• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > <没後200年 伊能忠敬>加藤剛主演 映画「伊能忠敬 ―子午線の夢―」

今月・来月のオススメ!

<没後200年 伊能忠敬>加藤剛主演 映画「伊能忠敬 ―子午線の夢―」

5/6(日) 午後2:30 ほか

 江戸中期、長年に及ぶ歩行実測によって、初めて日本地図を完成させた男・伊能忠敬。学校の教科書などで、誰もが一度は目にしたことのある名前だろう。そんな伊能が亡くなったのは、"当時の暦"で、1818年5月17日。そこでチャンネルでは今月、伊能忠敬没後200年のタイミングに、彼の半生を描いた映画「伊能忠敬 ―子午線の夢―」を、絶大な自信を持ってお届け!テレビ初放送!是非とも、一人でも多くの方々にご覧頂きたい!忠敬が長年抱き続けてきた夢とは!? 偉業達成までに重ねた苦行とは!?TV長編「四千万歩の男 ~伊能忠敬~」と併せて、どうぞお楽しみに!お見逃しなく!

 一介の農夫から養子婿となって伊能家のために働き、財産を築き上げ、50を過ぎて隠居。家督を息子に譲り渡したのち、長年の≪夢≫であった子午線の長さを測るため、50代半ばにして第二の人生を踏み出し、日本各地へ歩行実測による測量の旅を続けた伊能忠敬。それから70過ぎまで測量を続け、前人未到の≪日本地図≫完成へ―。昼は海岸線を歩行実測し、夜は星を観察して緯度から位置を計算する。それは想像を絶する作業の積み重ねであり、生命を賭した己との戦いでもあった...。
実際には、初めて日本地図を作った人、という程度にしか知られてはいない伊能忠敬。しかし本作を観れば、足で測量するしか方法がなかった時代に、ひたすら歩き続けて成し得た偉業に、歴史の教科書の数行を飾るだけでは物足りなさを感じるような熱い思いを、誰もが抱くだろう。忠敬が歩行実測を始めたのは50を過ぎてから。働き詰めに働いて、いざ隠居の身となった時、忠敬は夢を追うために更なる過酷な人生の道を選ぶのだ。そのバイタリティ溢れる姿には、誰の胸にも、心の奥底から沸き立ってくるものがあるはず。お栄の愛や息子・秀蔵の支えなどを背景に、長年の夢を形にしてしまった男。人間って凄いと、ロマンを感じさせてくれる作品だ。そんな向学心と探求心に溢れる生真面目な主人公・伊能忠敬を演じる加藤剛は、まさにハマり役。加藤剛は、剛健で己に厳しく、それゆえ周りの人間を知らず知らずのうちに傷付けてしまうような孤高の役を演じたとき、本当に上手い。この加藤剛という実直そのもののキャラクターは、≪日本地図≫完成という夢を追い続ける歴史上の人物を演じるには、正に理想と言えるだろう。常に忠敬を慕い続けたお栄を演じる賀来千香子の、ひたむきさの滲み出た演技も絶品だ。

 監督は、1969年から放送された松本白鸚(初代)主演版から、丹波哲郎版、萬屋錦之介版、そして中村吉右衛門版まで、「鬼平犯科帳」の全時代のシリーズを手掛けた経験のある巨匠・小野田嘉幹。四季を追って収められた日本全国の情景をバックに、各地で想像を絶する困難に見舞われながらも、地図の完成に尽くす忠敬と彼を取り巻く人々の姿を力強く演出。夢と波瀾に満ちた忠敬の生涯を、珠玉の大河ロマンに描いてみせた。また本作の見どころのひとつは、伊能忠敬の測量の旅に同行する忠敬の息子・秀蔵の役を、加藤の実際の息子・加藤大治郎が演じているところ。次第に父・忠敬と物事の考え方が似てくるところの台詞回しなど、見応え十分だ。(因みに、この小野田監督は、加藤剛版の「剣客商売」シリーズの演出も手掛けているのだが、この加藤大治郎という名は、その「剣客商売」で加藤が演じていた役名・秋山大治郎に由来しているのは周知の通り)
劇中、お栄が忠敬に語りかける...『もっと大きな夢を見てくださいまし』。この言葉は、自信を失った現代人へのエールだ!≪日本地図≫完成という大事業へ向け、男として、父として、そして一人の人間として信念を持ち、エネルギッシュに生きた伊能忠敬と、彼を支えた人々のそれぞれの愛と献身の物語に、是非ご期待頂きたい!

伊能忠敬 ―子午線の夢―
(2001年・映画・カラー )
5月6日、5月13日、5月27日
監督:小野田嘉幹   脚本:吉田剛  
出演:加藤剛/賀来千香子/西田ひかる/榎木孝明/丹波哲郎/中野誠也/前田吟/愛川欽也/加藤大治郎 ほか  

伊能忠敬(加藤剛)は、地球の大きさを割り出すために、子午線一度の正しい値を出す世界で初めての人間になりたいという長年の夢を抱いて、56歳にして次男の秀蔵(加藤大治郎)らと共に、蝦夷地へ測量の旅に出る……。

四千万歩の男 ~伊能忠敬~
(2001年・TV・カラー )
5月17日、5月26日
原作:井上ひさし  
出演:橋爪功/高島礼子/新山千春/片岡仁左衛門/宍戸開/角野卓造/南野陽子/風間杜夫/伊崎充則 ほか  

商人・伊能忠敬(橋爪功)は50歳で家督を息子に譲り渡し、幕府天文方にして、当時の暦学の大家・高橋至時(風間杜夫)に師事して天文、測量術を学ぶ。そして幕府の事業の一部として、星学を志す息子・秀蔵(伊崎充則)や内弟子の平山宗平らと共に第一次測量のため、蝦夷地へと出発する。だがその後を追い、測量を邪魔しようとする一団があった……。

「四千万歩の男 ~伊能忠敬~」(C)NHK
剣客商売'73
(1973年・TV・全22話・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:加藤剛/山形勲/音無美紀子/山田吾一/うつみみどり/梶三和子 ほか   

老中・田沼意次全盛時代。無名の剣客・秋山大治郎(加藤剛)が修行の旅より江戸へ戻ってきた。大治郎は父・小兵衛(山形勲)と12年ぶりの再会を果たす。小兵衛は江戸でその名を知られた無外流の達人だったが、今は道場を閉めて、悠々自適の生活を送り、親子ほども歳の違うおはる(梶三和子)を妻にしていた。剣の道一筋の息子・大治郎と、人生を達観した父・小兵衛。同じ剣客でありながらも異なる人生を歩む父子の前に立ちはだかる事件の数々を、二人はどう解決するのか?

「剣客商売'73」(C)東宝
剣客商売 辻斬り
(1982年・TV・カラー )
5月20日、5月22日
原作:池波正太郎   監督:森一生   脚本:星川清司  
出演:加藤剛/中村又五郎/新井春美/小沢栄太郎/和崎俊哉/星野浩美/近藤洋介/武内亨/伊藤高/地井武男 他  

剣一筋に生きる武芸者・秋山大治郎(加藤剛)は、ある夜三人組の辻斬りに襲われた。三人は、幕府の重鎮お目付衆・永井十太夫(武内亨)の息子・右京(伊藤高)とその家来だった。翌日、見知らぬ侍が大治郎を訪ね、ある人物の両腕の骨を折ってほしいと五十両を差し出す。大治郎は断るが、小兵衛が調べてみると、永井家と老中・田沼意次(小沢栄太郎)の隠し子・三冬の縁組みが絡んでいることが分かり…。

「剣客商売 辻斬り」(C)東宝
剣客商売 誘拐
(1983年・TV・カラー )
5月23日
原作:池波正太郎   監督:児玉進   脚本:安藤日出男  
出演:加藤剛/中村又五郎/新井春美/小沢栄太郎/小栗一也/近藤洋介/織本順吉/立川光貴 ほか  

女が何者かに襲われたところに居合わせた佐々木三冬(新井春美)は、その女から革袋を預かる。その中身は、南蛮渡来の麝香[じゃこう]だった。秋山大治郎(加藤剛)は、密貿易と関わりがあるとにらみ、小兵衛(中村又五郎)を通し岡っ引きの弥七(近藤洋介)に探索を頼む。しかし革袋が、抜け荷一味が取引に使う割り符だったため、三冬は一味にさらわれてしまう。拷問にかけられ、三冬は革袋の行方を吐かされようとしていた…。

「剣客商売 誘拐」(C)東宝
ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン