<「殺すな」劇場上映・TV初放送記念> 立春・中村梅雀祭り

その確かな演技力で、舞台・映画・ドラマに欠かせない俳優・中村梅雀。
時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇では最多8作に出演。
作品によって色合いの異なる人物像を巧みに演じ分けてきた立役者だ。

主演最新作「殺すな」の上映・放送を記念し、俳優・中村梅雀の魅力が詰まったオリジナル時代劇を特集!

2月6日(日)より4週連続放送 日曜よる7時 ほか
(※2月13日(日)のみ よる7時20分)

殺すな殺すな

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
鬼平外伝 夜兎の角右衛門
放送日:2月6日
(2011年・カラー )
原作:池波正太郎「白浪看板」(角川文庫『にっぽん怪盗伝』所収)   監督:井上昭   脚本:金子成人  
出演:中村梅雀/中村敦夫/石橋蓮司/荻野目慶子/平泉成/本田博太郎/左とん平/渡辺梓/山崎銀之丞/林家三平  

昔、夜兎の角右衛門(中村梅雀)という大盗賊がいた。金持ちは世の中から金銭を奪って私腹を肥やしている。その金と力のあるやつらから盗み取るということは単に盗み返すだけのことだから悪いことではない――。そんな盗人にも三分の理があるという理屈で、お務めならぬ"お盗め"と称して盗賊を続ける角右衛門だった。その角右衛門には、先代・夜兎の角五郎(中村敦夫)から受け継ぎ、自分とその一味に厳しく課す三つの掟があった。この夜兎の掟を守ってきた角右衛門は、一度もお縄をかけられたことがない。それ故、先代同様に畳の上で往生できるものと思っていた。ある日、町で拾った大金を落とし主に返す女乞食・おこう(荻野目慶子)の姿に心打たれた角右衛門は、料理屋でおこうに鰻をふるまう。おこうには片腕がなかった。聞けば、七年前に奉公していた駿河の紙問屋で、押し入った盗賊の手下のひとりに斬り落とされたという。角右衛門はわが耳を疑った。あのお盗めはまさに角右衛門らの仕業だったが、その際、手下の綱六が鉄の掟を破り、なんの罪もないおこうの右腕を斬り落としていたのだ。角右衛門は盗人の面よごしになったとして、一味を解散し、特別警察ともいうべき火付盗賊改方へ名乗り出ることを決意する…。果たして、大盗賊の掟を破った角右衛門の人生の結末は…。

「鬼平外伝 夜兎の角右衛門」(C)2010 日本映画放送/松竹
冬の日
放送日:2月6日
(2015年・カラー )
原作:藤沢周平「冬の日」(文春文庫『花のあと』所収)   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:中村梅雀/高岡早紀/山田純大/藤田弓子  

しんしんと冷え切った江戸の町。仕事帰りの清次郎(中村梅雀)は、胴ぶるいしながら家路へと急ぐ。しかし、あまりの寒さに居酒屋へと駆け込んだ清次郎は、そこで働く厚化粧の女に目を留めた。その女は、かつて清次郎が幼かったころ、父を亡くし貧しかった母とともに厄介になった店の娘、おいし(高岡早紀)に違いない。見る影もなくなるほど身を持ち崩した彼女に、これまで一体何があったのか? 清次郎の心は揺れていた…。

「冬の日」(C)2015時代劇専門チャンネル/松竹
闇の狩人 前篇(主演:中村梅雀)
放送日:2月13日
(2014年・カラー )
原作:池波正太郎「闇の狩人」(新潮文庫刊)   監督:石原興(TV「必殺」シリーズ「剣客商売」シリーズ「鬼平犯科帳」シリーズ「鬼平外伝 老盗流転」)   脚本:金子成人(TV「鬼平犯科帳」「剣客商売」大河ドラマ「義経」「鬼平外伝」シリーズ)  
出演:中村梅雀/風吹ジュン/福士誠治/谷村美月/本田博太郎/小林綾子/山口馬木也/石橋蓮司/津川雅彦 ほか  

釜塚の金右衛門一党の盗賊・雲津の弥平次(中村梅雀)は、上州と越後境の湯治場で、崖下に倒れていた一人の侍(福士誠治)を助ける。その若者は深い傷を負い、記憶を失っていた。女房のしまと共に、男を介抱した弥平次は、自分の名から一文字とって「谷川弥太郎」と名づけ、別れた。数年後、江戸―。金右衛門亡き後、一党の跡目争いに巻きこまれていた弥平次は、ある夜偶然、弥太郎が人を斬る姿を目撃する。弥太郎は、香具師の元締・五名の清右衛門(津川雅彦)に拾われ、仕掛人となっていた。彼の身を案じる弥平次。弥太郎は仕掛けた相手から「笹尾平三郎」という名で呼ばれ、激しく動揺する。それが自分の名前なのか、自分はいったい何者なのか―

「闇の狩人 前篇(主演:中村梅雀)」(C)2014 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹
闇の狩人 後篇(主演:中村梅雀)
放送日:2月20日
(2014年・カラー )
原作:池波正太郎「闇の狩人」(新潮文庫刊)   監督:石原興(TV「必殺」シリーズ「剣客商売」シリーズ「鬼平犯科帳」シリーズ)   脚本:金子成人(TV「鬼平犯科帳」「剣客商売」大河ドラマ「義経」「鬼平外伝」シリーズ)   
出演:中村梅雀/風吹ジュン/福士誠治/谷村美月/本田博太郎/小林綾子/山口馬木也/石橋蓮司/津川雅彦 ほか  

釜塚の金右衛門一党の盗賊・雲津の弥平次(中村梅雀)は、上州と越後境の湯治場で、崖下に倒れていた一人の侍(福士誠治)を助ける。その若者は深い傷を負い、記憶を失っていた。女房のしまと共に、男を介抱した弥平次は、自分の名から一文字とって「谷川弥太郎」と名づけ、別れた。数年後、江戸―。金右衛門亡き後、一党の跡目争いに巻きこまれていた弥平次は、ある夜偶然、弥太郎が人を斬る姿を目撃する。弥太郎は、香具師の元締・五名の清右衛門(津川雅彦)に拾われ、仕掛人となっていた。彼の身を案じる弥平次。弥太郎は仕掛けた相手から「笹尾平三郎」という名で呼ばれ、激しく動揺する。それが自分の名前なのか、自分はいったい何者なのか―

「闇の狩人 後篇(主演:中村梅雀)」(C)2014 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹
池波正太郎時代劇スペシャル「雨の首ふり坂」
放送日:2月27日
(2018年・カラー )
原作:池波正太郎   監督:河毛俊作   脚本:大森寿美男  
出演:中村梅雀/三浦貴大 中尾明慶/泉谷しげる 大杉漣  

一人の老いた渡世人・白須賀の源七(中村梅雀)は、奇妙な運命の糸に手繰られるように、信州小諸の首ふり坂へ向かっていた。遡ること27年、若き日の源七(馬場徹)は兄弟分の藪塚の半蔵(金井勇太)と共に、ある貸元から敵対する前坂一家の親分殺しを請け負ったが、負傷してしまい髪結い・おふみ(芦名星)に助けられる。源七がおふみの家に転がり込んで数か月後、半蔵が殺しの分け前を持って現れるが、親分の仇を討とうとする前坂一家の行田の甚五郎(小市慢太郎)を筆頭に、刺客も迫っていた。源七は自分の子を宿したおふみを残して半蔵と姿を消す。それから25年後、年老いてもなお殺しを請負ながら諸国を渡り歩いていた源七は、信州追分で若い渡世人・白井の彦太郎(中尾明慶)と出会い、竹原一家の親分(矢島健一)殺しを二人で請け負うことになるが、源七は出入りの途中で躰の具合が悪くなり、竹原の親分に傷を負わせただけで仕損じてしまう。源七たちは竹原一家の追手を振り切るも道中で行倒れていたところを、小諸宿で饂飩(うどん)屋を営む茂兵衛(泉谷しげる)と孫娘に助けられる。この日を境に源七は堅気の世界に身を置く事になるが、つかの間の幸せは長くは続くことはなかった。竹原親分の仕返しの命を受けた刺客、橋羽の万次郎(三浦貴大)と昔兄弟分だった藪塚の半蔵(大杉漣)が源七と彦太郎の命を狙っていたのだった。

「池波正太郎時代劇スペシャル「雨の首ふり坂」」(C)2017時代劇専門チャンネル/J:COM/松竹