仲代達矢劇場

86歳にして主演を務めた時代劇最新作「帰郷」が、2020年2月テレビ初放送されたばかりの役者・仲代達矢。
日本映画黄金期から現在に至るまで六十余年が過ぎてなお第一線に立ち続ける名優・仲代達矢が出演してきた数多の傑作の中から、
映画、TV、そして主演最新作といずれも時代劇で振り返る『仲代達矢劇場』。

本企画を通じて時代劇が仲代達矢個人を語る上でも非常に重要な役割を担ってきたことがわかり、
今も向上と探求の手をゆるめぬ名優の魅力をより理解できる絶好の機会にもなるだろう。

約半年におよぶ予定で御覧に入れる「仲代達矢劇場」、ぜひお楽しみに。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

3月放送

「大菩薩峠(主演:仲代達矢)」(C)1966 東宝

3月1日(日)ひる1:00

「大菩薩峠」(1966年:映画:モノクロ)

  • 監督:岡本喜八 原作:中里介山 脚本:橋本忍
    出演:仲代達矢/三船敏郎/加山雄三/新珠三千代
    /内藤洋子/佐藤慶/西村晃/藤原釜足 ほか

妖剣“音無しの構え”を操る無頼の剣客“机竜之助”(仲代)。その魂の彷徨と凄惨かつ壮絶な戦いを描く。得体の知れない仲代“竜之助”の異様な殺気が終始、観る者を惹き付ける。ラスト10分間の悲壮感溢れる凄絶な殺陣で、独自の異彩を放つ映画に昇華させた鬼才・岡本喜八の濃密な力作。

「椿三十郎」(C)1962 東宝

3月8日(日)ひる1:00

「椿三十郎」(1962年:映画:モノクロ)

  • 監督:黒澤明
    原作:山本周五郎(「日々平安」より)
    脚本:菊島隆三/小國英雄/黒澤明
    出演:三船敏郎/仲代達矢/加山雄三/団令子/志村喬/清水将夫/入江たか子/田中邦衛 ほか

黒澤明監督「用心棒」の続編ともいえる痛快アクション時代劇。前作「用心棒」にくらべ、三十郎がより人間味を増しユーモアある人物として描かれている。三船敏郎と仲代達矢による、一太刀で決着をつける有名なラストの決闘シーンは圧巻。

4月放送

「切腹」(C)1962松竹株式会社

4月5日(日)ひる1:00

「切腹」(1962年:映画:モノクロ)

  • 原作:滝口康彦(「異聞浪人記」より) 
    監督:小林正樹 脚本:橋本忍 
    撮影:宮島義勇 音楽:武満徹
    出演:仲代達矢/三国連太郎/石浜朗/岩下志麻/丹波哲郎/中谷一郎/井川比佐志/青木義朗 ほか

滝口康彦の小説「異聞浪人記」を映画化、1962年に公開された松竹映画で、第16回カンヌ国際映画祭の審査員特別賞 ほか、数々の賞を受けた異色時代劇。小林正樹監督が橋本忍の綿密なシナリオをもとに、静と動の絶妙な演出で武家社会の虚飾と武士道の残酷性を暴いてみせた。

「無頼漢」(C)1970 東宝

4月12日(日)ひる1:00

「無頼漢」(1970年:映画:カラー)

  • 監督:篠田正浩
    原作:河竹黙阿弥(「天衣紛上野初花」より) 
    脚本:寺山修司
    出演:仲代達矢/岩下志麻/丹波哲郎/渡辺文雄/小沢昭一/米倉斉加年/山本圭/芥川比呂志 ほか

河竹黙阿弥の狂言「天衣紛(くもにまごう)上野(うえのの)初花(はつはな)」を題材にした異色時代劇。篠田正浩監督の代表作「心中天網島」に勝るとも劣らない名作。脚本を手掛けた寺山修司が主宰した劇団“天井桟敷”の芝居の要素も含まれ、演劇と映画、双方のテイストが交り合い、独自の世界を作り上げた実験的作品。

今後の 放送ラインナップ

「着ながし奉行」(1981年・TV・カラー)

  • 原作:山本周五郎(「町奉行日記」) 
    監督:岡本喜八 脚本:岡本喜八/松島利昭
    出演:仲代達矢/浅茅陽子/中谷一郎/岸田森/役所広司/近藤洋介/神崎愛/小沢栄太郎/殿山泰司 ほか

「樅ノ木は残った」(1983年・TV・カラー)

  • 原作:山本周五郎「樅ノ木は残った」 
    監督:井上昭脚本:隆巴
    出演:仲代達矢/役所広司/加藤武/小沢栄太郎/近藤洋介/大橋吾郎/仙道敦子 ほか

そのほか充実のラインナップを調整中!お楽しみに!

「大菩薩峠(主演:仲代達矢)」(C)1966 東宝、「椿三十郎」(C)1962 東宝、「切腹」(C)1962松竹株式会社、「無頼漢」(C)1970 TOHO CO., LTD、「着ながし奉行」(C)日本映画放送、「樅ノ木は残った」(C)日本映画放送