• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

今月・来月のオススメ! > 田原俊彦主演「必殺始末人」シリーズ3作品映画「必殺始末人」「必殺始末人 乱れ咲く女役者の夢舞台」「必殺始末人 地獄に散った花びら二枚」

今月・来月のオススメ!

田原俊彦主演「必殺始末人」シリーズ3作品映画「必殺始末人」「必殺始末人 乱れ咲く女役者の夢舞台」「必殺始末人 地獄に散った花びら二枚」

6/3(日)から3週連続 よる9:00

 田原俊彦主演「必殺始末人」シリーズ3作品が、いよいよこの6月、チャンネルに初登場!これを記念し人気レギュラー企画【日替り長編アワー】でも、田原俊彦出演作を2作品放送!トシちゃんのニックネームで80年代、男性アイドルの頂点に君臨、来年2019年には歌手デビュー40周年を迎え、6月もニューシングルを発表するなど、今でも歌手として精力的に活動を続ける田原俊彦。そのもう1つの顔である"役者"としての魅力に迫る今回のプログラムを、どうぞお見逃しなく!

 【作品みどころ】
 1972年の第1作目「必殺仕掛人」(全33話)を皮切りに、長年、TVシリーズ、スペシャル版、そして劇場版で多くのファンに親しまれてきた人気時代劇の「必殺」シリーズ。1996年に公開された、藤田まこと主演の劇場版「必殺!主水死す」にて、同シリーズに一旦ピリオドが打たれたかに見えたが、その翌年、かつての人気アイドル田原俊彦と南野陽子を主役陣に配し、また元締め役に樹木希林という異色キャストで心機一転、同シリーズの新たな展開を目指して公開されたのが、陰の世界で悪人を成敗する闇の始末人たちの活躍を描いたこの映画、「必殺始末人」である。
ここに「必殺」シリーズの、ゆかりのスタッフたちが集結。一貫してシリーズのメインカメラマンを務め、TVシリーズやスペシャル版では演出も経験した石原興が、本作で初めて劇場用映画のメガホンを取った。この映画の好評を受け、翌年には、オリジナルビデオとして「必殺始末人 乱れ咲く女役者の夢舞台」と「必殺始末人 地獄に散った花びら二枚」の2作品が発表された。計3作とも音楽は同シリーズの多くを手掛けた平尾昌晃。それもあって「必殺」独特の世界観や様式美を余すところなく味わうことができる!陰と陽、光と影の妙を見事なまでに映し出し、時代劇でありながら絶えず現代感覚を取り入れ、圧倒的な強さと華麗さで悪人どもに立ち向かうという、従来の「必殺」シリーズの魅力はそのままに、この「必殺始末人」シリーズでは、若く個性的なキャラクターの始末人たちが庶民のウサを痛快なまでに払拭してくれる作品だ!

 この「必殺始末人」シリーズで田原俊彦が演じる主人公・山村只次郎は興味深いキャラクターで、藤田まこと演じる中村主水が家族を軸にした背景を持つのに対し、この田原演じる只次郎は、そういった背景を全く持たない。とはいえ、変わる変わる女性の家に囲われ、食と女性に明け暮れている只次郎の姿は、これまでのシリーズに登場した"女好き"の主人公とさほど変わらない。それでいて『金でしか女は買わねえ』(2作目)などと言い切ってしまうところに、この只次郎というキャラクターの、これまでとは違った新鮮さがあって実に面白い。そして裏稼業では、圧倒的な立ち回りで悪人を文字通り "始末"する只次郎。そう、実はこの田原俊彦主演「必殺始末人」シリーズ3作品の最大の魅力は、何といってもこの只次郎を演じる田原の圧倒的な立ち回りなのだ!この驚異的な殺陣の上手さは、初めて観る「必殺」ファンなら、腰が抜けるほどビックリするはずだ。これほど切れ味抜群の殺陣は一朝一夕の稽古で出来るものではなく、相当の時間を掛けて出来上がったものだろう。元締め役を演じた樹木希林の絶品の演技にも大注目だ!

"役者・田原俊彦"の、アクションも交えた魅力がたっぷり詰まった「必殺始末人」シリーズ3作品に、乞うご期待!

必殺始末人
(1997年・映画・カラー )
6月3日、6月9日、6月16日
監督:石原興    脚本:鈴木生朗  
出演:田原俊彦/南野陽子/俊藤光利/樹木希林/朝加真由美/あき竹城/森次晃嗣/伊藤敏八 ほか  

浪人の山村只次郎(田原俊彦)は、人殺しの罪を負わされるが、それは奉行所でも裁けない悪人を陰で成敗しようとしている南町奉行所与力・白鳥右京(森次晃嗣)と、その配下のかもめ(南野陽子)、リュウ(俊藤光利)による罠だった……。

「必殺始末人」(C)1997 松竹ブロードキャスティング株式会社
必殺始末人 乱れ咲く女役者の夢舞台
(1998年・その他・カラー )
6月10日、6月16日、6月23日
監督:石原興   脚本:大津一瑯  
出演:田原俊彦/南野陽子/俊藤光利/樹木希林/原田大二郎/若林しほ/篠塚勝/赤坂七恵/あき竹城 ほか  

締めのおとら(樹木希林)配下の始末人・山村只次郎(田原俊彦)は、3人の娘役者が次々に亡くなった芝居小屋・風間座の姉役者・蝶花(若林しほ)から、小屋主の丈太郎(原田大二郎)の殺しを依頼されるが……。

「必殺始末人 乱れ咲く女役者の夢舞台」(C)1997 松竹ブロードキャスティング株式会社
必殺始末人 地獄に散った花びら二枚
(1998年・その他・カラー )
6月17日、6月23日、6月30日
監督:松島哲也   脚本:綾部伴子  
出演:田原俊彦/南野陽子/俊藤光利/樹木希林/三浦浩一/水島かおり/遠藤久美子/平泉成/あき竹城 ほか  

始末人のかもめ(南野陽子)は、黒石藩の八重姫(遠藤久美子)と駆け落ちする途中で斬られ重傷を負った能楽笛方の岡村麻之助(田原俊彦・二役)を助けるが、麻之助は始末人の山村只次郎(田原俊彦)と瓜二つだった……。

「必殺始末人 地獄に散った花びら二枚」(C)1997 松竹ブロードキャスティング株式会社
燃えて、散る 炎の剣士 沖田総司
(1984年・TV・カラー )
6月19日
出演:田原俊彦/石原真理子/市毛良枝/若林豪/柴田恭兵/大屋政子/三船敏郎 ほか  

江戸は新宿。天然理心流を掲げる試衛館道場は、主の近藤周斎(三船敏郎)とその養子・勇(若林豪)、土方歳三(柴田恭兵)ら凄腕の剣客が揃っていることで評判になっていた。中でも、沖田総司(田原俊彦)はわずか20歳で免許皆伝とされ、天才の呼び声が高い。ある日、近藤勇と土方は道場の食費の足しとして懸賞金を得るため、沖田を連れて強盗を捕まえに町へ出る。しかし、ケンカ慣れしていなかった沖田は強盗の一人を斬り殺してしまい…。

素浪人 花山大吉(主演:松方弘樹)
(1995年・TV・カラー )
6月20日
出演:松方弘樹/田原俊彦/伊藤かずえ/西岡徳馬/渡辺裕之/岡本夏生 ほか  

文化年間。甲府金山の廃坑に新たな金脈が発見されたという噂により、旅人たちで賑わう甲州路。ひょんなことから道連れとなった浪人・大吉(松方弘樹)と、渡世人の半次(田原俊彦)が泊まる旅籠「三国屋」に賊が押し入り、泊まり客の伝吉が殺される。翌日、伝吉の娘・お花を連れて甲府へ向った二人は、前夜の一味に襲われる。お花が持っていた竹竿で半次が応戦すると、なんと刀をはじき返した。調べてみると、竹竿には金の延べ棒が隠されていた……。

「素浪人 花山大吉(主演:松方弘樹)」(C)東映
必殺スペシャル 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊
(1981年・TV・カラー )
6月25日
出演:藤田まこと/伊吹吾郎/三田村邦彦/鮎川いずみ/フランキー堺/西郷輝彦/中条きよし/京マチ子/横山やすし  

元旦早々、奉行所勤務の中村主水(藤田まこと)が姿を消した。主水を連れ去った市三(中条きよし)は、主水の裏稼業について知っており、千両で、徳川御三家の筆頭家老と米問屋・室田利兵衛(岡田英次)の殺しを依頼する。秀(三田村邦彦)、左門(伊吹吾郎)らに相談する主水であったが、あまりの標的の大きさに秀(三田村邦彦)は降り、主水らは一度は仕事をしくじるが、無類の女好きの仕事人・与市(フランキー堺)に助けられ、さらに「伝説の仕事人」と呼ばれる凄腕の矢島仙十郎(西郷輝彦)が現れる。

「必殺スペシャル 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊」(C)ABC/松竹
必殺スペシャル 仕事人大集合
(1982年・TV・カラー )
6月26日
出演:藤田まこと/三田村邦彦/鮎川いずみ/中条きよし/山田五十鈴/緒形拳/沖雅也/森田健作/藤村富美男   

東の仕事人の元締・鹿蔵(中村鴈治郎)が異人の殺し屋によって惨殺された。その頃、中村主水(藤田まこと)は、長崎奉行所への転勤を命じられる。一方、おりく(山田五十鈴)と勇次(中条きよし)は鹿蔵の仇討ちのため西へ向かっていた。大坂へ到着した主水は、おりく、勇次と再会を果たす。裏稼業から足を洗っていた主水であったが、二人から仕事への参加を要請される。

「必殺スペシャル 仕事人大集合」(C)ABC/松竹
ページトップへ戻る
視聴方法

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン