~新年恒例~寅年男スター大集合!!

時代劇専門チャンネルのお正月と言えば、すっかり恒例となりました「年男企画」。毎年、年男たちが力強く新年のスタートを飾ります。
2022年は、寅年男たちの登場です。何事にも立ち向かう勇敢さと行動力があると言われる彼らが出演した豪華ラインナップをお楽しみください!

注目のラインナップは…
84歳:小林旭 「旅がらす事件帖」【セレクション放送】
72歳:奥田瑛二 「千利休 本覺坊遺文」※CH初
60歳:豊川悦司 「丹下左膳 百万両の壷」/木梨憲武 「竜馬の妻とその夫と愛人」
48歳:草彅剛 「BALLAD 名もなき恋のうた」※CH初
36歳:小池徹平 「佐武と市捕物控」
以上の精鋭たち。

2022年1月1日(土・元日)~1月3日(月)
三が日連日あさ9時

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
旅がらす事件帖
(1980年・全26話・カラー )
出演:小林旭/夏純子/叶和貴子/尾藤イサオ/三浦洋一/長門裕之/小沢栄太郎 ほか  

天保14年。水野越前守忠邦に替わって老中首座となった阿部伊勢守(小沢栄太郎)は、関八州はもとより、東海道、中山道、奥州街道で、ならず者と称するものたちの十手、取り縄を預かっての振る舞いが目に余ると、甥の旗本・神保直次郎(小林旭)に「影の道中奉行」としてこれを正すよう命じ、将軍拝領の葵の御紋と十手を彫り込んだ刀を授ける。直次郎は、渡世人姿に身をやつして諸国を巡り、尾上兵佐衛門(長門裕之)とその娘・志寿太夫(夏純子)率いる湯島天神太鼓一座の協力を得て、悪を懲らしめていく……。

「旅がらす事件帖」(C)国際放映
BALLAD 名もなき恋のうた
放送日:1月1日、1月23日、2月13日、2月23日
(2009年・カラー )
監督:山崎貴   脚本:山崎貴  
出演:草彅剛/新垣結衣/夏川結衣/筒井道隆/武井証/中村敦夫/大沢たかお ほか  

1574年、戦国時代。春日という小国の姫君・廉姫(新垣結衣)を守る、井尻又兵衛(草彅剛)という無敵を誇る侍がいた。2人は幼いころから一緒に育ち、身分違いの恋心を秘めていた。ある戦場で、敵の足軽の鉄砲が又兵衛の隙を狙っていた。しかし不思議な少年(武井証)が突如姿を現し、驚いた足軽は狙いを外す。少年は川上真一と名乗り、未来からタイムスリップしてきたと言う。又兵衛は春日城に真一を連れていき、城主・康綱(中村敦夫)に彼の処遇を相談する。城で廉姫を見た真一は、タイムスリップする前に何度も夢で見た女性にそっくりだと驚く。夢の話を聞いた廉姫は、真一の世話を又兵衛に命じる。ある日、北関東の大国の大名・大倉井高虎(大沢たかお)が、美人の誉れ高い廉姫に婚姻を申し込みにやってくる。

「BALLAD 名もなき恋のうた」(C) 2009「BALLAD 名もなき恋のうた」製作委員会 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2009
千利休 本覺坊遺文
放送日:1月2日、1月9日、2月2日、2月19日
(1989年・カラー )
原作:井上靖   監督:熊井啓   脚本:依田義賢  
出演:奥田瑛二/三船敏郎/萬屋錦之介/加藤剛/芦田伸介/東野英治郎 ほか  

本覚坊と織田有楽斎。二人は利休が太閤秀吉から死を賜ってから、一方は慎ましくその喪に服し、一方は政権移行を巧みに乗り切るという点で生き方は異なっていた。しかし、賜死事件の真相を探ることで、茶人としての生き方を確立しようとする点では同じだった。その二人が利休の死後、27年目に初めて出会う。「利休は何故死んだのか」二人は様々な会話を通じて、真相に近づいていく。

「千利休 本覺坊遺文」(C)KADOKAWA 1989
竜馬の妻とその夫と愛人
放送日:1月2日、1月10日、1月22日
(2002年・カラー )
原作:三谷幸喜   監督:市川準  
出演:木梨憲武/中井貴一/鈴木京香/江口洋介/橋爪功/トータス松本/小林聡美 ほか  

坂本竜馬の死後13年の月日が流れた明治13年。彼を巡る男女4人が繰り広げる愛の騒動を描いたコメディ。竜馬が暗殺された後、妻・おりょうが再婚した冴えないテキ屋の男を木梨憲武が演じる。2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の脚本を手掛ける三谷幸喜原作作品。

「竜馬の妻とその夫と愛人」(C)2002 東宝・博報堂
丹下左膳 百万両の壺
放送日:1月3日、1月29日、2月23日
(2004年・カラー )
監督:津田豊滋   脚本:江戸木純(「丹下左膳 百万両の壺」より〈オリジナル:三村伸太郎〉)  
出演:豊川悦司/和久井映見/野村宏伸/麻生久美子/武井証/金田明夫/渡辺裕之/豊原功補 ほか  

徳川吉宗の時代。主君の裏切りに遭い、右目と右腕を失ってしまった丹下左膳(豊川悦司)は、侍から足を洗い、強く美しい伴侶のお藤(和久井映見)が営む矢場の用心棒として慎ましく暮らしていた。二人は、とあるきっかけから孤児のちょび安(武井証)を引き取ることになったが、ちょび安が持っていた壺には、なんと百万両の所在が隠されていた。その“こけ猿の壺”をめぐる争いに巻き込まれた左膳は、ついに手にした刀を抜く!

「丹下左膳 百万両の壺」(c)2004 SAZEN Partners
佐武と市捕物控(主演:小池徹平)
放送日:1月3日、2月14日
(2015年・カラー )
原作:石ノ森章太郎  
出演:小池徹平/遠藤憲一/里見浩太朗/内山理名/福田麻由子/藤田弓子/内藤剛志 ほか  

時は文政、天下泰平なれど、やがての明治維新までもう後30数余年。岡っ引きの佐平次親分(内藤剛志)から、隅田川の近くで男たちの悲鳴が聞こえ、女が逃げていったという目撃談があったことを聞かされた岡っ引き見習いの佐武(小池徹平)は、現場に駆けつける。男二人の斬殺遺体が発見され、同心の清田慎之介(柴田善行)は、近くに打ち上げられていた御用箱から、二人は白魚役の漁師で、御上に献上する白魚を奪うために襲われたと推理する。白魚は季節外れだと思った佐武は、見物客の中にいた若い女(内山理名)が逃げ去るのを追うが見失う。佐武は、親友の按摩・市(遠藤憲一)の助力を得て、事件を追うが、その頃、町では偽金が出回っていた……。

「佐武と市捕物控(主演:小池徹平)」(C)BS日テレ(C)石森プロ