近年地上波では放送される機会が減ってきたが、それでも日本人なら観たくなってしまうのが「忠臣蔵」。時代劇専門チャンネルでは例年同様、どこよりも手厚い忠臣蔵特集をお届けします!
イチオシはなんといっても東映オールスター時代劇の傑作「赤穂浪士」(1961)。東映時代劇黄金期の、その中でもまさに最盛期といえる1961年に公開された本作は、スターの質・量、そして脚本やセットの豪華さなどどれをとってもほかに比類なき、これぞ「忠臣蔵映画の最高峰」と呼べる作品です。ほかにも、忠臣蔵作品を多数ラインナップ!

さらに大晦日にはなんと「忠臣蔵祭り2020」放送作品をあさ6時から20時間一挙放送!日本の師走の風物詩、忠臣蔵で2020年を締めくくります。
忠臣蔵は時代劇専門チャンネルでお楽しみください!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
赤穂浪士
放送日:12月6日、12月20日、12月31日、1月10日、1月30日
(1961年・映画・カラー )
原作:大佛次郎   監督:松田定次   脚本:小国英雄  
出演:片岡千恵蔵/市川右太衛門/中村錦之助/大川橋蔵/東千代之介/月形龍之介/大友柳太朗 ほか  

勅使饗応役を命ぜられた浅野内匠頭(大川橋蔵)は、作法指南役の吉良上野介(月形龍之介)の度重なる屈辱にたえかね松の廊下で上野介に刃傷に及び、切腹を命じられる。悲報を受けた城代家老大石内蔵助(片岡千恵蔵)と家臣たちは殉死を決意する。内蔵助とかつて親友だった上杉家の家老千坂兵部(市川右太衛門)は清水一角に命じ、腕ききの浪人者を集め、上野介の身辺を守らせた。内蔵助は、殉死を誓った同志に仇討ちの意志を打明け、城を明渡す。内蔵助は京都山科に居を構え、祇園一力茶屋で遊蕩の日々を送り妻子も離別した。その中で、ただ一人兵部だけは内蔵助の心中を知っていた。東下りした内蔵助は討入りを決意し、瑶泉院を訪れ言外に今生の別れをとげた。元禄十四年十二月十四日、大雪の中を本所松坂町の吉良邸に討入った…。

「赤穂浪士」(C)東映
大石内蔵助 冬の決戦 前編
放送日:12月15日、12月31日
(1991年・TV・カラー )
脚本:田向正健  
出演:平幹二朗/大原麗子/別所哲也/菊池桃子/真野あずさ/林与一/菅原謙次/柴俊夫 他  

元禄14年3月14日、浅野家城代家老・大石内蔵助(平幹二朗)が、何も知らぬ間に事件は起こっていた。主君・浅野内匠頭が江戸城松之廊下にて刃傷事件を起こし、切腹に処せられたのである。その知らせが届き、3日間に渡る赤穂城の大会議では、無血開城と浅野家再興などが決議され、藩士は赤穂を去っていった。大石は京・山科に居を移して浅野家再興を願うが、待つこと1年4ヶ月、ついに討ち入りを決断した。

「大石内蔵助 冬の決戦 前編」(C)NHK
大石内蔵助 冬の決戦 後編
放送日:12月16日、12月31日
(1991年・TV・カラー )
脚本:田向正健  
出演:平幹二朗/大原麗子/別所哲也/菊池桃子/真野あずさ/林与一/菅原謙次/柴俊夫 他  

元禄14年3月14日、浅野家城代家老・大石内蔵助(平幹二朗)が、何も知らぬ間に事件は起こっていた。主君・浅野内匠頭が江戸城松之廊下にて刃傷事件を起こし、切腹に処せられたのである。その知らせが届き、3日間に渡る赤穂城の大会議では、無血開城と浅野家再興などが決議され、藩士は赤穂を去っていった。大石は京・山科に居を移して浅野家再興を願うが、待つこと1年4ヶ月、ついに討ち入りを決断した。

「大石内蔵助 冬の決戦 後編」(C)NHK
堀部安兵衛
放送日:12月17日、12月31日
(2007年・TV・カラー )
原作:池波正太郎『堀部安兵衛』(新潮文庫刊)  
出演:小澤征悦/宇梶剛士/松尾れい子/新妻聖子/中村梅雀/伊武雅刀/北村和夫/松方弘樹/早乙女太一 ほか  

越後新発田。14歳の中山安兵衛(早乙女太一)の面前で、無実の罪を着せられた父・弥次右衛門(勝野洋)が切腹して果てる。早くに母を亡くしていた安兵衛は孤児となり、藩を出奔する。4年後、江戸に出た安兵衛(小澤征悦)は旗本への奉公が決まったが、剣客・中津川祐見(宇梶剛士)の誘いに乗ってしまい職を失い旅に出る。やがて初恋の女・お秀(松尾れい子)に再会するが、中津川とお秀は通じ合っており、安兵衛は逃げた二人を追う。追いついたものの、返り討ちにあいそうになった安兵衛を助けてくれたのは、伊予西条藩の菅野六郎左衛門(松方弘樹)だった。やがて安兵衛と義理の叔父甥の関係を結んだ菅野が果たし合いを挑まれる。その背後には宿敵・中津川の計略があった。安兵衛は、決闘の地、高田の馬場へと向かう……。

「堀部安兵衛」(C)NHK  原作 池波正太郎 「堀部安兵衛」新潮文庫刊
忠臣蔵(主演:北大路欣也)
(1996年・TV・全10話・カラー )
出演:北大路欣也/緒形直人/麻乃佳世/梶芽衣子/平幹二朗/世良公則/渡辺謙/丹波哲郎/池上季実子 ほか  

勅旨接待の大役を仰せつかった赤穂藩主・浅野内匠頭(緒形直人)は、御指南役・吉良上野介(平幹二朗)から執拗ないやがらせを受け続け、我慢に我慢を重ねたが、遂に松の廊下において刃傷に及んでしまった。内匠頭は即日切腹を命じられ、その話は遠く百五十里先の赤穂の大石内蔵助(北大路欣也)の元へ届いた。主君の恨みを内に秘めた内蔵助は、艱難辛苦の道を歩む。そして1年9ヶ月の歳月が流れた元禄15年12月14日、赤穂浪士四十七人は、主君の仇を討つべく、吉良邸へ向かうのであった。

「忠臣蔵(主演:北大路欣也)」(C)東映