「舟木一夫 時代劇祭り!」「銭形平次(主演:大川橋蔵)」【舟木一夫セレクション】 #3、「舟木一夫、時代劇を語る【60分完全版】」ほか 「舟木一夫 時代劇祭り!」「銭形平次(主演:大川橋蔵)」【舟木一夫セレクション】 #3、「舟木一夫、時代劇を語る【60分完全版】」ほか

時代劇専門チャンネル20周年イヤーの締めくくり。2018年の最後を飾るのは、今年チャンネルを彩った企画や作品のアンコール放送!当チャンネルへ待望の登場となった「舟木一夫 時代劇祭り!」。今年の年越しは「忠臣蔵特集」で。さらに、7月と10月の改編で話題となった、「隠密剣士」「横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都いろどり日記」など盛りだくさん。
また、平成最後の年末年始5日間を股にかけてドンと腰を据えるのは、ご存知「鬼平犯科帳スペシャル」。この作品が無くては、年を越せない!新年が始まらない!!豪華ラインナップで2018年を振り返りながら、新年に思いを馳せてください!

必殺仕掛人【セレクション放送】#15
放送日:12月29日
(1972年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:緒形拳/林与一/山村聡/中村玉緒/津坂匡章(現・秋野太作)/太田博之/松本留美/野川由美子 ほか  

文化文政の江戸時代。口入れ屋の音羽屋半右衛門(山村聡)は、殺しを請け負う仕掛人という裏稼業の元締めだった。「生かしておいては世のため、人のためにならない人でなくては殺さない」という信念のもと、半右衛門は店の手代・千蔵(津坂匡章/現・秋野太作)を手先として情報を集め、配下の仕掛人・鍼医者の藤枝梅安(緒形拳)、浪人の西村左内(林与一)に極悪人を暗殺させていく……。

「必殺仕掛人【セレクション放送】#15」(C)ABC/松竹
必殺橋掛人【セレクション放送】#12
放送日:12月29日
(1985年・TV・カラー )
出演:津川雅彦/宅麻伸/萬田久子/斉藤清六/西崎みどり/高部知子/安孫子里香 ほか  

何者かに襲われた墓守の多助は、死の直前に尼僧・春光尼こと娘のお光(西崎みどり)に13箇所に印のついた江戸の絵図を渡す。お光は瓦屋根職人のおくら(萬田久子)松(斉藤清六)夫婦に父や絵図のことを尋ねるが、二人は口を閉ざす。実は多助は、金で恨みを晴らす裏稼業・橋掛人の元締で、絵図は多助が請負った13件の殺しの依頼だった。多助配下の橋掛人だったおくらは仲間の新吉(宅麻伸)に事の次第を伝える一方、長屋に越してきた行商人・柳次(津川雅彦)が同業であることを見抜く。柳次は橋掛人としておくら達の仲間になり、父の遺志を継いだ春光尼のため、13件の殺しを遂行していく……。

「必殺橋掛人【セレクション放送】#12」(C)ABC/松竹
闇の狩人 前篇(主演:中村梅雀)
放送日:12月29日、1月12日
(2014年・TV・カラー )
原作:池波正太郎「闇の狩人」(新潮文庫)   監督:石原興(TV「必殺」シリーズ「剣客商売」シリーズ「鬼平犯科帳」シリーズ「鬼平外伝 老盗流転」)   脚本:金子成人(TV「鬼平犯科帳」「剣客商売」大河ドラマ「義経」「鬼平外伝」シリーズ)  
出演:中村梅雀/風吹ジュン/福士誠治/谷村美月/本田博太郎/小林綾子/山口馬木也/石橋蓮司/津川雅彦 ほか  

昼間釜塚の金右衛門一党の盗賊・雲津の弥平次(中村梅雀)は、上州と越後境の湯治場で、崖下に倒れていた一人の侍(福士誠治)を助ける。その若者は深い傷を負い、記憶を失っていた。女房のしまと共に、男を介抱した弥平次は、自分の名から一文字とって「谷川弥太郎」と名づけ、別れた。数年後、江戸―。金右衛門亡き後、一党の跡目争いに巻きこまれていた弥平次は、ある夜偶然、弥太郎が人を斬る姿を目撃する。弥太郎は、香具師の元締・五名の清右衛門(津川雅彦)に拾われ、仕掛人となっていた。彼の身を案じる弥平次。弥太郎は仕掛けた相手から「笹尾平三郎」という名で呼ばれ、激しく動揺する。それが自分の名前なのか、自分はいったい何者なのか―

「闇の狩人 前篇(主演:中村梅雀)」(C)2014 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹
闇の狩人 後篇(主演:中村梅雀)
放送日:12月29日、1月12日
(2014年・TV・カラー )
原作:池波正太郎「闇の狩人」(新潮文庫)   監督:石原興(TV「必殺」シリーズ「剣客商売」シリーズ「鬼平犯科帳」シリーズ)   脚本:金子成人(TV「鬼平犯科帳」「剣客商売」大河ドラマ「義経」「鬼平外伝」シリーズ)   
出演:中村梅雀/風吹ジュン/福士誠治/谷村美月/本田博太郎/小林綾子/山口馬木也/石橋蓮司/津川雅彦 ほか  

昼間釜塚の金右衛門一党の盗賊・雲津の弥平次(中村梅雀)は、上州と越後境の湯治場で、崖下に倒れていた一人の侍(福士誠治)を助ける。その若者は深い傷を負い、記憶を失っていた。女房のしまと共に、男を介抱した弥平次は、自分の名から一文字とって「谷川弥太郎」と名づけ、別れた。数年後、江戸―。金右衛門亡き後、一党の跡目争いに巻きこまれていた弥平次は、ある夜偶然、弥太郎が人を斬る姿を目撃する。弥太郎は、香具師の元締・五名の清右衛門(津川雅彦)に拾われ、仕掛人となっていた。彼の身を案じる弥平次。弥太郎は仕掛けた相手から「笹尾平三郎」という名で呼ばれ、激しく動揺する。それが自分の名前なのか、自分はいったい何者なのか―

「闇の狩人 後篇(主演:中村梅雀)」(C)2014 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹
次郎長三国志(主演:中井貴一)
放送日:12月29日、1月2日
(2008年・映画・カラー )
原作:村上元三   監督:マキノ雅彦   脚本:大森寿美男  
出演:中井貴一/鈴木京香/佐藤浩市/木村佳乃/高岡早紀/北村一輝/温水洋一/近藤芳正/笹野高史/岸部一徳  

祝言をあげたばかりの妻、お蝶(鈴木京香)を置いてけぼりにし、三年にわたる渡世修行に出かけた博徒、次郎長(中井貴一)とその子分たち。旅を重ねるうちに、次郎長の男っぷりに惚れた連中が次々に仲間に加わっていく。清水に戻った次郎長は、やがて東海道中にその名を轟かせるようになるが、甲州では一大勢力を誇る黒駒の勝蔵(佐藤浩市)をはじめ立ちはだかる敵も増えてくる。そんな中、お蝶が病に倒れ、さらなるアクシデントで次郎長は絶体絶命のピンチに陥り、次郎長一家は壮絶な闘いを迎えることになる…。

「次郎長三国志(主演:中井貴一)」(C)2008「次郎長三国志」製作委員会
小河ドラマ 龍馬がくる
(2018年・TV・全4話・カラー )
監督:細川徹   脚本:細川徹/宮澤一彰/鍵谷友悟  
出演:三宅弘城/武田鉄矢/箭内夢菜 ほか  

幕末の英雄、ホンモノの坂本龍馬(三宅弘城)が、現代にタイムスリップしてきた!
やってきたのは2018年。武田鉄矢(本人)が主演をつとめる「連続時代劇 坂本龍馬」の撮影現場。幕末当時は西郷どんや勝海舟、桂小五郎といった英傑に囲まれ、あくまで"サブキャラ"だと思っていた自分が、現代ではカリスマ扱いされていることに困惑する、本物の龍馬。

撮影現場に紛れ込み、訳の分からぬことを言う龍馬を周囲は相手にしないが、
龍馬の大ファンの武田鉄矢だけは唯一、「もしかしたら、この男は本物の坂本龍馬かもしれない!」と感づく。「本物の龍馬にアドバイスをもらえば、今までにない、リアルな坂本龍馬を演じることができる!」と考えた鉄矢は、龍馬に「誰も知らない、ありのままのエピソードを教えて欲しい」とお願いする。

かくしてドラマの脚本は、本物の龍馬が語る"本当の"エピソードにどんどん書き換えられてゆくが、出てくるのは「幕末のカリスマ龍馬」のイメージを台無しにする恰好悪いエピソードばかり・・・。

そんな2人に翻弄されながらも、進んでゆく撮影。ドラマは果たして完成するのか!?そして、武田鉄矢が愛する、龍馬の"本当の魅力"を、現代の人々にきちんと伝えることができるのか!?

「小河ドラマ 龍馬がくる」(C)時代劇専門チャンネル/カンテレ
もっと小さな小河ドラマ THE劇中劇『武田鉄矢主演 大型連続時代劇・坂本龍馬』
放送日:12月30日、1月4日
(2018年・オリジナル・カラー )
監督:小友隆史(※劇中の架空人物)   脚本:新田雪之丞(※劇中の架空人物)  
出演:武田鉄矢、箭内夢菜、皆川猿時 ほか  

高校時代に出会ってから51年。自他ともに認める大の坂本龍馬ファン、武田鉄矢(69)が“人生最後”の覚悟で坂本龍馬役に挑む。その妻・おりょう役を演じるのは、10代のカリスマ、ミスセブンティーン2017グランプリの箭内夢菜(18)。時代劇初挑戦にして、50歳以上年の離れた武田の妻、という超難しい役どころに挑む。
「新撰組との戦い」「寺田屋事件」「西郷隆盛との出会い」「近江屋事件」など、坂本龍馬の数々のエピソードが描かれる、はず。

「もっと小さな小河ドラマ THE劇中劇『武田鉄矢主演 大型連続時代劇・坂本龍馬』」(C)時代劇専門チャンネル/カンテレ
小河ドラマ 織田信長
放送日:12月29日、1月5日
(2017年・TV・カラー )
監督:細川徹   脚本:細川徹  
出演:三宅弘城/松井玲奈/秋山竜次(ロバート)  

織田信長が現代にタイムスリップ!やってきたのは「連続時代劇 織田信長」の撮影現場だった!「本当の自分はこんな人物ではない!」と短気な信長はぶちギレ、脚本を勝手に書き換えた!それは桶狭間も鉄砲隊も登場しない、マニアックでちょっと笑えるエピソードばかりの、全然"大河ドラマ"じゃない、スケールの小さな"小河(しょうが)ドラマ"だった!本物の信長演出による、"バカバカしいけど全部史実(ホント)"の時代劇が今、撮影スタート!

「小河ドラマ 織田信長」(C)時代劇専門チャンネル
舞台「時代劇版 101回目のプロポーズ~百壱通目の恋文~」
放送日:12月29日、1月6日
(2012年・舞台・カラー )
原作:フジテレビ「101回目のプロポーズ」(脚本:野島伸司)   脚本:鈴木哲也/マキノノゾミ  
出演:武田鉄矢/浅野温子/山崎銀之丞/北川弘美/相島一之/篠田光亮/江波杏子 ほか  

江戸時代初期の肥後熊本藩。藩主細川家の熊本城で、まかない役を務める星野達郎左衛門(武田鉄矢)は、剣の腕はからきしで、人の良さだけが取りえの中年の下級武士だった。ある日、達郎左衛門は、行き倒れになっていた美しい女性(浅野温子)を助ける。薫という名前以外、出自を語ろうとしないその女性と一緒に住むことになった達郎左衛門は、彼女に好意をいだくが手もえにぎれずにいた。そんな折、城に、ある客人が招かれたことを知った薫は、姿を消し、翌日、その人物に斬りかかるという事件を起こす。尼寺の庵主・桃心尼(江波杏子)に助けられた薫は、過去を告白し、達郎左衛門のもとを去る……。

一心太助 江戸っ子祭り
放送日:12月30日
(1967年・映画・カラー )
監督:山下耕作   脚本:中島貞夫/金子武郎  
出演:舟木一夫/富司純子/里見浩太朗/吉村絵梨子/三島ゆり子/財津一郎/加東大介 ほか  

義理人情に厚い江戸っ子の魚屋・一心太助(舟木一夫)は、勘定奉行の川勝丹波守(小池朝雄)と結託して魚河岸の実権を握ろうとする相模屋(遠藤辰雄)の悪事に立ち向かう……。

魚屋の一心太助(舟木一夫)は、スリから足を洗おうと魚屋修業を始めた金太(花紀京)の面倒を見るなど、義理人情に厚く、喧嘩早いが江戸の町の人気者だ。ある日、太助は、将軍拝領の楓の皿を割ってしまった旗本・大久保彦左衛門(加東大介)の腰元・お仲(藤純子)を助けるため、大久保邸に乗り込み、命を張って意見したことで、彦左衛門に気に入られ、親分子分の杯を交わすほどの仲になる。そんな頃、廻船問屋の相模屋(遠藤辰雄)は、魚河岸の実権を握るため、魚河岸取締の松前屋(香川良介)に問屋株を譲るよう迫っていた。相模屋は、勘定奉行の川勝丹波守(小池朝雄)に賄賂として向島の別邸を新築、結託していた……。

「一心太助 江戸っ子祭り」(C)東映
銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #3
放送日:12月30日、1月7日、1月14日、1月19日
(1966年・TV・モノクロ )
原作:野村胡堂  
出演:大川橋蔵/舟木一夫/香山美子/林家珍平/遠藤太津朗 ほか  

平次親分は、江戸一番の捕物名人で、江戸南町奉行所筆頭与力、笹野新三郎手先の岡っ引き。恋女房"お静"と神田明神下の長屋で暮らしている。そこに持ち込まれる難事件や珍事件。江戸庶民のために、得意の"十手さばき"と"(寛永通宝の)投げ銭"で、悪人たちを倒す。

「銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #3」(C)東映
銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #233
放送日:12月30日、1月21日、1月28日
(1966年・TV・カラー )
原作:野村胡堂  
出演:大川橋蔵/舟木一夫/香山美子/林家珍平/遠藤太津朗 ほか  

平次親分は、江戸一番の捕物名人で、江戸南町奉行所筆頭与力、笹野新三郎手先の岡っ引き。恋女房"お静"と神田明神下の長屋で暮らしている。そこに持ち込まれる難事件や珍事件。江戸庶民のために、得意の"十手さばき"と"(寛永通宝の)投げ銭"で、悪人たちを倒す。

「銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #233」(C)東映
銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #323
放送日:12月30日
(1966年・TV・カラー )
原作:野村胡堂  
出演:大川橋蔵/舟木一夫/香山美子/林家珍平/遠藤太津朗 ほか  

平次親分は、江戸一番の捕物名人で、江戸南町奉行所筆頭与力、笹野新三郎手先の岡っ引き。恋女房"お静"と神田明神下の長屋で暮らしている。そこに持ち込まれる難事件や珍事件。江戸庶民のために、得意の"十手さばき"と"(寛永通宝の)投げ銭"で、悪人たちを倒す。

「銭形平次(主演:大川橋蔵)【舟木一夫セレクション】 #323」(C)東映
舟木一夫、時代劇を語る【60分完全版】
放送日:12月30日
(2018年・オリジナル・カラー )
出演:舟木一夫/徳光和夫  

舟木一夫が時代劇を語りつくすオリジナル番組。専門チャンネルだからこそ、他では見られない舟木一夫の溢れる“時代劇愛”を、たっぷりお見せする。「いち時代劇ファン」に戻ったような素の舟木一夫の熱いトークのお相手は、旧知の仲である徳光和夫。懐かしい時代劇全盛期の思い出から、現在の時代劇にかける情熱まで。同世代ならではの気の置けない会話で楽しく伺う。

忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻
放送日:12月15日、12月23日、12月31日、1月6日
(1959年・映画・カラー )
監督:松田定次   脚本:比佐芳武  
出演:片岡千恵蔵/市川右太衛門/中村錦之助/美空ひばり/大川橋蔵/東千代之介/進藤英太郎  

藩主・浅野内匠頭(中村錦之助)が吉良上野介(進藤英太郎)相手に刃傷沙汰を起こして切腹、お家断絶となった赤穂藩の家老・大石内蔵助(片岡千恵蔵)は、お家再興の望みを絶たれ、仇討ちの決意を固める……。

元禄十四年の春。朝廷からの勅使と院使の接待役を仰せつかった赤穂藩主・浅野内匠頭(中村錦之助)は、御進物の少なさを根に持った指南役の吉良上野介(進藤英太郎)から、意地の悪い仕打ちを受け続ける。家臣の堀部安兵衛(大友柳太朗)、片岡源五衛門(原健策)の機転により窮地を切り抜け、耐え続けるが、江戸城松の廊下で出くわした吉良から愚弄されたことで、ついに堪忍袋の緒が切れ、刃傷に及ぶ。幕府裁定で内匠頭は切腹、お家は断絶となり、その悲報が赤穂の城代家老・大石内蔵助(片岡千恵蔵)に届く……「櫻花の巻」。
京の色街で"浮き大臣"の異名を取るほど放蕩三昧の生活を続ける内蔵助だったが、上杉家家臣の小林平八郎(岡譲司)らの目を欺くためだった。上野介が役を退き、本所松坂町に隠居所を普請中との報せを聞いた内蔵助は、吉田忠左衛門(大河内傳次郎)を通じて、追腹した橋本平左衛門(月形龍之介)の娘・おたか(美空ひばり)に、江戸へ出て、上野介の動静を探る役目を頼む……「菊花の巻」。

「忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻」(C)東映
忠臣蔵 四十七人の刺客
放送日:12月15日、12月23日、12月31日、1月3日
(1994年・映画・カラー )
原作:池宮彰一郎   監督:市川崑  
出演:高倉健/中井貴一/宮沢りえ/石坂浩二/浅丘ルリ子/森繁久彌/岩城滉一/宇崎竜童/西村晃 ほか  

元禄14年3月。赤穂藩主・浅野内匠頭(橋爪淳)が高家・吉良上野介(西村晃)に対し、江戸城柳の間で刃傷に及ぶ。大老・柳沢吉保(石坂浩二)は上杉家江戸家老・色部又四郎(中井貴一)の意見に従い、事件の原因究明をせず、内匠頭の即日切腹と、吉良のお咎め無しを決定する。赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助(高倉健)は、一方的処断の背後にある柳沢と色部の謀略に気づき、吉良への仇討ち、柳沢と色部の面目を潰すことを決意する。内蔵助は、塩相場を操作し、膨大な討入り軍資金を作り、江戸市中に「吉良賄賂説」「赤穂浪士すわ討入り」を流布するなどして、攻勢に出る。焦る色部は、迷路や水壕などを備えた合戦用の城塞のような吉良屋敷を建てる。そして元禄15年12月14日、大石以下47人は、吉良屋敷に討ち入る……。

「忠臣蔵 四十七人の刺客」(C)1994東宝・日本テレビ・アドギア
忠臣蔵 前篇「君、怒りもて往生を遂ぐ」(主演:里見浩太朗)
放送日:12月31日、1月13日
(1985年・TV・カラー )
監督:齋藤武市   脚本:杉山義法  
出演:里見浩太朗/風間杜夫/森繁久彌/多岐川裕美/中野良子/坂上忍/西郷輝彦/勝野洋/田村亮/堤大二郎  

勅使饗応役に任命された、播州赤穂の若き藩主・浅野内匠頭(風間杜夫)。彼は、高家筆頭・吉良上野介(森繁久彌)に度重なる屈辱を受け、1701(元禄14)年3月14日、遂に殿中・松の廊下にて刃傷に及んでしまう。城内での刃傷は御法度とはいうものの、時の将軍・綱吉(夏八木勲)は喧嘩両成敗の鉄則を無視。浅野内匠頭は即日切腹を申し渡され、御家も断絶。赤穂で主君切腹の報せを受けた城代家老・大石内蔵助(里見浩太朗)は、血気にはやる家臣をいさめ、御家再興の道を模索する。しかしその望みが絶たれた時、いよいよ討ち入る決意をするのであった。そして、1702(元禄15)年12月14日…。

「忠臣蔵 前篇「君、怒りもて往生を遂ぐ」(主演:里見浩太朗)」(C)ユニオン映画
忠臣蔵 後篇「我、一死もて大義に生く」(主演:里見浩太朗)
放送日:12月31日、1月13日
(1985年・TV・カラー )
監督:齋藤武市   脚本:杉山義法  
出演:里見浩太朗/風間杜夫/森繁久彌/多岐川裕美/中野良子/坂上忍/西郷輝彦/勝野洋/田村亮/堤大二郎  

勅使饗応役に任命された、播州赤穂の若き藩主・浅野内匠頭(風間杜夫)。彼は、高家筆頭・吉良上野介(森繁久彌)に度重なる屈辱を受け、1701(元禄14)年3月14日、遂に殿中・松の廊下にて刃傷に及んでしまう。城内での刃傷は御法度とはいうものの、時の将軍・綱吉(夏八木勲)は喧嘩両成敗の鉄則を無視。浅野内匠頭は即日切腹を申し渡され、御家も断絶。赤穂で主君切腹の報せを受けた城代家老・大石内蔵助(里見浩太朗)は、血気にはやる家臣をいさめ、御家再興の道を模索する。しかしその望みが絶たれた時、いよいよ討ち入る決意をするのであった。そして、1702(元禄15)年12月14日…。

「忠臣蔵 後篇「我、一死もて大義に生く」(主演:里見浩太朗)」(C)ユニオン映画
隠密剣士 第二部 忍法甲賀衆
(1963年・TV・全13話・モノクロ )
出演:大瀬康一/大森俊介/牧冬吉/友田輝/天津敏 ほか  

公儀隠密の秋草新太郎(大瀬康一)は、武田信玄の隠し金山の秘密を探るため、甲州に旅立つが、幕府転覆を謀る甲賀十三人衆の頭領・甲賀竜四郎(友田輝)が新太郎抹殺のため、次々に刺客の忍者を放つ……。

「隠密剣士 第二部 忍法甲賀衆」(C)宣弘社
隠密剣士 第五部 忍法風摩一族
(1963年・TV・全13話・モノクロ )
出演:大瀬康一/牧冬吉/大森俊介/天津敏/赤尾関三蔵/佐賀直子/森三平太/森幸太郎 ほか  

隠密剣士の秋草新太郎(大瀬康一)と伊賀忍者・霧の遁兵衛(牧冬吉)は、北条早雲の隠し金塊の謎を解く北条家秘蔵の三つの鏡、火竜・水虎・風雷を狙う忍者・風摩一族の頭領・風摩小太郎(天津敏)と戦う……。

江戸城の吹上御庭を警護する伊賀同心が殺害され、"水虎の鏡"が奪われる。北条早雲が隠したという100万両の金塊を狙う忍者・風摩一族の仕業だった。風摩の頭領・風摩小太郎(天津敏)は、3つ揃えば金塊の隠し場所がわかるという水虎・火竜・風雷の鏡を奪おうとしていた。将軍徳川家斉の兄である隠密剣士・秋草新太郎(大瀬康一)は、伊賀同心の一人・忍者の霧の遁兵衛(牧冬吉)は、廻船問屋・相州屋の娘・香(岸久美子)が持つ風雷の鏡、相州屋の義妹・尼僧の光信女(三影千絵)が持つ火竜の鏡を守るため、次々に襲い来る風摩一族と戦う……。

「隠密剣士 第五部 忍法風摩一族」(C)宣弘社
ナイツの素人包丁
(2018年・オリジナル・カラー )
出演:ナイツ(塙宣之/土屋伸之)/天龍源一郎/野呂佳代  

江戸後期に、実際に出版された初心者向けの料理本、「素人包丁」。
「庶民にとって料理をもっと身近に、楽しいものに!」というその料理に対する、実際のコンセプトを踏襲。メインMCは、大人気漫才師のナイツ!2人が名だたる料理人と「素人包丁」に載っている江戸料理の再現にトライ!ナイツを中心に料理を自由に、やわらかく、いろんな角度からツッコミながら料理を楽しむグルメバラエティ。

<コーナー紹介>
①江戸時代に書かれた原本から読み解く!「ナイツの『素人包丁』」・「素人包丁」の原本から読み解く!江戸料理の再現にトライ!
・ミシュラン1つ星「割烹 神楽坂くろす」の料理人・黒須浩之など、名だたる料理人と一緒に江戸料理を再現
②「おばあちゃんのメシテロ」コンセプトは"素人腕自慢大会"。ズバリおばあちゃんお得意の味を紹介!
③「素人食レポーター・天龍源一郎の名店散策」元プロレスラーであり、
"素人食レポーター"天龍源一郎が元気な名店を訪ね歩きます。


横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都いろどり日記【セレクション放送】
(2016年・オリジナル・カラー )
出演:横山由依(AKB48)  

京都の文化や暮らしの中で受け継がれてきた独特の京の色… 『色』をテーマに京都の歴史や文化、伝統を京都出身の横山由依(AKB48)が探っていく関西テレビの大人気バラエティがCS初登場!

「横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都いろどり日記【セレクション放送】」(C)カンテレ
蝶々さん~最後の武士の娘~ 前編 誇りの代償
放送日:12月29日
(2011年・TV・カラー )
原作:市川森一   脚本:市川森一  
出演:宮﨑あおい/伊藤淳史/イーサン・ランドリー/戸田恵子/野田秀樹/藤村志保/西田敏行  

プッチーニ作のオペラ「蝶々夫人」のヒロインを描いた市川森一の小説「蝶々さん」を映像化。
時代の奔流にのまれながらも、次々に訪れる悲運にあらがい、己の誇りと愛を貫き通した女性・伊東蝶の生きざまが、彼女の目線から丁寧に描かれていく。

「蝶々さん~最後の武士の娘~ 前編 誇りの代償」(C)NHK
蝶々さん~最後の武士の娘~ 後編 遠いアメリカ
放送日:12月29日
(2011年・TV・カラー )
原作:市川森一   脚本:市川森一  
出演:宮﨑あおい/伊藤淳史/イーサン・ランドリー/戸田恵子/野田秀樹/藤村志保/西田敏行  

名作オペラ「蝶々夫人」のヒロインを、新たな視点で描くドラマの後編。
フランクリンと結婚した蝶々(宮﨑あおい)は長崎で夫を待つ決意をするが…。
武士の娘・蝶々の人生の結末とは―。

「蝶々さん~最後の武士の娘~ 後編 遠いアメリカ」(C)NHK
眩(くらら)~北斎の娘~
放送日:12月30日
(2017年・TV・カラー )
原作:朝井まかて「眩」(新潮社刊)   脚本:大森美香  
出演:宮﨑あおい/松田龍平/三宅弘城/西村まさ彦/野田秀樹/余貴美子/長塚京三 ほか  

「この世は、円と線でできている―」
そう弟子たちに教えるのは、天才絵師・葛飾北斎。幼いお栄は、北斎の膝の上に抱かれてその言葉を聞いた。
のちに画家・葛飾応為(かつしかおうい)として知られるお栄(おえい)は北斎の三女。本作は絵に魅了されたお栄が、偉大な父を陰で支えながら、独自の表現にたどりつくまでの半生を描く。

「眩(くらら)~北斎の娘~」(C)NHK 原作 朝井まかて『眩』(新潮社刊)
大江戸桜吹雪 八千両の舞
放送日:12月22日、12月30日
(1981年・TV・カラー )
原作:陣出達朗  
出演:杉良太郎(二役)/岡本信人/田中春男/岩井半四郎/淡島千景/江利チエミ ほか  

正義感と野性味溢れる一匹狼、持ち前の鋭い勘と大東流合気柔術を遣う身軽さで悪に立ち向かう駒形の親分こと岡っ引の新五(杉良太郎)。普段は軽妙洒脱な遊び人、ひとたび事件が起これば桜吹雪の彫物も露わに悪を懲らしめる名奉行・遠山金四郎(杉良太郎・二役)。二人は互いに力を合わせ、天下に巻き起こる大事件を解決する。

「大江戸桜吹雪 八千両の舞」(C)ユニオン映画