~没後10年~十八代目中村勘三郎

歌舞伎役者 十八代目中村勘三郎の没後10年にあわせて主演時代劇3作品を特集放送。
芸達者な勘三郎が時代劇で魅せる、笑いあり、涙ありの、人情味あふれる芝居の数々をご堪能ください。

12月5日(月)午後2時より3週連続放送!

やじきた道中 てれすこ」はスカパー!番組配信でもお楽しみいただけます。
配信期間:2022年12月19日(月)16:00~2023年1月2日(月)13:59

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
森の石松
放送日:12月5日、12月21日、1月15日
(1992年・カラー )
監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:中村勘九郎(十八代目勘三郎)/火野正平/野村真美/古谷一行/中村玉緒/岸部一徳/石橋蓮司 ほか  

ある日、森の石松(中村勘九郎〈十八世勘三郎〉)は次郎長親分(古谷一行)から、四国の金比羅様へ刀を奉納するよう頼まれる。バカ正直で情にモロい石松は、幼なじみ・お春(野村真美)への淡い恋心を抱きつつ、親分の名代という大役に勇んで旅立っていく。無事に親分の使いを終えた帰り道、身受山の鎌太郎(中村橋之助)から、次郎長の死んだ女房の香典にと百両を持たされる。だが、その金を浜松の兄弟分に貸したことで…。

「森の石松」(C)松竹
河井継之助 駆け抜けた蒼龍
放送日:12月12日、12月22日、1月15日
(2005年・カラー )
監督:松原信吾   脚本:金子成人  
出演:中村勘三郎/唐沢寿明/稲森いずみ/伊藤英明/京野ことみ/神山繁/中村獅童 ほか  

越後長岡藩。26歳の藩士・河井継之助(中村勘三郎)は、才覚と大胆な行動力で出世していくが、世の中は動乱の時代を迎えていた。やがて幕府が大政を朝廷に奉還する中、家老になった継之助は、藩政と兵制の改革を進めていき、藩を永世中立を国是とするスイスのような国にしようと決意する。継之助の武装中立の方針に対し、藩内では、会津と共に戦うべしとする強硬派と、新政府への恭順を求める勢力が対立し、ついに会津藩と新政府軍の戦闘に巻き込まれていく……。

「河井継之助 駆け抜けた蒼龍」(C)松竹
やじきた道中 てれすこ
放送日:12月19日、12月23日、1月22日
(2007年・カラー )
監督:平山秀幸  
出演:中村勘三郎/柄本明/小泉今日子/ラサール石井/淡路恵子/間寛平 ほか  

花魁のお喜乃(小泉今日子)は、新粉細工職人の弥次さん(中村勘三郎)に新粉で偽物の指を作らせては、想いの深さを示す“切り指”だと、お客に渡して金をせしめていた。そんな関係の二人、実は相思相愛であったが、互いに気持ちを言い出せないでいた。意を決したお喜乃は弥次さんに、病床に伏せている父を見舞いたいと偽り、足抜けをして沼津へ行くことに。そんな矢先、弥次さんは、幼馴染で売れない歌舞伎役者の喜多さん(柄本明)と再会する。弥次さんとお喜乃、そして上方で今一度芸を学ぼうとする喜多さんを交えた3人の珍道中がはじまる――。

「やじきた道中 てれすこ」(C)「てれすこ」講中