おやこだか

父子鷹

北大路欣也の映画初出演作であり、父・市川右太衛門との親子共演によって作中の親子の情感を遺憾なく発揮する激動の時代劇巨編!また、前記父子に加え、月形龍之介、薄田研二の老練や東宝の志村喬、長谷川裕見子、新劇の東山千栄子ら豪華な顔ぶれも大注目!さらに、「赤穂浪士」「剣豪二刀流」と名作を生み出す時代劇の巨匠・松田定次やベテラン脚本家・依田義賢ら豪華スタッフ陣の子母澤寛の有名原作の世界を形にする仕事もみどころのひとつ!

番組情報

出演 市川右太衛門北大路欣也長谷川裕見子志村喬東山千栄子薄田研二月形龍之介 ほか
ゲスト出演
監督 松田定次
原作 子母澤寛
脚本 依田義賢
放送・公開年 1956
放送時間 97分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。
時代劇専門チャンネルを見るには?

あらすじ

分限者男谷家に生まれ、幼いころに勝家に養子に入った勝小吉(市川右太衛門)は、同家の養女、お信(長谷川裕見子)と許嫁の仲。剣をとっては師も舌を巻く腕前で、根が気風のいい江戸っ子肌、曲がった事は大嫌いという。家族の要望から、小吉も人並みの役付を目指し、支配者石川右近の屋敷へ奉仕に出かけたが、たまたま召出されると、男谷家の財産に目をつけた体のいい無心、若い小吉はあっさりはねつけ、一生を無役で通しても、曲がった事にうなずく心持がしなかった。兄・彦四郎(月形龍之介)の任地に同道し、再び江戸に戻ると、好事重来、支配者石川は卒中で倒れ、変わった支配の頭取は兄と親交ある大久保上野介となった。小吉のお番入りを誓約、お信との祝言も承諾された。しかしお番入り披露宴で、同役の執拗な嫌がらせに吾を忘れ、過ってその一人を殺してしまった。その頃、お信は小吉との子、麟太郎(北大路欣也)を生み落としたのだ。貧乏に耐えながら、麟太郎にこの子だけはと希望を託すのであった。

放送スケジュール

=放送日

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

父子鷹(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン