岡田准一主演 映画「散り椿」

「用心棒」などの黒澤明の名作に従事してきた日本映画界の重鎮・木村大作と、時代劇を背負う存在感と卓越したアクションを兼ね備える岡田准一がタッグを組んだ、大作時代劇映画がお正月に登場!

「用心棒」「椿三十郎」といった黒澤明の名作に従事してきた日本映画界の重鎮・木村大作が、岡田准一とタッグを組み、満を持して挑んだ監督として“初”の時代劇映画に、麻生久美子、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、そして石橋蓮司、富司純子といった大御所まで、日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。

特に必見はクライマックスを中心とした殺陣。アクションに定評のある岡田自ら演出を考えたというその殺陣は、木村監督が岡田准一の名を「殺陣」にクレジットしたほど!

さらに、木村大作監督による、ここでしか観られない特別インタビュー番組「『散り椿』TV初放送記念 木村大作、散り椿そして映画人生を語る」も放送!
今秋には、今年度の文化功労者に選ばれ、尚も映画への情熱絶えぬ邦画界のレジェンドが「散り椿」の舞台裏はもちろん、時代劇や映画への熱い思いを語ります!


スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
「散り椿 ※本編前後、木村大作監督SPインタビューあり」(C)2018「散り椿」製作委員会

散り椿(2018年:映画)

TV初 カラー HD 字幕
  • 監督・撮影:木村大作
    脚本:小泉堯史
    原作:葉室麟(「散り椿」角川文庫刊)
    音楽:加古隆
    出演:岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子 
       緒形直人 柳楽優弥 芳根京子 駿河太郎 渡辺大
       石橋蓮司 / 富司純子 奥田瑛二

【あらすじ】
享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。「采女様を助けていただきたいのです……」と。采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春―ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた―。

「散り椿」TV初放送記念
木村大作、散り椿そして映画人生を語る

映画本編とあわせて、木村大作監督による、 ここでしか観られない特別インタビュー も放送!
昨年、「撮影技師・映画監督」として文化功労者に選ばれ、尚も映画への情熱絶えぬ邦画界のレジェンドが、「散り椿」の舞台裏はもちろん、時代劇や映画への熱い思いを語ります!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー