ぞく じろちょうさんごくし

続 次郎長三国志

ジャンル: 映画

1963年(昭和38年)11月10日に公開された東映映画。このシリーズ第2弾では、前作のラストにちらりと登場した森の石松が次郎長一家と出会い、その後、映画中盤まで主人公として活躍する。演じる長門裕之が歌に、喧嘩に、恋に、笑いにと熱演を繰りひろげる。

番組情報

出演 鶴田浩二佐久間良子山城新伍松方弘樹津川雅彦長門裕之藤純子丘さとみ ほか
ゲスト出演
監督 マキノ雅弘
原作 村上元三
脚本 マキノ雅弘山内鉄也
放送・公開年 1963
放送時間 90分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

三島で赤鬼の金平(堀正夫)一家との喧嘩に圧勝した清水次郎長(鶴田浩二)一家。綱五郎(松方弘樹)たちは喧嘩を茶化した旅の男に絡むが、次郎長はその度胸に感心する。男の名は森の石松(長門裕之)……。
仇討ちの連鎖を抱えた仙右衛門(津川雅彦)と、駆け落ち相手のおきね(御影京子)のために、清水次郎長(鶴田浩二)は、子分の鬼吉(山城新伍)、関東綱五郎(松方弘樹)、大政(大木実)、法印大五郎(田中春雄)を連れて、三島にやってくる。仙右衛門を仇とねらう男たちの後ろ盾である赤鬼一家へと向かった次郎長一行だったが、赤鬼の金平(堀正夫)はまったく耳を貸さない。ついに河原で喧嘩になるが、仲裁に入った次郎長の剣の師・小川武一(近衛十四郎)も加勢し、これに圧勝する。翌朝再び旅に出た次郎長一家だったが、綱五郎、鬼吉、大五郎は、昨晩の喧嘩の際にこれを茶化した旅の男(長門裕之)に喧嘩を売る。男の度胸と腕に感心した次郎長は、森の石松と名乗ったこのヤクザに、半年もしたら清水に訪ねて来るよう伝える。次郎長一家と別れた石松は、追分の三五郎(大村文武)という男と意気投合し、共に旅をする……

放送スケジュール

  • 2019年5
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    放送日 時間
=放送日
放送日 時間

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

続 次郎長三国志(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン