土曜特別席 3週連続! 怒涛の「大魔神」 土曜特別席 3週連続! 怒涛の「大魔神」

7月6日(土)よる6:00~
~ボーっと見てると、大魔神に叱られる! ~
3週連続!怒涛の「大魔神」
戦国時代劇に、特撮スペクタクルを見事に融合させた傑作として、あまりに有名な「大魔神」。だからといって、知ったような気分になり、本当は見ていない日本人や、うろ覚えな日本人の何と多いことか。大魔神に、叱られる前に、どうかこの3部作をしっかり見て欲しい。巷では、手の込んだCGで突如顔を巨大化させ、怒り叫ぶ女の子のテレビ番組が流行しているが、顔が怖い特撮の元祖と言えば、この「大魔神」である。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
大魔神
放送日:7月6日、7月11日、8月10日
(1966年・映画・カラー )
監督:安田公義   脚本:吉田哲郎  
出演:高田美和/青山良彦/藤巻潤/五味龍太郎/島田竜三/遠藤辰雄/伊達三郎/出口静宏 ほか  

戦国の頃、丹波・花房領での祭の夜、家老の大館左馬之助とその一味は謀反を起こす。両親を討たれた幼い忠文と小笹は、巫女の信夫とともに狼谷の洞窟にひそんで成長する。この山には魔神を封じた巨大な武神像がまつられており、領内に災いある時は防いでくれるという伝説があった。左馬之助ら悪の勢力が栄える一方、領民たちは困窮をきわめていた。その時、少女・小笹の祈りに応えて武神像に魔神が乗り移り、大魔神が誕生! 大魔神は城下へ暴れ込み、すさまじい復讐をはじめる。

「大魔神」(C)KADOKAWA 1966
大魔神怒る
放送日:7月13日、7月18日、8月10日
(1966年・映画・カラー )
監督:三隅研次   脚本:吉田哲郎  
出演:本郷功次郎/藤村志保/内田朝雄/北城寿太郎/藤山浩二/神田隆/橋本力/平泉征 ほか  

戦国動乱の頃。人々が圧制に苦しむ御子柴領。そこでは隣国の千草領に逃げようとする人が絶えなかった。平和な千草領には若き城主・千草十郎と許婚の早百合が暮らし、その八雲の湖には武神像が守り神として祭られていた。ある晩、御子柴弾正は千草領に攻め込み悪の限りをつくし、十郎や早百合たちを火祭の刑に処そうとする。弾正らの手によって破壊された武神像が湖に沈んだとたん…湖が裂け、大地をゆるがし、怒りに燃えた大魔神がその姿を現した。

「大魔神怒る」(C)KADOKAWA 1966
大魔神逆襲
放送日:7月20日、7月25日、8月10日
(1966年・映画・カラー )
監督:森一生   脚本:吉田哲郎  
出演:二宮秀樹/堀井晋次/飯塚真英/長友宗之/山下洵一郎/安部徹/名和宏/ 北林谷栄/守田学ほか  

大雪・洪水などの災害が、全て魔の山に棲む荒神のしわざと信じられていた頃…。荒川飛騨守は近隣諸国を侵略しようと企み、瓜生の里の村人達を捕らえて武器作りに酷使していた。そこで、鶴吉・大作・金太・杉松ら4人の子供は、自分達で村の人々を救い出そうと、“魔神の御山”を越える決死の旅立ちを決意する。ところが、道中数々の困難に見舞われ、遂に鶴吉が自らの身を神に捧げて神の怒りを鎮めようとした時…武神像が腕を振り上げ憤怒の形相に変わり、神の使いの鷹が現れると共に吹雪が起こり、地響きをたてて大魔神がやって来た。

「大魔神逆襲」(C)KADOKAWA 1966