<「殺すな」劇場上映・TV初放送 直前企画>「橋ものがたり」シリーズ3作品一挙放送

「橋」を舞台に、市井の人々の出会いと別れを紡ぎ出す――。
藤沢周平原作の新作オリジナル時代劇「殺すな」≪1.28劇場上映≫&≪2.1TV初放送≫を前に、これまでに映像化された『橋ものがたり』3作品を一挙にお届け。

いずれも「橋」を重要な舞台としつつ、家族、老年、若者と、色合いの異なる物語が紡がれていく3作品。シリーズ最新作「殺すな」とあわせて、藤沢周平の“市井もの”の世界をより深く味わうことのできるこの機会、お見逃しなく!

1月23日(日)・30日(日)よる7時 2週連続放送

『橋ものがたり』特設サイトはこちら
殺すな殺すな

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
小さな橋で
放送日:1月23日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平「小さな橋で」(新潮文庫刊/実業之日本社刊『橋ものがたり』所収)   監督:杉田成道   脚本:小林政広  
出演:松雪泰子/田中奏生 藤野涼子/江口洋介  

父・民蔵が姿を消してから4年、10歳の少年・広次は母・おまき、姉・おりょうと3人で暮らしている。飲み屋で懸命に働きながらも自分の元を去った父に恨み言をこぼす母。広次はそんな母を複雑な思いでみつめていた。 そんなある日、母とのいさかいが絶えなかった姉・おりょうも、妻子持ちの男と駆け落ちしてしまう。姉をも失った母は心身ともに疲れ果て、飲み屋の常連客にすがろうとする。そんな母の様子に、広次は嫌気がさし、家の仕事を放り出して葭原で寝転んでいると、男たちに追われている父と偶然再会する…。

「小さな橋で」(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹  藤沢周平(R)
吹く風は秋
放送日:1月30日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平「吹く風は秋」(新潮文庫刊/実業之日本社刊『橋ものがたり』所収)   監督:鈴木雅之   脚本:金子成人  
出演:橋爪功/臼田あさ美/波岡一喜/大路恵美/吉村涼/今里真/鶴田忍/田山涼成/岩松了/杉本哲太 ほか  

壺振り師の弥平は、親分を裏切ったほとぼりを冷まそうとしばらく江戸を離れていた。しかし老境に差しかかり、住み慣れた土地への郷愁にかられ、決死の覚悟で再び江戸へと橋を渡った。 江戸に舞い戻ったその日、弥平はとある女郎屋の前で、夕焼けを眺めるおさよという女と出会う。おさよは小間物屋を開いた夫の借金の形として自ら身を売った女だった。亡くした女房とどこか重なるおさよが気になった弥平は、後日、おさよの夫と子供が暮らすという長屋を訪ねる。だが、そこで見たのは、働きもせず博打に明け暮れる不実な夫の姿だった。

「吹く風は秋」(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹  藤沢周平(R)
小ぬか雨
放送日:1月30日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平「小ぬか雨」(新潮文庫刊/実業之日本社刊『橋ものがたり』所収)   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:北乃きい/永山絢斗/仁科貴/中原果南/佳島みさ/上杉祥三/本田博太郎  

両親を早くに亡くしたおすみは、娘らしい華やかな思い出もないままに育った。今は、伯父に任された履物屋で一人住まいをしている。自らの意思とは関係なく、がさつな職人・勝蔵との縁談も決まり、将来に希望を抱くこともない生活を送っていた。ある夜、おすみの家に突然若い男が逃げ込んでくる。「喧嘩をして追われているのでかくまってほしい」と言う小綺麗な身なりをしたその男は、 おすみを"お嬢さん"と呼んだ。その響きに、おすみは心の揺らぎを覚える。危険はないように思え、かくまうことにしたおすみだが、やがて男の名は新七と言い、人を殺めて追われていることを知る。

「小ぬか雨」(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 藤沢周平(R)