寺尾聰「雨あがる」 京本政樹「必殺仕事人Ⅴ」 西島秀俊「大奥 第一章スペシャル」ほか 寺尾聰「雨あがる」 京本政樹「必殺仕事人Ⅴ」 西島秀俊「大奥 第一章スペシャル」ほか

2019年1月1日(火・元日)~1月3日(木)
三箇日連日よる6:00~

2019年は12支の最後・亥年。“亥”という字は、ものごとの骨格が出来上がった集大成を表すという。猪突猛進で正義感が強く、弱者を守り強者にもひるまない強さを持つそんな亥年スターがお正月に大集合!!

注目の亥年男たちのラインナップは…
寺尾聰「雨あがる」
西田敏行「女は遊べ物語 戦国・亭主操縦法」
渡辺謙「御用牙」
京本政樹「必殺仕事人Ⅴ」【セレクション放送】
西島秀俊「大奥 第一章スペシャル 桜散る」
福士誠治「まんまこと~麻之助裁定帳~」【セレクション放送】、「時代劇法廷 被告人は徳川吉宗」
以上、6名の精鋭たち。


年の初めの景気づけにぜひご覧ください!

雨あがる
放送日:1月1日、1月22日
(2000年・映画・カラー )
原作:山本周五郎「おごそかな渇き」より   監督:小泉堯史   脚本:黒澤明  
出演:寺尾聰/宮崎美子/三船史郎/吉岡秀隆/檀ふみ/井川比佐志/原田美枝子 ほか  

剣の腕は立つが、世渡りが下手な浪人三沢伊兵衛(寺尾)とその妻たよ(宮崎)は、仕官の口を求める旅の途中で雨に降られ、川の氾濫により木賃宿に逗留することになる。伊兵衛は、宿に泊まる貧しい旅人たちを元気づけようと、賭け試合で金を都合し人々に酒や食べ物をふるまう。翌日、とある喧嘩を仲裁したことから、それを見ていた和泉守(三船)に呼ばれ、御前試合をすることになる。伊兵衛、念願の仕官は果たして成就するのか。

「雨あがる」(C)2000「雨あがる」製作委員会
女は遊べ物語 戦国・亭主操縦法
放送日:1月2日
(1987年・TV・カラー )
原作:司馬遼太郎 ※「遼太郎」の字は、正しくは“しんにょう”の点がふたつ。  
出演:西田敏行/坂口良子/目黒祐樹/下條アトム/藤田弓子/伊吹吾朗 ほか  

世は戦国時代。信長(伊吹吾朗)の家臣・七蔵(西田敏行)は、妻の小梅(坂口良子)に心底惚れている。半年振りに戦陣から戻ってくるや、小梅の名を叫ぶ七蔵だったが、遊び好きの小梅は留守で出迎えもしない。翌日、ようやく戻ってきた小梅は、七蔵に買い物をねだる始末。さすがの七蔵も怒るが、結局、妻の言いなりになってしまうありさま。七蔵は、戦場での働きが認められ加増されたが、小梅の浪費癖のために新しい馬すら買えず・・・。

「女は遊べ物語 戦国・亭主操縦法」(C)C.A.L
御用牙(主演:渡辺謙)
放送日:12月2日、1月3日
(1994年・TV・カラー )
原作:小池一夫/神田たけ志   脚本:中村努  
出演:渡辺謙/津川雅彦/地井武男/荻野目慶子/火野正平/本田博太郎/沖田浩之/織本順吉/森川正太ほか  

天保年間、時の幕府は財政立て直しのため、倹約令を発令した。だが、北町奉行所の隠密廻り同心・板見半蔵(渡辺謙)、人呼んで"かみそり半蔵"は、その横暴なやり口に異議を申し出た。そのために父・孫兵衛は幕府から切腹を申し渡され、半蔵も左遷されてしまう。それから5年後、ようやく奉行所へ復帰を果たした半蔵は、倹約令を実施し、己の都合のままに権力を欲する南町奉行・鳥居甲斐守(津川雅彦)への復讐のために立ち上がった。

「御用牙(主演:渡辺謙)」(C)日本映画放送
必殺仕事人Ⅴ【セレクション放送】 #12
放送日:1月1日
(1985年・TV・カラー )
出演:藤田まこと/山田五十鈴/村上弘明/京本政樹/鮎川いずみ/ひかる一平/菅井きん/白木万理 ほか  

うだつの上がらぬ南町奉行所同心にして、家でも嫁・姑にいびられまくりの婿養子・中村主水(藤田まこと)。だが、裏の顔は、凄腕のベテラン殺し屋である。そんな主水を筆頭に、花屋の政(村上弘明)、組紐屋の竜(京本政樹)、三味線弾き・おりく(山田五十鈴)、情報収集係・加代(鮎川いずみ)、エレキテルの武器を扱う順之助(ひかる一平)ら“仕事人”たちが、依頼人から金をもらって恨みを晴らす痛快時代劇。

「必殺仕事人Ⅴ【セレクション放送】 #12」(C)ABC/松竹
必殺仕事人Ⅴ【セレクション放送】 #21
放送日:1月1日
(1985年・TV・カラー )
出演:藤田まこと/山田五十鈴/村上弘明/京本政樹/鮎川いずみ/ひかる一平/菅井きん/白木万理 ほか  

うだつの上がらぬ南町奉行所同心にして、家でも嫁・姑にいびられまくりの婿養子・中村主水(藤田まこと)。だが、裏の顔は、凄腕のベテラン殺し屋である。そんな主水を筆頭に、花屋の政(村上弘明)、組紐屋の竜(京本政樹)、三味線弾き・おりく(山田五十鈴)、情報収集係・加代(鮎川いずみ)、エレキテルの武器を扱う順之助(ひかる一平)ら“仕事人”たちが、依頼人から金をもらって恨みを晴らす痛快時代劇。

「必殺仕事人Ⅴ【セレクション放送】 #21」(C)ABC/松竹
大奥 第一章スペシャル 桜散る
放送日:1月2日、1月24日
(2005年・TV・カラー )
監督:演出:林徹   脚本:浅野妙子  
出演:松下由樹/高島礼子/瀬戸朝香/西島秀俊/星野真里/木村多江/京野ことみ/野波麻帆 ほか  

春日局(松下由樹)が亡くなり、お万(瀬戸朝香)が徳松を出産してから8年の月日が流れ、時は慶安四年の四月。大奥総取締役となったお万は、家光(西島秀俊)が病に倒れたことから噂になり始めた次期将軍争いに頭を悩ませていた。そんなある日、病床の家光のもとへ正室の孝子(木村多江)が訪れ、これまでの非礼を詫び、懺悔を始める。二人が語り合っているところに、お万とお楽(京野ことみ)もやってくる。お楽は母親の臨終の知らせを受けた際、お万の手助けを得て、家光に黙って実家に帰ったことを打ち明ける……。

「大奥 第一章スペシャル 桜散る」(C)フジテレビ・東映
まんまこと~麻之助裁定帳~【セレクション放送】 #1
放送日:1月3日
(2015年・TV・カラー )
原作:畠中恵 「まんまこと」  
出演:福士誠治/南沢奈央/桐山漣/趙珉和/市川由衣/えなりかずき/石橋蓮司/竹下景子/高橋英樹 ほか  

江戸は神田、玄関先でさまざまな揉めごとの裁定をしている町名主の跡取り・高橋麻之助(福士誠治)。
立場が嘘のようなそのお気楽ぶりは、十六のときの「ある出来事」が原因というが―。
今日も持ち込まれる難問奇問・やっかいごとを、隣町の町名主の跡取りで、色事に関しては凄腕の八木清十郎(桐山漣)、同心見習いで腕はたつが生真面目すぎる相馬吉五郎(趙珉和)の力を借りながら、するすると事件を解決。並外れた推理力で、人の心の奥底に隠れている真真事(※まんまこと)を引き出してしまう。

「まんまこと~麻之助裁定帳~【セレクション放送】 #1」(C)NHK
時代劇法廷 被告人は徳川吉宗
放送日:1月3日、1月23日
(2011年・オリジナル・カラー )
監督:演出:大里治磨   脚本:久保裕章  
出演:渡辺いっけい/福士誠治/眞島秀和/森下哲夫/茅島成美/井沢元彦 ほか  

CS史上初の快挙!第48回ギャラクシー賞テレビ部門選奨受賞番組の第4弾。"徳川幕府中興の祖"とも言われる名君で、「暴れん坊将軍」でもおなじみの八代将軍・徳川吉宗が今回の被告人。享保の改革・目安箱など、まさに"スーパースター"と呼ぶにふさわしい吉宗は本当に名君だったのか?罪名は「詐欺罪」。「被告人・徳川吉宗は庶民の味方という揺るぎないスターダムを築き上げたが、それは吉宗自身による自己像のでっちあげであり、その実像は苛烈な倹約政策と重税を推し進め、庶民を疲弊させた張本人」というのが時代劇検察官の主張だ。「大岡越前」でおなじみの大岡忠相が弁護人側証人として出廷し、"時代劇黄金コンビ"で余裕の構えの吉宗だが、やがてそのスター然とした態度の裏に潜む弱気で孤独な本性が垣間見え…。