しんごじゅうばんしょうぶ だいいちぶ・だいにぶ そうしゅうばん

新吾十番勝負 第一部・第二部 総集版

ジャンル: 映画

川口松太郎が朝日新聞に連載した時代小説を、大川橋蔵の主演で映画化、1959年(昭和34年)3月17日に公開された『新吾十番勝負』、同年8月19日に公開された『新吾十番勝負 第二部』を再編集、一本にまとめて公開された総集版。第一部と第二部のフィルムは現存しないのが残念至極だが、若き日の吉宗と葵新吾をしっかりと演じ分け、華麗な殺陣を披露する大川橋蔵の魅力が存分に味わえる。

番組情報

出演 大川橋蔵大友柳太朗月形龍之介大河内傳次郎佐久間良子花園ひろみ岡田英次
ゲスト出演
監督 松田定次第一部小沢茂弘第二部 
原作 川口松太郎
脚本 川口松太郎
放送・公開年 1959
放送時間 104分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

秩父山中で剣豪・梅井多門(山形勲)と真崎庄三郎(岡田英次)に育てられた美女丸(大川橋蔵)は、実の父である将軍吉宗(大友柳太朗)から、"葵新吾"の名と御墨付きを与えられ、剣のために生きることを誓う……。

紀州五十五万石の三男・鯖江城主の松平頼方(大川橋蔵)は、行列を乱した薬師問屋越前屋の主人・半六(明石潮)を無礼打ちにする。半六の娘・お長(長谷川裕見子)と番頭の庄三郎(岡田英次)に仇として襲われた頼方だったが、お長を見初め、やがて妻にし、男子を成して美女丸と名付ける。失意の庄三郎は、頼方の剣術指南役・武田一真(月形龍之介)を狙う剣豪・梅井多門(山形勲)に救われ、秩父山中の大台ヶ原にある真崎備前守道場で剣を学ぶことになる。復讐を誓った庄三郎はみるみる剣の腕を挙げ、ひとり城に忍びこみ、美女丸をさらう。月日は流れ、頼方は徳川八代将軍吉宗(大友柳太朗)となる。多門と庄三郎に育てられ美少年剣士となった美女丸(大川橋蔵・二役)は、ある日、近所の娘・お縫(桜町弘子)に言い寄る5人の黒田藩士を斬ってしまう。多門は助命嘆願のため、美女丸を連れて筑前福岡城に赴く。藩主黑田綱正(三島雅夫)が、美女丸に切腹を言い渡すと、多門は当然、美女丸の父親が吉宗であることを告げ、美女丸を驚かせる。庄三郎によって大奥奉公に上がったお縫を通じて、吉宗とお鯉の方となったお長に美女丸が生きていたことが伝えられる。将軍の子であることを知った衝撃で一度は逃げ去った美女丸だったが、老中・安藤対馬守(大河内傳次郎)の屋敷に現れる。美女丸の元に吉宗から御墨付きが届けられ、"葵新吾"と名乗るよう伝えられる……。

放送スケジュール

=放送日

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

新吾十番勝負 第一部・第二部 総集版(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン