じろちょうさんごくし(しゅえん:つるたこうじ)

次郎長三国志(主演:鶴田浩二)

ジャンル: 映画

1963年(昭和38年)に公開された東映映画。東宝で『次郎長三国志』全9部作を手がけたマキノ雅弘監督が、次郎長役の鶴田浩二を筆頭に、既に東映の看板女優となっていた佐久間良子、若き日の松方弘樹、山城新伍、津川雅彦、映画デビューして間もない藤純子(現・冨司純子)、その他悪役・脇役に至るまで適材適所のキャストを配し、軽快な展開、音楽で、お馴染み次郎長一家の初期エピソードを紡ぎ、大いに楽しめる娯楽作となっている。全4部作の1作目。

番組情報

出演 鶴田浩二佐久間良子山城新伍松方弘樹津川雅彦長門裕之藤純子 ほか
ゲスト出演
監督 マキノ雅弘
原作 村上元三
脚本 マキノ雅弘山内鉄也
放送・公開年 1963
放送時間 102分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

駆け出しのやくざ・次郎長として2年ぶりに清水に帰って来た長五郎(鶴田浩二)のもとには、その侠気に惚れ込んだ鬼吉(山城新伍)、綱五郎(松方弘樹)、政五郎(大木実)が子分として集い、一家を構える……。

駿河は清水、米屋の倅・長五郎(鶴田浩二)が、ヤクザの次郎長となって2年ぶりに夫婦約束をしたお蝶(佐久間良子)とその兄・大熊親分(水島道太郎)のもとに帰ってきた。お蝶と新居を構えた次郎長は、旅から帰る途中に秋葉の馬定一家の賭場で助けた桶屋の鬼吉(山城新伍)を最初の乾分に迎える。馬定一家が次郎長に喧嘩を売り、その使者として、関東綱五郎(松方弘樹)がやって来たが、次郎長の侠気にうたれて乾分となる。さらに次郎長と剣の師を同じくする尾張の浪人・伊藤政五郎(大木実)が、妻のぬい(小畑絹子)と別れ、武士を捨て、名も大政と改め次郎長の子分となる。次郎長の叔父・和田島の太左衛門(香川良介)が甲州津向の文吉(原健策)に喧嘩を売られた。助っ人に立とうとした次郎長だったが、大政の勧めで、仲裁役を買って出る。喧嘩を仲裁し男を上げた次郎長だったが、騒ぎの罪を被り、鬼吉、綱五郎、大政と共に旅に出る……。

放送スケジュール

  • 2019年5
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

次郎長三国志(主演:鶴田浩二)(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン