午後の連続アワー/深夜の連続アワー

くらやみしとめにん

暗闇仕留人

第17話 「仕上げて候」

1974年(昭和49年)6月29日から12月28日まで、朝日放送・TBS系で全27話が放送された 『必殺』シリーズ第4弾。『仕置人』の続編として主水、半次、おきんが出演、さらなる活躍を見せるが、石坂浩二がそれまで演じてきた好青年役とガラリとイメージを変えて演じた糸井貢役が、哀しみを背負ったキャラクター、三味線のバチでの殺し、悲劇的な顛末で、このシリーズだけの出演となったが、後世に残る人気登場人物となった。三島ゆり子演じる妙心尼が情事の際に発する「なりませぬ」は流行語になるほどのコメディリリーフとして、哀しいストーリー展開をいっそう際だたせている。

番組情報

出演 石坂浩二藤田まこと近藤洋介津坂匡章野川由美子菅井きん白木万理三島ゆり子木村夏江 ほか
ゲスト出演
監督 工藤栄一田中徳三 ほか
原作
脚本
放送・公開年 1974
上映時間 50分
放送話数 全27話
※作品の上映時間は目安の時間となります。正確な上映時間は放送日の1週間前に表示されます。一部作品にはCM分数も含まれます。

あらすじ

嘉永6年。浦賀沖に黒船が来航、江戸の町は大混乱となる。そんな時でもあいかわらず冴えないままの北町奉行所同心・中村主水(藤田まこと)であったが、かつての正体は金をもらって殺しを請け負う裏稼業の"仕置人"だった。そんな中、主水は、坊主姿の男(近藤洋介)がすさまじい怪力で役人を殺害するところを目撃し、さらに、懐を狙ってきた黒衣姿の男(石坂浩二)と対決する。そして町で"仕置人"仲間の半次(津坂匡章)、おきん(野川由美子)と再会した主水は、再び裏稼業を始めることを決意、黒衣姿の男・元御家人の糸井貢と、坊主姿の男・石工の大吉を誘う。5人は"仕留人"として、江戸の悪を消していく……。

※字幕放送サービスは、スカパー!及び一部のケーブルテレビでご視聴の方が、ご利用いただけます。

放送スケジュール

  • 2018年7
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31

    この番組の放送日程

    放送日 時間
  • 2018年8
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31

    この番組の放送日程

    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

暗闇仕留人(C)ABC/松竹

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン