しのびのもの

忍びの者

ジャンル: 映画

『眠狂四郎』と並ぶ市川雷蔵主演のヒットシリーズ第一作で、村山知義の小説を映画化。それまでの忍者映画といえば、荒唐無稽の奇術のような忍術を披露する類の作品ばかりであった。だが本作では忍術はもとより、忍者の組織などを徹底した考証のもとでリアルに描き、忍者映画の新たなイメージを確立。また市川雷蔵もそれに応えるかのごとく、あくまで非人間的であることを強いられる忍者の苦悩、生き様を見事に演じ切った。監督を左翼映画の旗手・山本薩夫が手がけ、社会派らしく、体制批判を込めた重厚な作品を作り上げた。音楽は渡辺宙明が手がけ、毎日映画コンクールの音楽賞にノミネートされるなど高い評価を得た。仏教の声明やプリペアド・ピアノなどを取り入れた斬新な音楽にも耳を傾けてほしい。

番組情報

出演 市川雷蔵藤村志保伊藤雄之助岸田今日子城健三朗小林勝彦浦路洋子西村晃
ゲスト出演
監督 山本薩夫
原作 村山知義
脚本 高岩肇
放送・公開年 1962
放送時間 105分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

戦国末期、織田信長(城健三朗、のちの若山富三郎)は諸国を撃破して、全国制覇の野望に燃えていた。だが伊賀忍者たちは、宗門をないがしろにする信長のやり方に激しく怒り、頭領の百地三太夫(伊藤雄之助)、そして彼に対立する藤林長門守はそれぞれの配下に信長暗殺の命令を下した。そんな中、下忍・石川五右衛門(市川雷蔵)だけは百地砦で三太夫の妻・イノネ(岸田今日子)の帳付けをさせられていた。そしてイノネに誘惑された五右衛門は体を交えてしまう。三太夫から信長を殺せば罪は許すと言われた五右衛門は京へ赴き、信長暗殺の機会を狙う。だが忍者の資格を剥奪されてしまった五右衛門は、資金集めのために盗賊を働くようになり、いつしか天下の大泥棒としてその名が轟くようになった。

放送スケジュール

=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

忍びの者(C)KADOKAWA 1962

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン