週末の一挙放送

ちょうしちろうえどにっき3

長七郎江戸日記3

第34話 「艶姿、剣舞い」

ジャンル: TV

里見浩太朗の代表作の一つ。"俺の名前は引導代わりだ!迷わず地獄へ落ちるがよい!!"という決め台詞とともに長七郎の華麗な二刀流が閃く!時代小説の大家・村上元三が、将軍家に生まれながら体制側の人間にはならない新鮮なヒーロー像を創り上げ、血の通った人間ドラマが展開。庶民・長三郎と、葵の御紋を背負った長七郎との落差を小気味よく描き出した原作の面白さそのままに、華麗な二刀流で悪を斬る、爽快な勧善懲悪の痛快娯楽時代劇!

番組情報

出演 里見浩太朗芦屋雁之助下川辰平火野正平国広富之東ちづる立花理佐丹波哲郎 ほか
ゲスト出演 剣幸菅貫太郎
監督
原作 村上元三
脚本
放送・公開年 1990
放送時間 47分
放送話数 全38話
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

三代将軍・家光の治世。家光と将軍の座を争って命を失った駿河大納言忠長の忘れ形見・松平長七郎長頼は、一介の素浪人・速水長三郎として、江戸の口入れ屋"浪花屋"に暮らしていた。
二代将軍・秀忠が生前、長男・家光よりも次男・忠長を溺愛したことから、天下を揺るがす御家騒動が起こった。家光は将軍となった後もそのことで執拗に忠長を追い詰め、やがて自害に追い込む。しかし、その息子・長七郎まで殺すにはしのびなく、大名に取り立てようとする。長七郎は自らも同じような運命を辿ることを避け、お側去らず(=忠臣)の三宅宅兵衛(下川辰平)とともに野に下ったのであった。
高貴な生まれと波乱万丈の生い立ちのため、市井に身を置いても平穏に暮らすことはままならないが、南町奉行所の同心・青目慎太郎(国広富之)とともに世の悪に敢然と立ち向かう長七郎。いよいよ対決の時となると、葵の御紋入りの着物で颯爽と登場し、柳生新陰流免許皆伝の剣で悪者を成敗する。

放送スケジュール

  • 2019年7
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

長七郎江戸日記3(C)ユニオン映画

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン