きへいたい だいいちぶ きょうらくのはなにまう ―けっきのしょう―

奇兵隊 第一部 京洛の花に舞う ―決起の章―

奇兵隊を組織し、明治維新を成功に導いた高杉晋作。29歳という若さで志半ばに散っていった彼を主人公に、幕末の動乱に翻弄される若き武士たちの波瀾の人生を描く日本テレビ年末時代劇スペシャルの第5弾! ドラマ最大の戦いとなった禁門の変のシーンでは、1500万円かけて制作した蛤御門を一気に爆破するなど、臨場感あふれるシーンが連続。晋作を演じる松平健も出家シーンのために剃髪、馬上の戦い、晋作の病状とともに減量するなど、鬼気迫る演技が好評を得た。

番組情報

出演 松平健中村雅俊片岡鶴太郎永島敏行伊藤蘭池上季実子萩原流行堤大二郎勝野洋竜雷太
ゲスト出演
監督 齋藤武市
原作
脚本 野上龍雄
放送・公開年 1989
上映時間 142分
※作品の上映時間は目安の時間となります。正確な上映時間は放送日の1週間前に表示されます。一部作品にはCM分数も含まれます。

あらすじ

1853年の黒船来航以来、200年間鎖国していた日本国内では尊皇攘夷、公武合体、開国、倒幕と様々な議論が起こり、幕藩体制は揺らいでいた。長州藩士・高杉晋作(松平健)は幕府の軍艦で視察に赴く。そこでヨーロッパ列強に支配された植民地状態の上海を見た高杉は自国の危機を察知。しかし激動の時代にあって、尊王攘夷派の志士達と新撰組の対立、薩長関係は緊張、長州征伐、さらに藩内での対立と長い冬の時代が続く。長州藩には、幕末から明治にかけて、桂小五郎[のちの木戸孝允](中村雅俊)、村田蔵六(片岡鶴太郎)、伊藤俊輔[のちの博文](堤大二郎)、久坂玄瑞(永島敏行)ら近代日本の基礎を築いた優秀な人材が多くいた。これら高杉晋作を始めとする若き志士が藩内を掌握してから急激な近代化がはじまる。中でも晋作が結成した「奇兵隊」は、四民の身分の分け隔てない軍隊として、村田蔵六指揮の下、奇兵隊は八面六臂の大活躍を果たすのだが、晋作の身体を病魔が蝕みつつあった…。

※字幕放送サービスは、スカパー!及び一部のケーブルテレビでご視聴の方が、ご利用いただけます。

放送スケジュール

  • 2018年8
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

奇兵隊 第一部 京洛の花に舞う ―決起の章―(C)ユニオン映画

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン