3ヶ月(4-6月)連続企画 <藤田まこと 時代劇の仕事> 3ヶ月(4-6月)連続企画 <藤田まこと 時代劇の仕事>

俳優・歌手・コメディアンなど、様々な顔を持つ藤田まこと。中でも特に時代劇俳優としては、ご存じ「剣客商売」や「必殺シリーズ」などの代表作があり、大きな足跡を残した。当チャンネルではこの4月から3ヶ月に渡って、彼の代表作にスポットをあてた特集をお届け。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
剣客商売スペシャル 助太刀
放送日:4月6日
(2004年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に娶って、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛はかつての剣友・酒井善蔵(蟹江敬三)との再会を果たす。善蔵は大病を患って道場を閉めていたが、娘婿の忠兵衛(山田純大)が道場を再興し、ようやく幸せな日々を取り戻したのであった。その頃、小兵衛の息子・大治郎(山口馬木也)は、林牛之助(益岡徹)と出会い、その人柄にひかれる。林は父の仇を討たんとする中島伊織(石田法嗣)の後見人を務めており、大治郎は二人を思って仇を探し出すが、その相手とは以外なことに忠兵衛であった。

「剣客商売スペシャル 助太刀」(C)松竹
剣客商売スペシャル 母と娘と
放送日:4月13日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、懇意にしている医師・小川宗哲(島田順司)宅で、村松太九蔵(夏八木勲)と出会う。太九蔵は、重い病に冒され、余命一ヶ月の猶予しか残されていなかった。後日、小兵衛は息子・大治郎の妻である三冬と共に太九蔵を見舞う。太九蔵宅には母の顔を知らぬという娘のさよ(宮本真希)がいた。田沼意次の妾腹の子として生まれた三冬は、さよに自分と同じ境遇を見る。その太九蔵の家を、謎の女絵描き・瀬川幽仙(松原智恵子)が影ながら見守っていた。その頃、大治郎は、食いつめ浪人どもに襲われそうになっていた若い浪人・永井源太郎(高杉瑞穂)を助けるが……。

「剣客商売スペシャル 母と娘と」(C)松竹
剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場
放送日:4月20日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、道場をたたみ、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛は妻のおはる(小林綾子)と共に、侍同士の果し合いに出くわす。素浪人・羽賀儀平(宍戸開)は見事な剣さばきで一瞬のうちに相手を打ち倒し、小兵衛をも瞠目させる。羽賀はその様子を見ていた旗本・久世帯刀(立川三貴)の家来・谷万右衛門(石倉三郎)の推挙により、久世に仕える身となった。久世は羽賀の腕のほどを同じ旗本寄合組の高木筑後守(菅野菜保之)に自慢するが、そのことが発端となり、羽賀は無外流を使う高木臣下の剣豪・吉村弥惣治(内藤剛志)と真剣で決闘することになってしまう。吉村は小兵衛のかつての弟子であった。ことを聞きつけた小兵衛は無益な争いを止めさせようと奔走するが……。

「剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場」(C)松竹
剣客商売スペシャル 女用心棒
放送日:4月27日
(2006年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に迎え、倅・大治郎(山口馬木也)も剣客として独立し、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、大治郎の妻・三冬(寺島しのぶ)は、4人の無頼者に娘が誘拐されそうになっていたところに出くわし、娘を助けて無頼者の一人を取り押さえた。娘の名前はお雪(大西麻恵)といい、江戸でも知られた小間物問屋・山崎屋卯兵衛(江藤潤)の娘であった。三冬からその話を聞いた小兵衛は、身代金目当てを装った事件ではあるが、身内の反抗ではないかと睨む……。

「剣客商売スペシャル 女用心棒」(C)松竹
千利休とその妻たち
放送日:4月20日
(1983年・TV・カラー )
原作:三浦綾子   脚本:服部佳  
出演:藤田まこと/栗原小巻/水谷良重(現・水谷八重子[二代目])/小沢栄太郎/山田五十鈴/沖田浩之/太川陽介  

夫を亡くし、息子・吉兵衛(沖田浩之)と共に堺に戻ってきたおりき(栗原小巻)は、豪商の千宗易(藤田まこと)と再会する。お稲(水谷良重)という妻がある身ながら宗易は、おりきへの想いを隠せず親身となる……。

「千利休とその妻たち」(C)カンテレ
赤ひげ(主演:藤田まこと)
放送日:4月20日
(1997年・TV・カラー )
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」  
出演:藤田まこと/高嶋政宏/馬野裕朗/小川範子/島田順司/小林綾子/長山藍子 他  

幕府直轄の医療施設・小石川養生所では、通称「赤ひげ」と呼ばれている医長の新出去定(藤田まこと)のもと、5人の医者と、見習医や、新入の保本登(高嶋政宏)が、多くの患者を診察していた……。 小石川養生所の経費が削減されることになり憤然とする「赤ひげ」こと医長の新出去定は、重体の蒔絵師・六助を、長崎遊学から帰ってきたばかりの新入りの医師・保本に診させる。だが六助は末期のガンで、治療も空しく息を引きとった。実は保本には婚約者がいたが、遊学から帰ってくると彼女は別の男と結婚していた。彼女の妹・まさをが詫びに来ても話も聞こうともしない保本に赤ひげは……。

「赤ひげ(主演:藤田まこと)」(C)東映