• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 【3ヶ月連続企画 戦国の三大武将~信長・秀吉・家康~】将軍・家康祭り

今月・来月のオススメ!

【3ヶ月連続企画 戦国の三大武将~信長・秀吉・家康~】将軍・家康祭り

「徳川家康 総集編」5月5日(金・祝)午後3:05
「徳川家康」5月6日(土)ひる1:00ほか
「影武者 徳川家康」5月8日(月)スタート!月曜~金曜よる8:00
「徳川家康と三人の女」5月15日(月)ひる1:00


"人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし"
戦国最後の勝利者となりこの心境に至るまでの長い長い道のりとは...
人質にとられた幼少時代から天下を獲り、上りつめた晩年までを
様々な視点から描いた大作4作品を放送!

【徳川家康とは・・・】
信長・秀吉のあとをついで政権を握った江戸幕府初代将軍。6歳から織田信秀、8歳から19歳まで今川義元の人質であった。元服後、桶狭間の戦いで義元敗死後に自立。信長・秀吉に仕え、秀吉の死後は五大老の筆頭に。1600年、関ヶ原の戦いで石田三成を破って天下統一し、1603年には征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開く。将軍から大御所(前将軍のこと)となって政治の実権を握った家康は、大坂冬の陣・夏の陣を起こして1615年に豊臣氏を滅ぼす。幕府職制の整備、大名の統制、鎖国などの政策を打ち出し、以後260年あまりにわたって徳川の時代が続くこととなった。まさに戦国最後の勝者と呼ぶべき存在である。

「徳川家康 総集編」
戦国時代の覇者・徳川家康の生涯を描く、王道大河ドラマ。原作は山岡荘八のロングセラー「徳川家康」。家康の母・於大(おだい)が松平家に嫁ぐところから始まり、家康の誕生から死までの70数年を描く全26巻にも及ぶ大作小説を、「3年B組金八先生」の小山内美江子が脚本化した。主役には滝田栄。長身で面長な滝田は、従来のイメージを刷新する人間的魅力に溢れる家康像を見事に体現した。さらに注目すべきは織田信長役の役所広司。当時一般的には知名度の高くはなかった役所は滝田と人気を二分し、本作が出世作となった。また、家康の"堪忍"の思想は話題を呼び、連続テレビ小説「おしん」、30歳にして横綱になった隆の里を重ねて「おしん、家康、隆の里」という流行語も生まれたという。
幼少期から幾多の辛酸をなめながら、関ケ原の合戦を経て戦国乱世に終止符を打ち、天下泰平の偉業を成し遂げた徳川家康。単なるサクセスストーリーを超えた人間・徳川家康の魅力溢れる歴史ロマンをご堪能いただきたい。

「徳川家康」
山岡荘八の同名小説を伊藤大輔の脚本・監督により映画化した歴史時代劇。家康の出生から桶狭間の戦いまでを描く。群雄割拠の東海地方を分かつ今川・織田の二大勢力に挟まれ、弱小岡崎城主の家に生まれた竹千代(家康の幼名)は、織田方の人質にとられ、後には今川方の人質となるという流転の境遇である。忍従の日々をくぐりぬけ、独立への道筋が見えたきっかけは桶狭間の戦いによる今川義元の敗死であった。その時の家康(その時点では松平元信)のふるまいには痺れるものがあるので是非ご注目いただきたい。竹千代を思う周囲の嘆き、天下獲りに邁進する信長の熱望、そのような状況での元信(家康)決断の瞬間。どのシーンをとっても俳優陣の、ひいては監督の熱が溢れている力作である。徳川家康は幼少時代、少年時代、青年時代と3人の俳優(子役含む)によって演じられており、青年時代は北大路欣也が演じている。そのため人物・家康にスポットを当てた作品ではあるが俳優で見ると北大路欣也の出演シーンよりも信長を演じる中村錦之助の方が出演シーンが多くなっている。
ここまで熱い歴史時代劇はそうそうあるものではない。徳川家康を特集したこのタイミングにこそお楽しみいただきたい作品である

徳川家康 総集編 第一回 忍従の日日
(1983年・TV・カラー )
5月5日
原作:山岡荘八「徳川家康」   脚本:小山内美江子  
出演:滝田栄/大竹しのぶ/近藤正臣/役所広司/池上季実子/武田鉄矢/長門裕之 ほか  

天文11年(1542年)、岡崎城主・松平広忠(近藤正臣)と於大(大竹しのぶ)との間に誕生した竹千代は、駿府の今川方の人質として育てられ、元服して松平元信(滝田栄)と名を改め、今川義元(成田三樹夫)の姪・瀬名(池上季実子)と結婚し、元康となる。桶狭間の合戦で、義元が織田方に討たれると、元康は岡崎城に戻り、織田信長(役所広司)と軍事同盟を結ぶ。その後、徳川家康と改名し、信長亡き後には羽柴秀吉(武田鉄矢)と対立していく。実母を人質に差し出した秀吉に臣下の礼をとった家康は、秀吉亡き後、関ヶ原の戦いで勝利し、征夷大将軍となり江戸に幕府を開く……。

「徳川家康 総集編 第一回 忍従の日日」(C)NHK
徳川家康 総集編 第二回 戦国無情
(1983年・TV・カラー )
5月5日
脚本:小山内美江子  
出演:滝田栄/役所広司/池上季実子/武田鉄矢/宅麻伸/竹下景子/藤真利子 ほか  

天文11年(1542年)、岡崎城主・松平広忠(近藤正臣)と於大(大竹しのぶ)との間に誕生した竹千代は、駿府の今川方の人質として育てられ、元服して松平元信(滝田栄)と名を改め、今川義元(成田三樹夫)の姪・瀬名(池上季実子)と結婚し、元康となる。桶狭間の合戦で、義元が織田方に討たれると、元康は岡崎城に戻り、織田信長(役所広司)と軍事同盟を結ぶ。その後、徳川家康と改名し、信長亡き後には羽柴秀吉(武田鉄矢)と対立していく。実母を人質に差し出した秀吉に臣下の礼をとった家康は、秀吉亡き後、関ヶ原の戦いで勝利し、征夷大将軍となり江戸に幕府を開く……。

「徳川家康 総集編 第二回 戦国無情」(C)NHK
徳川家康 総集編 第三回 両雄対決
(1983年・TV・カラー )
5月5日
脚本:小山内美江子  
出演:滝田栄/武田鉄矢/竹下景子/長門裕之/夏目雅子/江原真二郎/鹿賀丈史 ほか  

天文11年(1542年)、岡崎城主・松平広忠(近藤正臣)と於大(大竹しのぶ)との間に誕生した竹千代は、駿府の今川方の人質として育てられ、元服して松平元信(滝田栄)と名を改め、今川義元(成田三樹夫)の姪・瀬名(池上季実子)と結婚し、元康となる。桶狭間の合戦で、義元が織田方に討たれると、元康は岡崎城に戻り、織田信長(役所広司)と軍事同盟を結ぶ。その後、徳川家康と改名し、信長亡き後には羽柴秀吉(武田鉄矢)と対立していく。実母を人質に差し出した秀吉に臣下の礼をとった家康は、秀吉亡き後、関ヶ原の戦いで勝利し、征夷大将軍となり江戸に幕府を開く……。

「徳川家康 総集編 第三回 両雄対決」(C)NHK
徳川家康 総集編 最終回 泰平への道
(1983年・TV・カラー )
5月5日
脚本:小山内美江子  
出演:滝田栄/夏目雅子/鹿賀丈史/勝野洋/尾上辰之助/若林豪/伊吹吾郎 ほか  

天文11年(1542年)、岡崎城主・松平広忠(近藤正臣)と於大(大竹しのぶ)との間に誕生した竹千代は、駿府の今川方の人質として育てられ、元服して松平元信(滝田栄)と名を改め、今川義元(成田三樹夫)の姪・瀬名(池上季実子)と結婚し、元康となる。桶狭間の合戦で、義元が織田方に討たれると、元康は岡崎城に戻り、織田信長(役所広司)と軍事同盟を結ぶ。その後、徳川家康と改名し、信長亡き後には羽柴秀吉(武田鉄矢)と対立していく。実母を人質に差し出した秀吉に臣下の礼をとった家康は、秀吉亡き後、関ヶ原の戦いで勝利し、征夷大将軍となり江戸に幕府を開く……。

「徳川家康 総集編 最終回 泰平への道」(C)NHK
徳川家康(映画)
(1965年・映画・カラー )
5月6日、5月28日、6月16日、6月18日
原作:山岡荘八   監督:伊藤大輔   脚本:伊藤大輔  
出演:中村錦之助[萬屋錦之介]/北大路欣也/田村髙廣/山本圭/西村晃/有馬稲子/内田朝雄/香川良介 ほか  

駿河の今川家と尾張の織田家にはさまれた三河では、十数年にわたり、刈谷の水野家と岡崎の松平家が対立していた。刈谷の水野忠政(加藤嘉)は、闘争終結のため、織田家に組みしたい息子の信元(原田甲子郎)の反対を押し切り、娘の於大(有馬稲子)を今川家を後ろ盾にする岡崎の松平広忠(田村高廣)のもとに嫁がせる。天文11年、二人の間に生まれた男の子は竹千代と名付けられる。忠政が亡くなるとすぐに、信元が織田家に寝返ったため、於大は岡崎を離れざるをえなくなる。さらに今川義元(西村晃)が、竹千代を駿府城に客人として迎えることを伝えてくるが、これは雪斎禅師(千田是也)の進言で、広忠に忠誠の証を立てさせるための人質だった。竹千代は、七人の侍童とお共頭の金田与三左衛門(尾形伸之介)ら少数の一行と駿府城をめざすが、途中、渥美の浜で、今川方の戸田一族に裏切られ、信元に売り渡されてしまう……。

「徳川家康(映画)」(C)東映
影武者 徳川家康(主演:西田敏行)
(2014年・TV・全5話・カラー )
原作:隆慶一郎「影武者徳川家康」   監督:重光亨彦    脚本:田村惠  
出演:西田敏行(二役)/観月ありさ/山本耕史/高橋光臣/名取裕子/高橋英樹/内藤剛志/及川光博/谷村美月ほか  

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが始まり、影武者の世良田二郎三郎(西田敏行)を伴って本陣から出陣しようとしていた徳川家康(西田敏行/二役)は、石田三成(及川光博)の軍師・島左近(高橋英樹)が放った刺客・甲斐の六郎(高橋光臣)により暗殺されてしまう。家康側近の本多忠勝(柴俊夫)は、家康健在を示すため、二郎三郎に、このまま家康を演じ続けるように命じ、徳川方は勝利をおさめる。忠勝、井伊直政(勝野洋)、本多正信(目黒祐樹)たち重臣は、徳川家安泰のため、二郎三郎に引き続き家康であり続けさせる。この決定に、家康の後継であるはずの三男・秀忠(山本耕史)は、怒り狂うが、そこに現れた柳生宗矩と名乗る武芸者(内藤剛志)が、自分を取り立てれば、秀忠の野望を叶えると告げる……。

徳川家康と三人の女
(2008年・TV・カラー )
5月15日、6月21日
監督:齋藤光正     脚本:藤井邦夫   
出演:松平健/高島礼子/星野真里/柏原収史/竹本聡子/平泉成/片岡鶴太郎 ほか  

徳川家康(松平健)は、織田信長(中村敦夫)から、正室・築山御前(高島礼子)と息子・信康(柏原収史)の切腹を命じられる。信長は捕らえた武田の間者が持っていた武田勝頼から築山御前に宛てた密書に、築山が伯父の今川義元を滅ぼした信長を恨み続け、信康とともに勝頼に内通し、謀反の密約を結んだという。家康は信康が信長に書状で天下統一の方法を述べたことを聞き、また築山からも、武田の密書に心当たりはないことを聞き、信長が徳川に疑いと恐れを抱いたと確信、二人を救うため、あえて蟄居させる……。

「徳川家康と三人の女」(C)東映
信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第三回 本能寺の変
(2003年・TV・カラー )
5月7日、6月9日
原作:田向正健    脚本:田向正健   
出演:緒形直人/菊池桃子/的場浩司/鷲尾いさ子/平幹二朗/若村麻由美/宇津井健/高橋惠子ほか  

尾張国の大名・織田信秀(林隆三)とるい(高橋惠子)の間に生まれた吉法師は、父の命で幼くして那古野城の城主になる。成長し、信長と改名、斎藤道三の娘・帰蝶(菊池桃子)と結婚したが、遊び癖がおさまらず、"うつけの殿様""ふぬけたはずれ者"と言われるほどだった。父亡きあと、家督を継いだ信長は、謀反を企てた弟・信行(保阪尚輝)を殺害、桶狭間で今川義元(柴田侊彦)を破った後は、尾張を平定、天下統一を目指していく……。

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第三回 本能寺の変」(C)NHK
信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第一回 ジパング
(2003年・TV・カラー )
5月26日
原作:田向正健   脚本:田向正健  
出演:緒形直人/菊池桃子/二谷英明/平幹二朗/芦田伸介/仲村トオル/高橋惠子/船越英二ほか  

尾張国の大名・織田信秀(林隆三)とるい(高橋惠子)の間に生まれた吉法師は、父の命で幼くして那古野城の城主になる。成長し、信長と改名、斎藤道三の娘・帰蝶(菊池桃子)と結婚したが、遊び癖がおさまらず、"うつけの殿様""ふぬけたはずれ者"と言われるほどだった。父亡きあと、家督を継いだ信長は、謀反を企てた弟・信行(保阪尚輝)を殺害、桶狭間で今川義元(柴田侊彦)を破った後は、尾張を平定、天下統一を目指していく……。

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編 第一回 ジパング」(C)NHK
女信長 第一部 
(2013年・TV・カラー )
5月6日
出演:天海祐希/内野聖陽/小雪/伊勢谷友介/長澤まさみ/玉山鉄二/中村獅童/藤木直人/西田敏行ほか  

天文3年5月、織田信秀(西田敏行)の正室・土田御前(高畑淳子)は、側室がもうけた男子に家督を奪われることを恐れ、生まれたばかりの女子を男子と偽る。信秀がその事実を知ったのは、信長が織田家嫡男と世に知れ渡った後のことだった。近親と一部の臣下のみが事実を知る中、男として育てられた信長(天海祐希)は、御濃(小雪)を娶り、信秀亡き後、弟・信行(賀来賢人)を自らの手で殺め、家督を継ぐ。家康(藤木直人)と手を結んだ信長は、戦のない泰平の世を作るため、天下獲りを目指す……。

「女信長 第一部 」(C)フジテレビ
女信長 第二部
(2013年・TV・カラー )
5月13日
出演:天海祐希/内野聖陽/小雪/伊勢谷友介/長澤まさみ/玉山鉄二/中村獅童/藤木直人/西田敏行ほか  

天文3年5月、織田信秀(西田敏行)の正室・土田御前(高畑淳子)は、側室がもうけた男子に家督を奪われることを恐れ、生まれたばかりの女子を男子と偽る。信秀がその事実を知ったのは、信長が織田家嫡男と世に知れ渡った後のことだった。近親と一部の臣下のみが事実を知る中、男として育てられた信長(天海祐希)は、御濃(小雪)を娶り、信秀亡き後、弟・信行(賀来賢人)を自らの手で殺め、家督を継ぐ。家康(藤木直人)と手を結んだ信長は、戦のない泰平の世を作るため、天下獲りを目指す……。

「女信長 第二部」(C)フジテレビ
秀吉 総集編 第三部 本能寺の変
(1996年・TV・カラー )
5月7日、6月11日
原作:堺屋太一   脚本:竹山洋   
出演:竹中直人/沢口靖子/高嶋政伸/渡哲也/仲代達矢/村上弘明/市原悦子/有森也実/斉藤慶子/松岡昌宏ほか  

尾張中村郷の百姓・なか(市原悦子)の息子・日吉(竹中直人)は、諸国放浪中の明智光秀(村上弘明)、川並衆の大将・蜂須賀小六(大仁田厚)に出会ったことをきっかけに、織田信長(渡哲也)に仕えるようになり、「いつか城持ち大名になる」という壮大な夢を抱く。やがておね(沢口靖子)と祝言をあげた日吉は信長より木下藤吉郎秀吉と名付けられ、清洲城の石垣をわずか3日で修理する。弟・小一郎(高嶋政伸)や蜂須賀小六を配下にした秀吉は、墨俣に一夜で城を建て、竹中半兵衛(古谷一行)を調略して信長の家臣にし、数々の戦でも功をあげ、ついに信長の重臣となる。しかし信長は、秀吉が備中高松城を水攻めにしていた時、京の本能寺で明智光秀の謀反にあい、自害する。光秀を討った秀吉は、天下取りを目指していく……。

「秀吉 総集編 第三部 本能寺の変」(C)NHK
秀吉 総集編 第四部 夢のまた夢
(1996年・TV・カラー )
5月14日、6月18日
原作:堺屋太一   脚本:竹山洋  
出演:竹中直人/沢口靖子/高嶋政伸/松たか子/仲代達矢/市原悦子/細川直美/小西博之/西村雅彦ほか  

尾張中村郷の百姓・なか(市原悦子)の息子・日吉(竹中直人)は、諸国放浪中の明智光秀(村上弘明)、川並衆の大将・蜂須賀小六(大仁田厚)に出会ったことをきっかけに、織田信長(渡哲也)に仕えるようになり、「いつか城持ち大名になる」という壮大な夢を抱く。やがておね(沢口靖子)と祝言をあげた日吉は信長より木下藤吉郎秀吉と名付けられ、清洲城の石垣をわずか3日で修理する。弟・小一郎(高嶋政伸)や蜂須賀小六を配下にした秀吉は、墨俣に一夜で城を建て、竹中半兵衛(古谷一行)を調略して信長の家臣にし、数々の戦でも功をあげ、ついに信長の重臣となる。しかし信長は、秀吉が備中高松城を水攻めにしていた時、京の本能寺で明智光秀の謀反にあい、自害する。光秀を討った秀吉は、天下取りを目指していく……。

「秀吉 総集編 第四部 夢のまた夢」(C)NHK
秀吉 総集編 第一部 太陽の子
(1996年・TV・カラー )
5月28日、6月30日
原作:堺屋太一   脚本:竹山洋   
出演:竹中直人/沢口靖子/高嶋政伸/渡哲也/仲代達矢/村上弘明/市原悦子/赤井英和/細川直美/有森也実ほか  

尾張中村郷の百姓・なか(市原悦子)の息子・日吉(竹中直人)は、諸国放浪中の明智光秀(村上弘明)、川並衆の大将・蜂須賀小六(大仁田厚)に出会ったことをきっかけに、織田信長(渡哲也)に仕えるようになり、「いつか城持ち大名になる」という壮大な夢を抱く。やがておね(沢口靖子)と祝言をあげた日吉は信長より木下藤吉郎秀吉と名付けられ、清洲城の石垣をわずか3日で修理する。弟・小一郎(高嶋政伸)や蜂須賀小六を配下にした秀吉は、墨俣に一夜で城を建て、竹中半兵衛(古谷一行)を調略して信長の家臣にし、数々の戦でも功をあげ、ついに信長の重臣となる。しかし信長は、秀吉が備中高松城を水攻めにしていた時、京の本能寺で明智光秀の謀反にあい、自害する。光秀を討った秀吉は、天下取りを目指していく……。

「秀吉 総集編 第一部 太陽の子」(C)NHK
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • WEB割
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン