<2月-3月>2ヶ月連続企画 黒澤明、その殺陣の世界

2020年文化功労者に選出された日本を代表するキャメラマン・映画監督、木村大作。
その木村大作が自らの重要な原点として繰り返し名前をあげるのが、日本が世界に誇る巨匠・黒澤明だ。

時代劇専門チャンネルは、この度、貴重な木村大作監督のスペシャルインタビューを実施。
2月7日(日)午後2時より 木村監督の最新作「散り椿」と共に放送 ※初回:12月30日のリピート放送)
そして、このインタビューと併せて是非観て頂きたい2ヶ月にわたる黒澤明作品の特集放送をお届けする。

放送作品は2月の「椿三十郎」、そして3月放送の「用心棒」の2作品。
撮影助手として黒澤作品の現場に携わった木村監督にしか語ることのできない、濃密な「黒澤論」が展開された今回のインタビューでも、特に力強く語られたのが、この2作と「殺陣」についてだ。
これらは、それまでの常識を覆す斬新な殺陣で時代劇のみならず世界のアクション史に革命を起こした作品であり、黒澤明における「殺陣の真髄」と言える作品。
まだ黒澤作品を観たことが無いという方も、誰の目から観ても理屈抜きに驚き、楽しめるこの2作品の殺陣をきっかけに、その魅力に触れてみてはいかがだろうか。
映画界、エンタメ界が苦境に立たされている今こそ、「世界のクロサワ」を自宅でゆっくりお楽しみください。

【3月放送予定作品】
「用心棒」(1961年:映画:モノクロ) 
監督:黒澤明 脚本:菊島隆三/黒澤明
出演:三船敏郎/仲代達矢/東野英治郎/山田五十鈴/司葉子/加東大介/河津清三郎/山茶花究 ほか

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
椿三十郎
放送日:2月14日、2月21日
(1962年・映画・モノクロ )
原作:山本周五郎(「日々平安」より)   監督:黒澤明   脚本:菊島隆三/小國英雄/黒澤明  
出演:三船敏郎/仲代達矢/加山雄三/団令子/志村喬/藤原釜足/入江たか子/田中邦衛 ほか  

ある夜、薄暗い社殿で密議をこらしていた井坂伊織(加山雄三)、寺田文治(平田昭彦)、保川邦衛(田中邦衛)ら9人の若侍。井坂は、汚職している次席家老や国許用人粛正の訴えは、城代家老の睦田(伊藤雄之助)には相手にされなかったが、大目付の菊井(清水将夫)には、わかってもらえたことを告げ、皆意気上がる。そこに社殿の奥から浪人(三船敏郎)が現れ、大目付こそ黒幕かもしれないと言う。浪人がにらんだとおり、すでに社殿は大目付の手勢に取り囲まれていた。はやる若侍たちを隠れさせ、次々に手勢を叩き伏せて、引き揚げさせた浪人は、信念を貫こうとする彼らに同情し、味方となる……。

「椿三十郎」(C)1962 東宝