勤労感謝だぜ!「必殺スペシャル」オールナイト 勤労感謝だぜ!「必殺スペシャル」オールナイト

勤労感謝の日―。
それは「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」ために定められた国民の祝日である。
働き方改革も施行された今年、時代劇専門チャンネルはこの祝日の趣旨を遂行すべく本企画を実施することとした。
この企画の目的は、昼行燈と呼ばれながら奉行所に勤務しつつ夜は裏稼業で「仕事」を遂行している中村主水をはじめとした仕事人たちの勤労に敬意を表し、日頃の感謝をこめて視聴者全員で彼らの「仕事」を讃えるものである。

片岡孝夫・笑福亭鶴瓶・本田博太郎といった豪華ゲスト、後にレギュラー入りする滝田栄の初登場、大規模な仕掛けなどシリーズ版にはない豪華な仕事ぶりにもご注目いただきたい。

11月23日(土・祝)よる10:00~翌あさ4:10

必殺スペシャル 大暴れ仕事人!横浜異人屋敷の決闘
放送日:10月3日、10月13日、10月26日、11月2日、11月23日
(1990年・TV・カラー )
出演:藤田まこと/村上弘明/鮎川いずみ/滝田栄/片岡孝夫(現・仁左衛門) /波乃久里子/舛添要一 ほか  

時は幕末。攘夷浪人による暗殺が横行する中、「闇の会」は解散となり、中村主水(藤田まこと)たちは仕事人の廃業を決意する。そんな折、主水は浪士隊を結成した北辰一刀流の使い手・清河八郎(滝田栄)と出会う。主水は上司の鬼塚(西田健)と田中(山内としお)に呼び出されて、50両の支度金と共に、半ばクビ同然で浪士隊へと転職するが、清河と意気投合して行動を共にする。だが、幕閣の松平主悦介(中尾彬)は、清河率いる倒幕派の壊滅を目論んでいた。

「必殺スペシャル 大暴れ仕事人!横浜異人屋敷の決闘」(C)ABCテレビ/松竹
必殺スペシャル 勢ぞろい仕事人!春雨じゃ、悪人退治
放送日:10月10日、10月20日、10月27日、11月2日、11月23日
(1990年・TV・カラー )
出演:藤田まこと/鮎川いずみ/笑福亭鶴瓶/滝田栄/近藤正臣/前田吟/川上麻衣子/荻島真一/菅井きん ほか  

中村主水(藤田まこと)は十手を盗まれたことで、蟄居(謹慎)を命じられる。その頃、米問屋の伊勢屋(綿引勝彦)は米相場を高騰させるべく、天文方の高橋景保(前田吟)に、ウソの予報を流すよう大金を積むが……。一方、「闇の会」は、シーボルトの殺しを依頼され、その仕事を引き受けた仕事人・鶴(笑福亭鶴瓶)が長崎に向かっていた。

「必殺スペシャル 勢ぞろい仕事人!春雨じゃ、悪人退治」(C)ABCテレビ/松竹
必殺スペシャル 仕事人VSオール江戸警察
放送日:11月11日、11月23日、11月30日
(1990年・TV・カラー )
出演:藤田まこと/鮎川いずみ/笑福亭鶴瓶/田村亮/滝田栄/光本幸子/本田博太郎/大出俊/米倉斉加年 ほか  

天保の改革が発令され、鳥居耀蔵(米倉斉加年)が無頼の徒を厳しく取り締まっていた。そんな中、加代(鮎川いずみ)は仕事を請けるが、中村主水(藤田まこと)や鶴(笑福亭鶴瓶)は耀蔵を恐れて辞退してしまう。加代は、太棹の新之助(田村亮)、駒吉(光本幸子)、剃刀の辰(本田博太郎)の仕事人を集めて、屋敷へ忍び込むが、それは鳥居が仕掛けた仕事人捕縛の罠であった。

「必殺スペシャル 仕事人VSオール江戸警察」(C)ABCテレビ/松竹