【午後のスペシャルアワー】 【午後のスペシャルアワー】

池波正太郎作品が!映画が!あのTV長編が!
これまで夜や週末限定のお楽しみでお届けして来た大作や人気長編を、平日ひる1:00から、毎日日替わりでお届けする豪華企画【午後のスペシャルアワー】がスタート!
午後の優雅なひと時に、見応え十分なラインナップをじっくりとお楽しみください。

月曜~金曜 ひる1:00-午後3:00放送!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
欽ちゃんファミリー 時代劇スペシャル 俺たちの熱い風
放送日:2月3日、2月25日
(1984年・TV・カラー )
脚本:久貴千賀子/君塚良一  
出演:風見慎吾/西山浩司/中村敦夫/江波杏子/萩本欽一/倉沢淳美/志穂美悦子/清水善三/佐藤B作 ほか  

江戸末期。駿河沼田藩の若き侍・青山早太郎(風見慎吾)は、父のたっての願いで15年前に殿の腹心を斬った男を斬るという上意討ちの討ち手となり、江戸に出てきたが、仇は見つからず、まんじゅうをくすねるほど飢えていた。早太郎は、日本一強い侍になりたいという夢を持つ風来坊の久助(西山浩司)と知り合い、彼が住む裏長屋の住人となる。様々な住人が頻繁に騒動を起こす長屋には、倒幕の志士である夫の帰りを待つお園(江波杏子)という美人も住んでいたが、飴屋の金太(萩本欽一)に身をやつした幕府の公儀隠密・勝田彦衛門が目を光らせていた……。

「欽ちゃんファミリー 時代劇スペシャル 俺たちの熱い風」(C)NTV
ビートたけしの痛快時代劇 なめくじ長屋捕物さわぎ
放送日:2月4日、2月26日
(1990年・TV・カラー )
出演:ビートたけし/平田満/佐藤B作/渡辺美奈代/たけし軍団/山口良一 ほか  

時は元禄。「なめくじ長屋」には、曲芸師や物もらいなど、一風変わった住民が住み暮らしていた。ここを束ねる"センセー"と呼ばれる砂絵師(ビートたけし)は、ある日、やくざ者に追われる一人の娘を助ける――。その娘はまふゆ(渡辺美奈代)といい、吉原から逃げてきたのであった。センセーは御用聞きの常五郎(平田満)の前で、3日のうちに身代金二百両を用意すると啖呵を切った。さらに長屋の家主・伊勢屋が立ち退きを求めにやってきたが、今度は長屋を買い取ると大見得を切る……。

「ビートたけしの痛快時代劇 なめくじ長屋捕物さわぎ」(C)国際放映
好色一代男 世之介の愛して愛して物語
放送日:2月5日、2月27日
(1986年・TV・カラー )
原作:井原西鶴   監督:演出:久野浩平   脚本:吉田剛  
出演:明石家さんま/近藤正臣/倍賞美津子/美保純/市毛良枝/山岡久乃/内田朝雄/佐藤B作/山田邦子 ほか  

但馬屋の息子・世之介(明石家さんま)は、玄人から素人まで女遊びに明け暮れる毎日。大阪一の女たらしと言われていたが、武士の妻・美与(倍賞美津子)に手を出したことで、夫の千崎弥五郎(近藤正臣)から命を狙われる。母(山岡久乃)がどうにかことを収めて、関係は終わったかにみえたが、二人は再び肌を寄せ合う。そして世之介は駆け落ちを持ち掛けるが、美与は夫への離縁状を残して姿を消す。恋愛に情熱を燃やす世之介の行く末は如何に?

「好色一代男 世之介の愛して愛して物語」(C)テレパック/PDS
素浪人罷り通る 涙に消えた三日極楽
放送日:2月6日、2月16日
(1983年・TV・カラー )
出演:三船敏郎/杉田かおる/宮下順子/下條アトム/石橋蓮司/田口計/吉野佳子/梅津栄 ほか  

上総を旅する素浪人(三船敏郎)は謎の男たちに襲われる娘・おふく(杉田かおる)を助けたために、廻船問屋唐津屋の一味に捕らえられてしまった!どうやらおふくは、奉公先の唐津屋から大金と唐津屋の悪事の証拠となる書付を盗み出したらしい・・・。

「素浪人罷り通る 涙に消えた三日極楽」(C)三船プロ
素浪人罷り通る 矢立峠に裏切りを見た
放送日:2月13日、2月23日
(1983年・TV・カラー )
出演:三船敏郎/若林豪/范文雀/戸浦六宏/斎藤里花/大場順/遠藤征慈/広瀬昌助/南城竜也 ほか  

南部藩境の山中で、素浪人・春夏秋冬(三船敏郎)は津軽藩のまわし者と疑われ銃撃された。足を撃たれ、半死半生の目にあったが、兵学者の山岡大次郎に助けられる。素浪人がまわし者でないことを信じた山岡は、南部と津軽の二百年にわたる争いについて語りはじめる・・・。

「素浪人罷り通る 矢立峠に裏切りを見た」(C)三船プロ
長七郎江戸日記スペシャル 長七郎の陰謀
放送日:2月10日
(1991年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/国広富之/金田龍之介/東ちづる/火野正平/下川辰平 ほか  

長七郎(里見浩太朗)は、父・駿河大納言忠長の30周忌に駿河へ向かうが、道中で元老中・酒井讃岐守忠勝(金田龍之介)の放った柳生忍者の襲撃を受ける。駿河へ到着した長七郎は、伊豆への湯治の帰りに駿河に立ち寄った「夢楽堂」の女主人・おれん(野川由美子)との再会を果たす。だが、おれんは長七郎の様子に不信感を抱く。おれんと再会した長七郎は偽者で、本物の長七郎は柳生忍者に捕らえられていた。偽者の長七郎はかつての忠長の家臣らを先導して謀反を企てようとするが…。

「長七郎江戸日記スペシャル 長七郎の陰謀」(C)ユニオン映画
花の誇り
放送日:2月11日、2月24日、3月1日、3月31日
(2008年・TV・カラー )
原作:藤沢周平「榎屋敷宵の春月」より(『麦屋町昼下がり』所収)  
出演:瀬戸朝香/酒井美紀/田辺誠一/山口馬木也/葛山信吾 ほか  

組頭寺井家の田鶴(瀬戸朝香)の婿・織之助(田辺誠一)と、筆頭御番頭宗方惣兵衛(葛山信吾)が家老の座を争うことになる。田鶴と惣兵衛の妻・三弥(酒井美紀)は、お城で共に行儀見習いをした幼なじみだったが、田鶴は十数年前に兄の新十郎(山口馬木也)が若くして自害した理由を、相思相愛だった三弥にふられたからだと思っていた。そんな折、田鶴は屋敷裏で何者かに襲撃されていた旅の侍を救う。関根友三郎(山口馬木也・二役)というこの侍は、兄と瓜二つで、藩内に不正ありとする密書を携えていた……。

「花の誇り」(C)NHK
魔境 殺生谷の秘密
放送日:2月12日、2月15日
(1983年・TV・カラー )
監督:西村潔   脚本:星川清司  
出演:三船敏郎/財津一郎/佳那晃子/赤座美代子/峰岸徹/今福将雄/南利明 ほか  

甲州路で、空腹の浪人が老武士・島田閑兵衛に握り飯を分けてもらう。閑兵衛に話を聞くと、彼の息子・弥一郎は幕府検察使をしていたが、金山にまつわる不正を調べていくなかで謀られ、無実の罪で切腹させられたという。閑兵衛は息子の潔白を証明するため甲州に来たのだった。

「魔境 殺生谷の秘密」(C)三船プロ
藤田まことの丹下左膳1 痛快!美女に弱いはぐれ剣士、将軍吉宗の江戸で巨悪を斬る!
放送日:2月17日、3月4日、3月16日
(1990年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

世は徳川八代、吉宗の時代。揚弓屋の用心棒・丹下左膳はチョビ安という子供を拾ってきて女主人のお藤に預けた。チョビ安は何者かによって殺された父の形見「コケザルの壷」を大事に持っていた。実はこの壷こそ藩主により幕閣の陰謀の証拠書類を塗りこめられたものだった。これを奪おうと次々と襲い来る刺客から、左膳がチョビ安を守り続けるが…。

「藤田まことの丹下左膳1 痛快!美女に弱いはぐれ剣士、将軍吉宗の江戸で巨悪を斬る!」(C)東映
藤田まことの丹下左膳2 大江戸にニセ左膳出現!血を呼ぶ魔剣をめぐって競う美女三人
放送日:2月18日、3月4日、3月17日
(1991年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/佳那晃子/橋爪功/田村亮 ほか  

世は徳川八代、吉宗の時代。剣の収集家である奥州・松倉藩々主・由布施陸奥忠勝が、藩内随一の剣の使い手・諏訪栄三郎に、天下の名剣「関の孫六」「乾雲・坤竜」を命に代えても手に入れよと命ずる。その頃、左膳は居候先のお藤の矢場で、気楽な毎日を送っていた。そんな矢先、松倉藩家老から左膳に呼び出しがかかる。

「藤田まことの丹下左膳2 大江戸にニセ左膳出現!血を呼ぶ魔剣をめぐって競う美女三人」(C)東映
藤田まことの丹下左膳3 江戸城狙わる!義賊暗闇小僧を追う左膳と大岡越前
放送日:2月19日、3月9日、3月18日
(1993年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

不景気風が吹き荒れる江戸の町に暗闇小僧と名乗る義賊が出没し、庶民の喝采をあつめていた。幕閣としては放っておくこともできず、暗闇小僧捕縛に乗り出す。一方、左膳は相変わらずぐうたらな毎日を送っていた。しかし、ひょんなことから捕り物騒ぎに巻き込まれ…。

「藤田まことの丹下左膳3 江戸城狙わる!義賊暗闇小僧を追う左膳と大岡越前」(C)東映
藤田まことの丹下左膳4 彷徨う丑三つの花嫁 江戸城に渦巻く大陰謀!
放送日:2月20日、3月9日、3月19日
(1994年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

時は徳川八代将軍・吉宗の頃。江戸を離れ旅に出ていた一匹狼の浪人・丹下左膳は、賭場に顔を出しては一文無しになっていた。その頃、江戸の町では「丑三ツの花嫁」の不気味な噂でもちきりだった。毎夜決まって丑三ツ時になると、最近殺された白無垢の花嫁の幽霊が現れるといい、実は死んだ花嫁は裏で客をとっていたという。そんな中、チョビ安危篤の知らせをうけた左膳は、家に戻る途中、噂の幽霊駕籠に出くわす…。

「藤田まことの丹下左膳4 彷徨う丑三つの花嫁 江戸城に渦巻く大陰謀!」(C)東映
御用金
放送日:2月1日、2月24日、3月8日
(1969年・映画・カラー )
監督:五社英雄   脚本:五社英雄/田坂啓  
出演:仲代達矢/中村錦之助/丹波哲郎/司葉子 ほか  

仲代達矢、中村錦之助、丹波哲郎の三大スター共演による時代劇の大作。天保年間の越前鯖江藩を舞台に、佐渡の御用金をめぐって様々な思惑を持った男たちの激闘がダイナミックなタッチで描かれる。フジテレビがテレビ局初の劇場用映画製作進出として東宝と提携して製作した日本初のパナビジョン方式70ミリ作品。

「御用金」(C)東京映画新社 フジテレビ
人斬り
放送日:2月1日、2月25日、3月1日
(1969年・映画・カラー )
監督:五社英雄   脚本:橋本忍  
出演:勝新太郎/仲代達矢/石原裕次郎/三島由紀夫/倍賞美津子/新條多久美 ほか  

1862年(文久2年)。土佐藩の貧乏郷士・岡田以蔵(勝新太郎)は、土佐勤王党を率いる武市半平太(仲代達矢)に剣の腕を見込まれて党に加わり、刺客として頭角を現す。京に上った武市は勤王派の重鎮となり、以蔵らを使い、己の政略にそぐわない"好ましからぬ"人物を次々に殺戮していく。武市に心酔する以蔵は、今や自分の力があってこその土佐勤王党と自惚れ、坂本竜馬(石原裕次郎)の説得にも耳を貸さず、国家天下のためと人斬りを繰り返す。しかし、薩摩の刺客・田中新兵衛(三島由紀夫)が罠にはめられて割腹自殺を遂げたことから、自分の置かれた惨めな立場を悟り、苦悩する……。

「人斬り」(C)フジテレビジョン 勝プロダクション
若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛
放送日:2月2日、2月9日、2月12日、2月26日、3月15日、3月30日
(1962年・映画・カラー )
原作:城昌幸   監督:松田定次/松村昌治   脚本:鈴木兵吾  
出演:大川橋蔵/松方弘樹/柳家金語楼/田中春男/桜町弘子/佐久間良子/松島トモ子/久保菜穂子/山形勲 ほか  

江戸深川埋立地の歓楽街にて、肥前屋が何者かに殺されたのち、一帯を支配する強大な力を持った唐津屋・越前屋の悪党コンビを相手に、若さまが、秘剣と知恵を十二分に駆使して、その秘密をあばく痛快篇。

「若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛」(C)東映
音なし源 さの字殺し
放送日:2月27日、3月5日、3月14日、3月21日
(1983年・TV・カラー )
原作:笹沢左保   監督:小野田嘉幹  
出演:中村梅之助/松尾嘉代/小栗一也/石橋蓮司/織本順吉 ほか  

お小夜(松尾嘉代)が営む春駒の板さん源太(中村梅之助)は、岡っ引文次郎親分(織本順吉)の隠れ下っ引としても働いていた。そんな源太は、さかのぼること20年前、両親と妹を押し込みに惨殺されるという過去があった。仇の手がかりは、さの字の名前と背中の竜の刺青。ある日、江戸を騒がす左文次小僧と名乗る盗賊が15年ぶりに現れる。左文次という名前が気になった源太は左文次が狙っている大文字屋に春駒の弁当を届けに行くことになり…。

「音なし源 さの字殺し」(C)国際放映
仕掛人 藤枝梅安スペシャル 対決(主演:渡辺謙)
放送日:2月7日
(1993年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:渡辺謙/橋爪功/田中邦衛/平幹二朗/美保純/阿部寛/川谷拓三 ほか  

昼間は腕のいい鍼医者として慕われている藤枝梅安(渡辺謙)。彼の夜の顔は、凄腕の仕掛人。金で殺しを請け負い、この世に生きていては毒になる者を人知れず消していく。
梅安が音羽の元締(田中邦衛)から依頼された仕掛けの相手は、大阪の大元締・白子屋菊右衛門(平幹二朗)だった。以前、藤枝梅安は白子屋の世話になっていたが、剣客・小杉十五郎(阿部寛)の件で対立する間柄に変わっていた。愛人をかどわかされ、江戸まで乗り込んでくる白子屋。命を付け狙われた梅安は、対決する覚悟を決め、白子屋に捨て身で立ち向かっていく…。

「仕掛人 藤枝梅安スペシャル 対決(主演:渡辺謙)」(C)国際放映
剣客商売スペシャル 助太刀
放送日:2月14日
(2004年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に娶って、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛はかつての剣友・酒井善蔵(蟹江敬三)との再会を果たす。善蔵は大病を患って道場を閉めていたが、娘婿の忠兵衛(山田純大)が道場を再興し、ようやく幸せな日々を取り戻したのであった。その頃、小兵衛の息子・大治郎(山口馬木也)は、林牛之助(益岡徹)と出会い、その人柄にひかれる。林は父の仇を討たんとする中島伊織(石田法嗣)の後見人を務めており、大治郎は二人を思って仇を探し出すが、その相手とは以外なことに忠兵衛であった。

「剣客商売スペシャル 助太刀」(C)松竹
剣客商売スペシャル 母と娘と
放送日:2月21日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、懇意にしている医師・小川宗哲(島田順司)宅で、村松太九蔵(夏八木勲)と出会う。太九蔵は、重い病に冒され、余命一ヶ月の猶予しか残されていなかった。後日、小兵衛は息子・大治郎の妻である三冬と共に太九蔵を見舞う。太九蔵宅には母の顔を知らぬという娘のさよ(宮本真希)がいた。田沼意次の妾腹の子として生まれた三冬は、さよに自分と同じ境遇を見る。その太九蔵の家を、謎の女絵描き・瀬川幽仙(松原智恵子)が影ながら見守っていた。その頃、大治郎は、食いつめ浪人どもに襲われそうになっていた若い浪人・永井源太郎(高杉瑞穂)を助けるが……。

「剣客商売スペシャル 母と娘と」(C)松竹
剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場
放送日:2月28日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、道場をたたみ、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛は妻のおはる(小林綾子)と共に、侍同士の果し合いに出くわす。素浪人・羽賀儀平(宍戸開)は見事な剣さばきで一瞬のうちに相手を打ち倒し、小兵衛をも瞠目させる。羽賀はその様子を見ていた旗本・久世帯刀(立川三貴)の家来・谷万右衛門(石倉三郎)の推挙により、久世に仕える身となった。久世は羽賀の腕のほどを同じ旗本寄合組の高木筑後守(菅野菜保之)に自慢するが、そのことが発端となり、羽賀は無外流を使う高木臣下の剣豪・吉村弥惣治(内藤剛志)と真剣で決闘することになってしまう。吉村は小兵衛のかつての弟子であった。ことを聞きつけた小兵衛は無益な争いを止めさせようと奔走するが……。

「剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場」(C)松竹
松本清張のかげろう絵図
放送日:3月2日、3月15日
(1983年・TV・カラー )
原作:松本清張  
出演:古谷一行/山口果林/北村和夫/斉藤とも子/山形勲/中島ゆたか/御木本伸介/菅貫太郎 ほか  

天保11年の春。大奥総出の花見の席で、大御所・徳川家斉(浜田寅彦)の若い側室・お多喜の方が事故死した。家斉は将軍職こそ家慶(伊庭剛)に譲っていたが、大御所として政治の実権を握っており、さらに家斉の愛妾・お美代の方(中島ゆたか)の養父・中野石翁(山形勲)が、幕閣を支配していた。政治の腐敗を正すため、寺社奉行の脇坂淡路守(北村和夫)は、隠密の登美(斉藤とも子)を女中として大奥に送り込み、動きを探らせていた。一方、親しくしていた医師・良庵(高松しげお)を石翁に殺された淡路守の甥・新之助(古谷一行)は、石翁への復讐を決意する。新之助は恋仲の謡の師匠・豊春(山口果林)を石翁の屋敷に潜入させる……。

「松本清張のかげろう絵図」(C)東映
松本清張の西海道談綺
放送日:3月3日、3月8日
(1983年・TV・カラー )
原作:松本清張   監督:児玉進   脚本:古田求  
出演:松平健/古手川祐子/風祭ゆき/宮内洋/小泉博/島田順司/苅谷俊介/三波豊和/丹波哲郎/中村敦夫 ほか  

勝山藩士・惠之助(松平健)は上役・服部源左衛門と妻しづの不義を知り、源左衛門を斬り、しづもかつて働いていた鉱山に落として脱藩、天涯孤独な身の上となった。旅の途中、西国の小藩の窮地を救ったことから、茶坊主・宗全に拾われる。直参旗本の養子になった惠之助は、お山方の経験を買われ、公儀の密命を帯びて西国郡代手附として西海道(現在の九州)に向かう。

「松本清張の西海道談綺」(C)国際放映
松本清張の異変街道
放送日:3月4日、3月10日、3月22日
(1993年・TV・カラー )
原作:松本清張  
出演:古谷一行/藤真利子/火野正平/森口瑤子/近藤正臣/丹波哲郎 ほか  

旗本にとっては不名誉な甲府勤番に役替えされた鈴木栄吾(近藤正臣)の病死の知らせが、三浦銀之助(古谷一行)に届いた。さらに甲州身延の七面山で最近栄吾に会ったという江戸両国の水茶屋の主人・利助(沼田爆)が殺される。銀之助と、栄吾に想いを寄せていた芸者のお蔦(藤真利子)は、真相究明のために身延に向かう。七面山の奥には武田一族の隠れ里があった……。

「松本清張の異変街道」(C)松竹
素浪人無頼旅
放送日:3月9日、3月25日
(1991年・TV・カラー )
出演:舘ひろし/片平なぎさ/若林豪/伊藤麻衣子/川野太郎/神田正輝/南野陽子/竹脇無我/渡哲也 ほか  

日光街道を旅する浪人・あざみ鬼十郎(舘ひろし)は、賞金稼ぎの六車大八(川野太郎)と湯方丹膳(若林豪)に付きまとわれていた。かつて、老中・松平和泉守(竹脇無我)配下の隠し目付だった鬼十郎は、ある事情から和泉守を裏切り素浪人となって以来、和泉守の配下や賞金稼ぎに命を狙われる身となっていた。ヤクザ者に絡まれていた鉄火肌の女・お紋(片平なぎさ)を助けた鬼十郎たちは赤目宿に向かう。鶴亀の権六(長門裕之)一家と、相撲取り崩れの坊主・鉄山(龍虎)率いる荒法師集団が対立するこの宿場町で、鬼十郎は鉄山に、大八と湯方丹膳は権六に付く。鬼十郎は、権六の用心棒の雲水・夢幻無心斉(中村嘉葎雄)の罠にかかり、危ういところを柳生宗在(渡哲也)に救われる……。

「素浪人無頼旅」(C)東映
素浪人無頼旅Ⅱ
放送日:3月10日、3月26日
(1992年・TV・カラー )
出演:舘ひろし/増田恵子/井上順/峰岸徹/芦川よしみ/キラーカン/円谷浩/金田賢一 ほか  

かつて、老中配下の隠し目付だった浪人・あざみ鬼十郎(舘ひろし)は、お調子者の浪人・時雨恋之介(井上順)ともに、木曽路を旅していた。越前・勝山藩にさしかかった頃、賞金首の暴れ者を捕らえた鬼十郎の凄腕を見込んだお袖(増田恵子)という女が、尾張への道連れを頼んできた。勝山藩次席家老の娘であるお袖は、城代家老の大井弾正(原田清人)と藩主の弟・小笠原相模守(金田賢一)が藩主を謀殺した証拠の血判状を持って、親藩の尾張藩へ向かう道中だった。勝山藩を乗っ取った弾正は、鬼十郎の命を狙う大目付・本多長門守(中丸忠雄)配下の隠し目付・無明幻斎(浜田晃)と共に、鬼十郎一行を追う……。

「素浪人無頼旅Ⅱ」(C)東映
右門捕物帖(TV長編)
放送日:3月11日、3月22日
(1989年・TV・カラー )
原作:佐々木味津三  
出演:杉良太郎/田村高廣/夏木マリ/白都真理/坂上二郎/長門勇/桜木健一/大出俊/青木義朗 ほか  

正月、流鏑馬でにぎわう鏑木神社で、木の上にいた男が矢で射殺される。居合わせた岡っ引の伝六(坂上二郎)は現場から立ち去ろうとした若い侍を追いかけ、組み付くが逃げられる。伝六から報せを聞いた南町奉行所の同心"むっつり右門"こと近藤右門(杉良太郎)は、番屋で遺体を検分、卍の刺青を見つけ、番屋の様子を伺っていた大工から殺された男は隣家に住んでいた佐吉で、3年前に清次という男に誘われ、子供を残して長崎へ働きに出たまま、居所がわからなくなっていたこと、数日前に若い侍が佐吉を訪ねてきたことを聞きだす。右門と伝六は現場を検証、血の付いた手ぬぐいと"長崎奉行所 石川弥太郎"と名の入った印籠を見つける。さらに南町奉行の神尾元勝(田村高廣)から、佐吉と清次の両名は二年前にポルトガル船を襲って金塊を強奪した海賊の一味で、印籠に記された石川弥太郎は事件直後に役目不行届きで切腹させられた長崎奉行所の同心であることを教えられる……。

「右門捕物帖(TV長編)」(C)東映
影の軍団 服部半蔵
放送日:2月22日、3月1日、3月16日、3月24日、3月29日
(1980年・映画・カラー )
監督:工藤栄一   脚本:高田宏治/志村正浩/山田隆之  
出演:渡瀬恒彦/西郷輝彦/森下愛子/山村聰/緒形拳 ほか  

時は慶安四年、三代目将軍家光の治世。表向きには安泰の徳川政権も、江戸の街には浪人やら押し込み野盗などが溢れ、伊賀忍者の頭目・下の服部半蔵もまた、大名屋敷を専門に狙う盗賊としてそこに棲息していた。そんな中、三代将軍・家光が急死。江戸城内が混乱を極める中、幼少の新将軍・家綱をさらって、権力維持を画策する松平伊豆守と、家綱を守ろうとする補佐役・会津藩主の保科正之とが対立。この老中間の熾烈な権力争いに巻き込まれた忍びの二大勢力"伊賀"と"甲賀"もまた、水面下で激突する!

「影の軍団 服部半蔵」(C)東映
桜ほうさら
放送日:3月17日、3月30日
(2014年・TV・カラー )
原作:宮部みゆき「桜ほうさら」(PHP文芸文庫)   脚本:大森美香  
出演:玉木宏/貫地谷しほり/橋本さとし/萬田久子/市毛良枝/桂文珍/高島礼子/風間杜夫/北大路欣也 ほか  

天保6年の上総国搗根藩。小納戸役を仰せつかる古橋宗左右衛門(桂文珍)は、賄賂を受け取った疑いで、蟄居閉門を命じられ、直筆の受け取り証文が藩主御用達の道具屋から見つかり、自刃する。宗左右衛門の次男・笙之介(玉木宏)は、江戸留守居役の坂崎重秀(北大路欣也)に呼ばれて江戸に出る。父の無実を信じ、その汚名をそそぎたい笙之介は、深川の富勘長屋に住み、書物問屋の村田屋治兵衛(六角精児)から請け負う写本作りの仕事で生計をたてながら、事件の真相究明にあたる……。

「桜ほうさら」(C)NHK
お市御寮人
放送日:3月18日、3月21日、3月28日
(1989年・TV・カラー )
脚本:重森孝子  
出演:古手川祐子/萩原健一/竜雷太/中田喜子/橋爪淳/布施明/音無美紀子/加賀まりこ ほか  

織田信長(萩原健一)は美濃を平定するために、腹違いの妹・お市(古手川祐子)を、近江の浅井長政(橋爪淳)に嫁がせる。姫を産んだ祝いにやってきた信長は、長政に越前の朝倉家が抱える足利将軍の弟・義昭を助け出すよう命じるが、朝倉義景に恩義がある浅井家は窮地に追い込まれる。朝倉攻めを強行した信長に浅井家は援軍を出さず、信長を敬愛し、長政を愛するお市は苦悩する。長政の裏切りを知った信長は、浅井家の籠もる小谷城を攻める……。

「お市御寮人」(C)NTV
奉行暗殺始末
放送日:3月23日
(1983年・TV・カラー )
原作:山本周五郎「いさましい話」  
出演:林与一/新井春美/磯部勉/戸浦六宏/稲葉義男/真田健一郎/山形勲/戸塚孝 ほか  

大浜藩江戸屋敷にいる藩主・伊賀守敦信(磯部勉)のところに国元から急報があった。江戸から赴任してわずか半年の勘定奉行・沢井多門(戸塚孝)が溺死したという。不審を感じた敦信は、多門の親友だった笈川玄一郎(林与一)を新たに勘定奉行に任命、大浜藩に送り込む。だが、迎える藩の重役始め藩士たちは、玄一郎の着任に何故か冷たい目を向ける。多門は暗殺されたのではという疑いを抱く玄一郎は、多門の許婚だった城代家老の娘・松尾(新井春美)を妻にし、真相を突き止めるという大きな賭けに出るが…。

「奉行暗殺始末」(C)国際放映
殿、利息でござる!
放送日:2月5日、2月23日、3月15日、3月24日
(2016年・映画・カラー )
原作:磯田道史「無私の日本人」所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)   監督:中村義洋   脚本:中村義洋/鈴木謙一  
出演:阿部サダヲ/瑛太/妻夫木聡/竹内結子/寺脇康文/きたろう/千葉雄大/橋本一郎/中本賢/西村雅彦 ほか  

仙台藩からの重い年貢に苦しむ宿場町・吉岡宿は、破産、夜逃げが相次ぎ、さびれる一方だった。町の将来を憂う造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、代官に直訴しようとするが、京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治(瑛太)に止められる。ある夜、未亡人のとき(竹内結子)が営む煮売り屋で、十三郎は篤平治から町復興のための策を聞かされる。それは、藩に大金千両を貸し付け利息を得るという夢物語のようなものだった。しかし、十三郎は、肝煎の遠藤幾右衛門(寺脇康文)に策を打ち明け、賛同を得る。さらに大肝煎の千坂仲内(千葉雄大)も仲間に加わり、ひそかに千両集めが始まる……。

「殿、利息でござる!」(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
宿命剣 鬼走り
放送日:3月8日、3月25日
(1981年・TV・カラー )
原作:藤沢周平「隠し剣孤影抄」より   監督:松島稔   脚本:下飯坂菊馬/笠原和夫  
出演:萬屋錦之介/木村理恵/音無美紀子/大木実/佐藤仁哉/真行寺君枝/柳川慶子  

大目付の役を退いた小関十太夫(萬屋錦之介)と、そのライバル伊部帯刀(大木実)。帯刀はかつて、十太夫に汚職を追及され勘定奉行職を罷免されていた。そんな二人の息子同士が、ある日果たし合いをすることになるが、卑劣な罠に掛かった十太夫の息子は斬られてしまう。憤怒した十太夫は、死んだ息子の仇討ちに立ち上がるが…。

若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛
放送日:2月2日、2月9日、2月12日、2月26日、3月15日、3月30日
(1962年・映画・カラー )
原作:城昌幸   監督:松田定次/松村昌治   脚本:鈴木兵吾  
出演:大川橋蔵/松方弘樹/柳家金語楼/田中春男/桜町弘子/佐久間良子/松島トモ子/久保菜穂子/山形勲 ほか  

江戸深川埋立地の歓楽街にて、肥前屋が何者かに殺されたのち、一帯を支配する強大な力を持った唐津屋・越前屋の悪党コンビを相手に、若さまが、秘剣と知恵を十二分に駆使して、その秘密をあばく痛快篇。

「若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛」(C)東映
長七郎江戸日記スペシャル 虫ケラ一匹なればこそ 最後の剣舞い
放送日:2月2日、3月31日
(1991年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/国広富之/金田龍之介/東ちづる/渡辺典子/火野正平/下川辰平 ほか  

祭に出かけた辰三郎(火野正平)は昔なじみのお俊(渡辺典子)とおよそ10年ぶりの再会を果たす。松平長七郎(里見浩太朗)と三宅宅兵衛(下川辰平)に、お俊を紹介する辰三郎であったが、それを見張る浪人の姿があった。翌日、お俊が行き方知れずとなった。長七郎はお俊の寝床に付着した液体が眠り薬であることを見抜く。お俊は忍びによってかどわかされたのだ。果たしてお俊はいずこへ?そしてその目的とは?

「長七郎江戸日記スペシャル 虫ケラ一匹なればこそ 最後の剣舞い」(C)ユニオン映画
長七郎江戸日記スペシャル 海を渡る五十万両
放送日:3月5日
(1984年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/ジュディ・オング/火野正平/野川由美子/芦川よしみ/木之元亮/小池朝雄/竜雷太  

長七郎は、中国拳法を使う覆面の男たちに襲われている男女を救った。この二人、明国の大将軍・鄭成功(木之元亮)とその妻・愛蘭(ジュディ・オング)で、清国に侵略されている故国を救おうと、九州の松浦に隠してある明の軍用金五十万両を運びにきたのだ。二人を襲ったのは、五十万両を横取りしようと企む清国の王泰順(小池朝雄)の一味。故国を思う二人の人柄に打たれた長七郎は松浦目指して旅立つ…。

「長七郎江戸日記スペシャル 海を渡る五十万両」(C)ユニオン映画
長七郎江戸日記スペシャル 長七郎立つ!江戸城の対決
放送日:3月12日
(1984年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/高橋幸治/丹波哲郎/中尾彬/白龍光洋/浜畑賢吉/宮内洋/菅貫太郎/金沢碧/火野正平  

三代将軍・家光の嫡子と名乗る少年・弁之助(白龍光洋)の出現に幕閣は揺れる。この少年の背後では、由比正雪(中尾彬)の一派が糸を引いていた。やがて、弁之助は家光と対面する運びとなるが、家光には嫡子・竹千代がいる。跡目をめぐって御家騒動が起こることを恐れた柳生(丹波哲郎)は弁之助の命を狙う。それを知った長七郎に、権力争いに巻き込まれている少年を放って置くことはできなかった。長七郎の父・駿河大納言忠長は、二代将軍・秀忠が生前、長男・家光よりも次男である忠長を溺愛したことから、将軍の座を巡って御家騒動が起こり自害に追い込まれている。父の死を思い出し、幼い弁之助を救おうと立ち上がる…。

「長七郎江戸日記スペシャル 長七郎立つ!江戸城の対決」(C)ユニオン映画
長七郎江戸日記スペシャル 柳生の陰謀
放送日:3月19日
(1984年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/丹波哲郎/夏木勲/松本伊代/中村竹弥/並木史朗/佳那晃子/火野正平/野川由美子/下川辰平  

酉の市でにぎわう浅草寺境内で、藩主を罵倒していた元風間藩の藩士が殺された。凶器は新式の連発銃で、宅兵衛(下川辰平)が下手人を追うが謎の刺客・諸星一角に殺されていた。銃の刻印から雑賀衆のものと判明するが、雑賀衆は公儀の忍者狩りによって既に滅ぼされている。見え隠れする公儀の思惑と柳生宗冬(丹波哲郎)の陰謀・・・藩士殺しの疑いは風間藩に掛かり、藩の取り潰しが決まった!豪腕の刺客・諸星一角や柳生忍軍が襲い来るなか長七郎は、柳生を、尾張を、向こうに回し、事件の真相と風間藩の危機を救うべく立ち上がる…。

「長七郎江戸日記スペシャル 柳生の陰謀」(C)ユニオン映画
長七郎江戸日記スペシャル 怨霊見参!長七郎・弟と対決
放送日:3月26日
(1985年・TV・カラー )
原作:村上元三  
出演:里見浩太朗/馬淵晴子/斉藤慶子/三田明/中康次/佳那晃子/丹波哲郎/火野正平/下川辰平/髙品格 ほか  

江戸の町に長七郎の亡父・忠長の怨霊という異形の男が現れ、老中が次々に惨殺された。長七郎が旅の母娘・あや(馬淵晴子)とちか(斉藤慶子)を問いただすと、異形の男はなんと長七郎の腹違いの弟・平九郎(中康次)だという。浪人になった松江藩の元家老に踊らされているのだと、平九郎を諭す長七郎だが…。初めて逢った兄弟、刃を交わすことになってしまうのか?!

「長七郎江戸日記スペシャル 怨霊見参!長七郎・弟と対決」(C)ユニオン映画
剣客商売スペシャル 女用心棒
放送日:2月1日、3月6日
(2006年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に迎え、倅・大治郎(山口馬木也)も剣客として独立し、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、大治郎の妻・三冬(寺島しのぶ)は、4人の無頼者に娘が誘拐されそうになっていたところに出くわし、娘を助けて無頼者の一人を取り押さえた。娘の名前はお雪(大西麻恵)といい、江戸でも知られた小間物問屋・山崎屋卯兵衛(江藤潤)の娘であった。三冬からその話を聞いた小兵衛は、身代金目当てを装った事件ではあるが、身内の反抗ではないかと睨む……。

「剣客商売スペシャル 女用心棒」(C)松竹
剣客商売スペシャル 春の嵐
放送日:2月8日、3月13日
(2008年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/平幹二朗/山内としお ほか  

江戸屈指の腕を持つ老剣客・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40も年下の妻・おはる(小林綾子)と気ままな生活を送っていた。ある日、息子・大治郎の名を騙る辻斬りが現れ、大治郎(山口馬木也)は疑惑の目を向けられる……。辻斬りに襲われたのは老中・田沼意次(平幹二朗)との確執が囁かれている松平越中守定信(福士誠治)の家来であった。小兵衛の指図で四谷の弥七(三浦浩一)らが探索を続けた結果、行き着いた先は、小兵衛の古くからの知人・戸羽休庵(松方弘樹)の屋敷であった。

「剣客商売スペシャル 春の嵐」(C)松竹
剣客商売スペシャル 道場破り
放送日:2月15日、3月20日
(2010年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/平幹二朗/木村元/山内としお ほか  

初秋のある日、秋山小兵衛(藤田まこと)はなじみの料亭「不二楼」の裏庭で、まき割りをする貧しい身なりの浪人・鷲巣見平助(中村梅雀)を知り、その人柄の良さと剣の腕前に興味を抱く。一方、小兵衛の息子・大治郎(山口馬木也)と三冬(寺島しのぶ)夫婦宅に出入りする大工・正吉(本田大輔)は病に伏せており、妻のおしの(星野真里)は、医師の高月南里(温水洋一)と薬種問屋主人・小松喜左衛門(渡辺哲)から薬代として法外に高額の支払いを強いられていた。借金に苦しむおしのは、南里から体を売ることをほのめかされて医院を飛び出し、元気なく家に戻った。そんなおしのの姿を物陰から見ていたのは平助だった。翌日、大治郎が同じ流派の間宮道場を訪問したところ、平助が道場破りに現れ、大治郎と立ち会うことになる。かろうじて大治郎の一振りが平助をかすめ、平助は潔く負けを認めて去って行った。その様子を聞いた小兵衛は、平助のもとを訪れ、その身の上話を聞く……。

「剣客商売スペシャル 道場破り」(C)松竹
はぐれ狼
放送日:2月22日、3月27日
(1982年・TV・カラー )
原作:池波正太郎(「顔」より)   監督:小野田嘉幹   脚本:安藤日出男  
出演:中村梅之助/中村玉緒/名古屋章/松山政路/香野百合子/田崎潤 ほか  

旗本の用人だった的場小金吾(中村梅之助)は、主人に嫌気がさして恋人のおゆきを連れ主家を出奔。この時持ち出した公金30両を泊まった宿屋で奪われ、間もなくおゆきは病死する。8年後、小金吾は落ちぶれてゆすり専門の浪人になっている。その彼が何の気なしにゆすろうとした料理屋の主人・半蔵は、実は8年前の盗人だった…。

「はぐれ狼」(C)ユニオン映画