• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 【ニンニン忍者祭り】ディーン・フジオカ主演 映画「NINJA THE MONSTER」

今月・来月のオススメ!

【ニンニン忍者祭り】ディーン・フジオカ主演 映画「NINJA THE MONSTER」

2/18(日)よる7:00 ほか

毎年2/22は忍者の日[日本忍者協議会が2014年に制定]。そこで今年も時代劇専門チャンネルでは【ニンニン忍者祭り】と題して、忍者作品を大特集!中でもイチオシは、今をときめくディーン・フジオカがクールな忍者に扮して、熱いアクションを披露した映画「NINJA THE MONSTER」で、今回がチャンネル初登場だ!この他にもレギュラー企画を中心に忍者作品をたっぷりとお届け!併せてお楽しみに!

【作品みどころ】
"5万回斬られた男"の異名をもつ"斬られ役俳優"福本清三主演の映画「太秦ライムライト」の落合賢監督がメガホンを取り、昨年3月にチャンネルでもお送りした「超高速!参勤交代」の土橋章宏が脚本を手がけ、月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で存在感を放った森川葵がヒロインを演じた本作。もともと海外マーケットを狙って製作されたにもかかわらず、NHK連続テレビ小説「あさが来た」等に出演したイケメン俳優ディーン・フジオカの大ブレイクを受け、国内のファンを中心に「早く観たい」との問い合わせが殺到し、日本で"逆輸入"公開された忍者映画だ!
舞台は、幕府が「忍者禁止令」を発布した江戸時代。藩の救済を乞うため江戸へ向かう幸姫(森川葵)の一行と、病床に伏せている姫の父・藩主からの特命により、自身が忍び(=忍者)の生き残りであることを伏せながらその一行の警護の任に就いている伝蔵(ディーン・フジオカ)に、謎の"もののけ"が次々に襲い掛かってくる。やがて伝蔵と姫の間には特別な思いが芽生え始めてくるが、果たして伝蔵は、無事に姫を江戸まで送り届けることができるのか、というもの。よってアクションあり、淡いラヴロマンスあり、なのだが、やはり一番の見どころは、中国武術やキックボクシングを趣味とする主演ディーン・フジオカのアクションに尽きるだろう。剣術の戦いでも手足の戦いでも、その流れるような美しいフォームのアクションは女性ファンのみならず必見だ!また音楽を担当したヘンドリック・ウィレミンズは、1999年に結成されたベルギーのエレクトロな人気音楽デュオ"ARSENAL(アーセナル)"の片割れ。謎の"もののけ"が登場するシーンのBGMでは、彼の作り出したアンビエントな効果が如何なく発揮されている。そんな聴きどころも兼ね備えた本作に、乞うご期待!

NINJA THE MONSTER
(2015年・映画・カラー )
2月18日、2月24日
監督:落合賢   脚本:土橋章宏  
出演:ディーン・フジオカ/森川葵/和田聰宏/中島崇博/峰蘭太郎 ほか  

"忍者禁止令"が施行された時代。藩取り潰しの危機を救うため、長野藩の幸姫(森川葵)一行は江戸へ向かう。実は忍者である伝蔵(ディーン・フジオカ)が一行に加わっていたが、道中、もののけに襲われる……。
1783年、戦国時代が終わり、諜報活動や暗殺などを人知れずおこなう忍者が江戸幕府により禁じられ、抹殺された。そんな「忍者禁止令」が施行された時代。藩の窮乏を救うため、江戸に向かう長野藩の幸姫(森川葵)一行の中に、藩主直々の命で護衛役となった伝蔵(ディーン・フジオカ)がいた。実は伝蔵の正体は忍者だった。道中、藩主急死の報せが届き、藩取り潰しの危機に陥った幸姫一行は江戸へ急ぐため、山へ入るが、そこで得体の知れぬもののけに襲われる……。

「NINJA THE MONSTER」(C)2015 松竹
お庭番秘聞 暗殺者
(1983年・TV・カラー )
2月21日、2月25日
監督:高瀬昌弘   脚本:国弘威雄  
出演:平幹二朗/神山繁/岸田森/服部妙子/綿引勝彦/磯部勉/稲葉義男/竜崎勝/立枝歩/小林芳宏 ほか  

次期将軍に決まった甲府藩主の綱豊公(磯部勉)。披露目の儀式のために江戸へ向かおうとするが、替え玉を乗せた駕籠が十数挺の鉄砲に撃ち抜かれてしまう。この事態を知った大目付は、お庭番組頭・拓植新之助(平幹二朗)を呼び、綱豊を無事江戸へ連れてくるよう命じる。だが、その綱豊を亡き者にしようとする一派の首謀者は、綱豊の実の弟である館林藩主清武公(小林芳宏)だった。しかも、清武公が兄暗殺のため繰り出したお庭番組頭は、綱豊を守る新之助の舅・宇野源心(神山繁)という巡り会わせだった…。

★解説放送:スカパー!<292ch>で副音声にてご利用になれます。リモコンの「音声切替」ボタンを押すなどの操作で、通常の音声に加えて場面の情景描写等をナレーションによって解説します。(リモコン操作の詳細はご利用のメーカーにお問い合わせください)

お庭番 忍びの構図
(1983年・TV・カラー )
2月22日、2月25日
監督:吉田啓一郎   脚本:下飯坂菊馬  
出演:田中邦衛/根岸季衣/遠藤憲一/綿引勝彦/鈴木瑞穂/花沢徳衛/土屋嘉男/岡本富士太/原口剛 ほか  

お庭番とは徳川幕府の公儀隠密、伊賀組、甲賀組の忍者集団から結成された組織であった。代々各地藩内にて隠密行動を続け、"草"と呼ばれていた。この物語は、将軍家継の正徳年間、岡崎城下に"草"として住み着いた一人の隠密と江戸で忍者修行を積んだその息子二人を軸に、政治権力の構図の中の苛酷なお庭番の宿命を、田中邦衛主演で描く。

解説放送:スカパー!<292ch>で副音声にてご利用になれます。リモコンの「音声切替」ボタンを押すなどの操作で、通常の音声に加えて場面の情景描写等をナレーションによって解説します。(リモコン操作の詳細はご利用のメーカーにお問い合わせください)

忍者狩り
(1982年・TV・カラー )
2月26日
原作:高田宏治   監督:山内鉄也   脚本:高田宏治/大津一郎  
出演:松方弘樹/森田健作/あべ静江/畑中葉子/ガッツ石松/佐藤允/成田三樹夫/江原真二郎 ほか  

三代将軍・家光は、幕府体制確立のため、諸国に散在する豊臣恩顧の外様藩を様々な口実を設け、取りつぶしていた。伊予松山藩・蒲生(がもう)家も豊臣恩顧の家柄で、外様諸藩の中でも、とりわけ武勇に富んだ家柄だった。そんな折、藩主・蒲生忠和が病死。家督相続認可のお墨付きは下ったが、これを奪い相続を阻もうとする幕府方忍者が暗躍。和田倉五郎左衛門(松方弘樹)ほか、松山藩に雇われた浪人たちがこれに立ち向かっていく…。

「忍者狩り」(C)東映
おんな霧隠才蔵 戦国忍者風雲録
(1982年・TV・カラー )
2月27日
監督:井上梅次   脚本:石森史郎/井上梅次  
出演:浅野ゆう子/金田賢一/誠直也/岡本富士太/高松英郎/橋本功/鈴木瑞穂/明石良(ナレーター) ほか  

天下分け目の関ヶ原の戦いから十数年。巻き返しをはかる豊臣側と天下制覇をめざす徳川側との決戦が近づいていた。豊臣に忠誠を誓う真田幸村には、猿飛佐助、霧隠才蔵といった優れた家臣がいた。いわゆる真田十勇士である。一方、家康の密命を帯びて幸村を殺そうと敵地に潜入した伊賀忍者服部半蔵は、才蔵に片眼をつぶされるが、才蔵も半蔵に重傷を負わされ、死んでしまう。その才蔵の妹かえで(浅野ゆう子)は、兄のかわりに男装し、徳川をたおすべく霧隠才蔵として真田十勇士の一人となる。

「おんな霧隠才蔵 戦国忍者風雲録」(C)松竹
忍者がえし 水の城
(1996年・TV・カラー )
2月28日
原作:大久保智弘「水の砦・福島正則最後の闘い」   監督:降旗康男   脚本:吉田剛  
出演:市川染五郎(十代目松本幸四郎)/南野陽子/石橋蓮司/宇津井健/平幹二朗/丹波哲郎/金田龍之介  

二代将軍徳川秀忠の時代、信濃に追放された福島正則(宇津井健)の世継・正勝が、館に侵入した忍者に殺された。暗殺の黒幕は福島家の没落を計る本多正純(石橋蓮司)だった。正勝の近習・高月彦四郎(市川染五郎)は敵襲に備え、館を改築、"水の砦"を建設するが、敵方は執拗に来襲した。正則は本田を失脚させるため、将軍秀忠の暗殺を決意、彦四郎が豊臣秀吉の実子であることを打ち明ける。

「忍者がえし 水の城」(C)松竹
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン