11月5日(月)よる11:00ほか
1日の終わりに選び抜かれた至高のエンターテインメント時代劇が楽しめる「時代劇プレミアム23」。
11月は数々の映画、ドラマ、CMに出演し続けている人気女優・宮﨑あおい主演の「蝶々さん〜最後の武士の娘〜」「眩(くらら)~北斎の娘~」の2作品をCS初放送!両作品とも真っ直ぐ自分の信念を貫き、凛とした美しい女性が描かれており、宮﨑あおいはまさにハマり役!彼女の魅力を存分に味わうことが出来る2作品を是非ともご堪能ください!

蝶々さん~最後の武士の娘~ 前編 誇りの代償
放送日:11月5日、11月24日、12月29日
(2011年・TV・カラー )
原作:市川森一   脚本:市川森一  
出演:宮﨑あおい/伊藤淳史/イーサン・ランドリー/戸田恵子/野田秀樹/藤村志保/西田敏行  

プッチーニ作のオペラ「蝶々夫人」のヒロインを描いた市川森一の小説「蝶々さん」を映像化。
時代の奔流にのまれながらも、次々に訪れる悲運にあらがい、己の誇りと愛を貫き通した女性・伊東蝶の生きざまが、彼女の目線から丁寧に描かれていく。

「蝶々さん~最後の武士の娘~ 前編 誇りの代償」(C)NHK
蝶々さん~最後の武士の娘~ 後編 遠いアメリカ
放送日:11月6日、11月24日、12月29日
(2011年・TV・カラー )
原作:市川森一   脚本:市川森一  
出演:宮﨑あおい/伊藤淳史/イーサン・ランドリー/戸田恵子/野田秀樹/藤村志保/西田敏行  

名作オペラ「蝶々夫人」のヒロインを、新たな視点で描くドラマの後編。
フランクリンと結婚した蝶々(宮﨑あおい)は長崎で夫を待つ決意をするが…。
武士の娘・蝶々の人生の結末とは―。

「蝶々さん~最後の武士の娘~ 後編 遠いアメリカ」(C)NHK
眩(くらら)~北斎の娘~
放送日:11月7日、11月24日、12月30日
(2017年・TV・カラー )
原作:朝井まかて「眩」(新潮社刊)   脚本:大森美香  
出演:宮﨑あおい/松田龍平/三宅弘城/西村まさ彦/野田秀樹/余貴美子/長塚京三 ほか  

「この世は、円と線でできている―」
そう弟子たちに教えるのは、天才絵師・葛飾北斎。幼いお栄は、北斎の膝の上に抱かれてその言葉を聞いた。
のちに画家・葛飾応為(かつしかおうい)として知られるお栄(おえい)は北斎の三女。本作は絵に魅了されたお栄が、偉大な父を陰で支えながら、独自の表現にたどりつくまでの半生を描く。

「眩(くらら)~北斎の娘~」(C)NHK 原作 朝井まかて『眩』(新潮社刊)