:細川徹  
出演:三宅弘城/松井玲奈/秋山竜次(ロバート)  

織田信長が現代にタイムスリップ!やってきたのは「連続時代劇 織田信長」の撮影現場だった!「本当の自分はこんな人物ではない!」と短気な信長はぶちギレ、脚本を勝手に書き換えた!それは桶狭間も鉄砲隊も登場しない、マニアックでちょっと笑えるエピソードばかりの、全然"大河ドラマ"じゃない、スケールの小さな"小河(しょうが)ドラマ"だった!本物の信長演出による、"バカバカしいけど全部史実(ホント)"の時代劇が今、撮影スタート!

「小河ドラマ 織田信長」(C)時代劇専門チャンネル
若き日の信長
(1959年・映画・モノクロ )
4月9日
原作:大佛次郎   監督:森一生   脚本:八尋不二  
出演:市川雷蔵/金田一敦子/青山京子/高松英郎/北原義郎/舟木洋一/市川染五郎[現・松本幸四郎] ほか  

今川義元(尾上栄五郎)と敵対する尾張・清洲城の織田信長(市川雷蔵)は、奇妙な行動が多く、周囲の人々から"うつけ者"と呼ばれていた。歴代織田家に仕えてきた日高城主・山口左馬之助(香川良介)は、今川と内通、これを隠すため、娘の弥生(金田一敦子)を人質として清洲城に送った。織田家老臣・林佐渡守(荒木忍)もまた、信長の弟・信行(舟木洋一)を擁して今川に取り入ろうと計っていた。さらに、弥生の世話係となった腰元・小萩(青山京子)は、織田に滅ぼされた一族の遺児であり、左渡守と通じて信長を仇とねらっていた。しかし信長は間者の報告によりそれらのことを知っており、その上でうつけ者を演じていたのだった。だが、そんな深慮遠謀を知らなかった信長の守役・平手中務政秀(小沢栄太郎)は、信長の奇行をいさめるため、自害してしまう。信長は遺書を手に男泣きに泣いた。そしてついに今川の大軍が越境してきた--。

「若き日の信長」(C)KADOKAWA 1959
風雲児 織田信長
(1959年・映画・カラー )
4月15日、4月23日、4月30日
原作:山岡荘八   監督:河野寿一   脚本:結束信二  
出演:中村錦之助[萬屋錦之介]/香川京子/月形龍之介/進藤英太郎/中村賀津雄[現・中村嘉葎雄]ほか  

天文20年春、尾張国。父の葬儀に荒縄を腰に巻いた半裸姿で現れた織田信長(中村錦之助)は、抹香を位牌に投げつけた。周囲から"尾張一の暴れ者""うつけ者"と嘲られていた信長だったが、妻の濃姫だけは信長を信じていた。濃姫の父である美濃国の斎藤道三(進藤英太郎)は、戦わずして尾張国を手に入れようと信長との面会を要求してきたが、信長はこれを拒否していた。そんな折、信長に度々諫言してきた守り役で城代家老の平手政秀(月形龍之介)が、信長と国の前途を憂い、自害してしまう……。

「風雲児 織田信長」(C)東映
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン