北大路欣也主演「剣客商売 婚礼の夜」

池波正太郎の「鬼平犯科帳」と並ぶ代表作「剣客商売」の北大路欣也版第六作目、「婚礼の夜」が早くもBS・CS初放送!
今作は、大治郞の友である浅岡鉄之助(あさおか・てつのすけ/内田朝陽)が物騒な浪人たちに付け狙われることを中心に展開していく。本来であれば、小兵衛が一肌脱ぐところだが、今回は「友のために動くも動かぬも大治郞の思惑次第」として小兵衛は大治郞に一任。これまでのシリーズとは少し趣向を変え、息子・大治郞の成長物語として描かれる側面もある点が見どころの一つ。
男装の武芸者・佐々木三冬に瀧本美織、主人公・秋山小兵衛の息子・大治郎に高橋光臣という新・レギュラーを迎え、さらなる進化を遂げたシリーズ最新作。「女を忘れて獣のように演じた」という瀧本と、北大路に「出来すぎな息子」と絶賛された高橋から目が離せない!

2021年1月1日(金・元日)よる6時 BS・CS初放送! ほか

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
剣客商売 婚礼の夜
放送日:1月1日、1月9日、1月16日
(2020年・TV・カラー )
原作:池波正太郎「婚礼の夜」(新潮文庫『剣客商売③ 陽炎の男』所収)   監督:山下智彦   脚本:金子成人  
出演:北大路欣也 貫地谷しほり 瀧本美織 高橋光臣 古谷一行 國村隼  

秋山小兵衛(北大路欣也)は、旧知の目明かし・弥七(山田純大)らが、最近起きた僧侶が殺害され、金銭を盗まれた事件を追っていることを知る。弥七によれば、事件の犯人とおぼしき浪人たちが付け狙う人物が、息子・大治郞(高橋光臣)の「秋山道場」に入っていったという。小兵衛は大治郞にそのことを伝えると、浪人たちが狙っているのは浅岡鉄之助(内田朝陽)ではないかと答える。大治郞は、剣術の修行で諸国を回っていた際に、食客として大阪の道場にいた浅岡と知り合った。浅岡は江戸で仕官の誘いがあったものの、自分に武家勤めができるのか不安に感じている上に、誘いを断れば友である大治郞と別れ大阪に戻らなければならないと思い悩んでいる様子。そんな謙虚で友思いの浅岡が、物騒な浪人に付け狙われることに納得がいかない一同。果たして、浅岡が浪人たちに付け狙われる真相とは?そして、小兵衛と大治郞は、浅岡を救うことができるのか!?

「剣客商売 婚礼の夜」(C)フジテレビ/松竹