ソロデビュー50周年記念 特集・沢田研二

伝説のGS「ザ・タイガース」のボーカルにして、歌手、俳優としても知らぬものはいない“ジュリー”こと沢田研二。近年はメディアで観る機会も貴重になっているが、今なお精力的に活動し、多くの根強いファンに支えられている。
ソロデビュー50周年の節目に当たる2021年、姉妹チャンネルの日本映画専門チャンネルでは5月-7月の3ヶ月連続で沢田研二の代表作を総力特集。そこでスタートにあたる5月は、時代劇専門チャンネルでも沢田研二出演の時代劇作品を2作品放送。
代表作のひとつ「魔界転生(1981)」と、ザ・タイガース時代の超お宝映像「てなもんや三度笠」の豪華2作品をお届け。
「魔界転生(1981)」における天草四郎時貞は、沢田研二のキャリアを語るうえでも欠かせない唯一無二の“怪演”であり、必見!ザ・タイガースとしてゲスト出演した「てなもんや三度笠 第301話『長島の難船』」では、ザ・タイガース結成まもないジュリーが2曲も歌を披露!テレビ史に残るお宝映像だ。
日本映画専門チャンネルでも「太陽を盗んだ男」をはじめ代表作が多数登場!両チャンネル合わせてお楽しみに。
ソロデビュー50周年記念 3ヶ月連続 特集・沢田研二ソロデビュー50周年記念 3ヶ月連続 特集・沢田研二

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
魔界転生(1981)
放送日:5月4日、5月16日、5月25日、5月29日
(1981年・映画・カラー )
原作:山田風太郎   監督:深作欣二   脚本:野上龍雄、石川孝人、深作欣二  
出演:千葉真一/沢田研二/真田広之/緒形拳/丹波哲郎 ほか  

寛永15年。12万の幕府軍によって島原の一揆勢はことごとく惨殺され、若き総大将・天草四郎時貞(沢田研二)もその首をさらされた。その夜、聖なる教えをかなぐり捨て、悪魔の力を自らのものとし、雷鳴と共に黄泉の国から蘇った四郎は、黒魔術で細川ガラシャ(佳那晃子)の霊を呼び出し、その肉体を復活させる。宮本武蔵(緒形拳)、宝蔵院胤舜(室田日出男)、伊賀の霧丸(真田広之)ら稀代の兵法家たちも理由は様々だが、自分のやりたいことをするために蘇り"魔界衆"に加わってきた。四郎は、細川ガラシャの霊が乗り移ったお玉を大奥に送り込み、お玉の色香に溺れた家綱を意のままに操り始める。一方、魔人たちは、天下一の剣術家を倒すべく、諸国修行の旅を続ける柳生十兵衛(千葉真一)に次々と襲いかかる。そして、死闘の果てに魔人たちを倒した十兵衛の前に、死んだはずの父・柳生但馬守宗矩(若山富三郎)が現れた…。

「魔界転生(1981)」(C)東映
てなもんや三度笠 第301話「長島の難船」
放送日:5月29日
(1968年・TV・モノクロ )
原作:香川登志緒  
出演:藤田まこと/白木みのる/財津一郎  

渡世人・あんかけの時次郎(藤田まこと)と小坊主・珍念(白木みのる)が全国の街道を旅しながら各地で騒動に巻き込まれていく時代劇風コメディ番組。毎回、当時の豪華スターたちがゲストとして行く先々の登場人物を務め、藤田・白木のてなもんやコンビと軽妙なやりとりを見せた。
ABCホールでの公開収録形式で、収録ではあったが基本一発本番で行われた。

「てなもんや三度笠 第301話「長島の難船」」(C)朝日放送テレビ