日本が世界に誇るクールジャパン文化として急激にその認知度を上げてきた2.5次元。
現在、非常に数多くの人気2.5次元俳優がひしめくその中でも、
ひときわ存在感を放っている俳優といえば“鈴木拡樹”だろう。

2007年に実写ドラマ「風魔の小次郎」でデビュー後、
「弱虫ペダル」や「どろろ」、「最遊記歌劇伝」など数々の2.5次元作品に出演し、
2.5次元界をけん引する役目を担ってきた。

その儚げで柔和な印象とは裏腹に、徹底した役作りと丁寧な演技は原作ファンも太鼓判を押すほどだ。
「キャラクターがまさにそこにいる」と思わせる演技力の高さ、「鈴木拡樹の出演する舞台なら間違いはない」という安定感から、
2.5次元界になくてはならない存在としての地位を確立してきた鈴木拡樹の魅力を存分に味わえる作品を特集放送!

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

7月放送(リピート放送)

舞台「どろろ」(2019年:舞台)

  • 原作:手塚治虫( ※「塚」は旧字体) 脚本・演出:西田大輔 出演:鈴木拡樹/北原里英/有澤樟太郎/健人/影山達也/田村升吾/赤塚篤紀/児島功一/唐橋充/大湖せしる ほか

本編のほとんどを台詞なしで、その目線や瞬きの回数・身体の動きだけで人形のような百鬼丸を再現した鈴木拡樹。
身体の一部を取り戻していくにつれ、徐々に人間的になっていく過程を見事に演じ分け、新たな百鬼丸像を生み出した。
本作の公演期間中に放送されていたTVアニメ版でも声優として同役を務め、第十四回声優アワードで特別賞を受賞した。

「ミュージカル『薄桜鬼』沖田総司 篇」(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

「ミュージカル『薄桜鬼』沖田総司 篇」(2013年:舞台)

  • 原案:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)脚本・演出:毛利亘宏音楽:佐橋俊彦出演:廣瀬大介/松田凌/山本紗也加/矢崎広/池田純矢/宮崎秋人/鈴木拡樹/鈴木勝吾/井俣太良(少年社中)/小林且弥/柏木佑介/江戸川卍丸

人気恋愛シミュレーションゲームがミュージカルに!鈴木拡樹は本作でヒロイン・千鶴の生き別れの双子の兄役を演じ、兄妹として生まれながらも男というだけで冷遇されてきた苦しみから千鶴に歪んだ感情を抱く、という難しい役どころを好演。

放送終了作品

「映画 刀剣乱舞-継承-」(2019年:映画)

  • 原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus) 脚本:小林靖子 監督:耶雲哉治 音楽: 遠藤浩二
    出演:鈴木拡樹/荒牧慶彦/北村諒/和田雅成/岩永洋昭/定本楓馬/椎名鯛造/廣瀬智紀/八嶋智人/山本耕史 ほか

「舞台「どろろ」」(C)手塚プロダクション/舞台「どろろ」製作委員会、「ミュージカル『薄桜鬼』沖田総司 篇」(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会