【年末アンコール】超大作が描く歴史の分岐点

時代を変えた瞬間を描いた大作映画・ドラマの中から、
チャンネルで今年放送し反響の大きかった3作品を年末にアンコール放送!

12月30日(金)午後3時35分より3作品連続放送

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
桶狭間~織田信長 覇王の誕生~
放送日:12月7日、12月30日、1月15日
(2021年・カラー )
監督:演出 :河毛俊作   脚本:大森寿美男  
出演:市川海老蔵/三上博史/広瀬すず/中尾明慶/竹中直人/北村一輝/味方良介/鈴鹿央士/堀井新太/市川ぼたん/堀越勸玄/松田龍平/黒木瞳/佐藤浩市 ほか  

1560年、清洲城。27歳の織田信長(市川海老蔵)が「敦盛」を舞っている。同じ時、今川軍の先鋒・松平元康<後の徳川家康>(鈴鹿央士)は織田軍の砦の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上博史)が織田家の領地・尾張を我が物にするべく、2万5千の大軍をもって進攻してきたのだ。前夜、今川軍に対し籠城策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった5人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木瞳)に対して、濃姫(広瀬すず)は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。信長は木下藤吉郎(中尾明慶)など信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田信長軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢とともに到着したが、その数は2千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。2万5千VS2千。果たして信長はどんな戦略でこの大軍に立ち向かうのか…。奇跡の戦いが今始まろうとしていた。

「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」(C)フジテレビジョン
燃えよ剣(主演:岡田准一)
放送日:12月11日、12月24日、12月30日、1月14日
(2021年・カラー )
原作:司馬遼太郎 「燃えよ剣」(新潮文庫刊/文藝春秋刊)   監督:原田眞人   脚本:原田眞人  
出演:岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介/伊藤英明尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔 村上虹郎 髙嶋政宏 柄本明 市村正親  

開国か倒幕か――。動乱の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」。彼らと副長・土方歳三の知られざる真実を描く。武州多摩の“バラガキ”土方歳三(岡田准一)は「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)らと共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨(伊藤英明)を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長として類まれな手腕と厳しい法度で組織を統率、新選組は倒幕派勢力制圧に八面六臂の活躍を見せる。お雪(柴咲コウ)と運命的に出会い惹かれあう土方だったが、時流は倒幕へ傾いていき・・・。

「燃えよ剣(主演:岡田准一)」(C) 2021「燃えよ剣」製作委員会
戦国自衛隊<4Kデジタル修復版>※2K放送
放送日:12月4日、12月30日、1月14日
(1979年・カラー )
原作:半村良   監督:斎藤光正   脚本:鎌田敏夫  
出演:千葉真一/夏木勲(夏八木勲)/渡瀬恒彦/江藤潤/竜雷太/三浦洋一/成田三樹夫 ほか  

自衛隊の一個小隊21名が演習に向かう途中、戦車、ヘリコプター、装甲車、哨戒艇もろとも400年前の戦国時代にタイムスリップした。隊長・伊庭(千葉真一)と長尾景虎(のちの上杉謙信:夏木勲(夏八木勲))の友情を軸に、戦うことだけが生きる全てである群雄割拠の戦国時代で男たちの青春とロマンが燃え上がる!戦いの末11名となった戦国自衛隊は、クライマックスで2万人の武田信玄軍と歴史を変える凄絶な戦いを繰り広げる。

「戦国自衛隊<4Kデジタル修復版>※2K放送」(C) KADOKAWA 1979