まだまだあります!話題作

しゃらくはどこへいった

写楽はどこへ行った

1968年8月22日に「NHK劇場」の枠で放送された単発ドラマ。詩人で美術にも造詣の深い大岡信が写楽の謎に迫ったラジオドラマの脚本を改作したもので、十返舎一九が写楽の正体を突き止めようとする展開、北斎や歌麿の登場、佐藤慶、岸田今日子、露口茂、山崎努、木村功等、当時、既に演技派として知られた俳優陣の好演などにわくわくさせられる名作ドラマ。観世寿夫の劇中能、澤村訥升(=九代目澤村宗十郎)、坂東好太郎等の劇中歌舞伎のシーンも観逃せない。

番組情報

出演 佐藤慶山形勲岸田今日子露口茂山崎努木村功 ほか
ゲスト出演
監督
原作
脚本 大岡信
放送・公開年 1968
放送時間 53分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。
時代劇専門チャンネルを見るには?

あらすじ

死の床にある絵草紙問屋・蔦谷重三郎(山形勲)がつぶやく「写楽はどこへ行った」という言葉を聞いた作家の十返舎一九(露口茂)は、寛政6年初夏から翌年正月までのわずか半年の間に150枚ほどの役者絵を残して行方不明になった写楽(佐藤慶)の正体を突き止めようと動き出す。かつて一九が蔦谷に寄食していたある日、蔦谷の店に風呂敷包みの中身を見てくれという若い男が現れた。蔦谷の女房・お春(岸田今日子)は包みを受け取るが、忙しい蔦谷は中身も見ず、男に会おうともしなかった。しかし男が去ったあと、包みの中の役者絵を見た蔦谷は、一目で商売になると惚れ込み、男を捜し出して寄食させ、鳴り物入りで売り出す……。

放送スケジュール

  • 2022年10
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

写楽はどこへ行った(C)NHK

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン