まだまだあります!話題作/【銀幕の時代劇 黄金の10年】/時代劇プレミアム23

わかさまざむらいとりものちょう べにつるやしき

若さま侍捕物帖 紅鶴屋敷

ジャンル: 映画

1958年(昭和33年)12月15日に公開された東映映画でシリーズ第7弾。不気味な紅鶴屋敷、一癖も二癖もある登場人物たち、謎が謎を呼ぶ連続殺人、当時新鋭の沢島忠監督による恐怖を煽るシーンの数々で、シリーズ初のスリラーとして、新風を吹き込み、楽しめる。数十人を相手に斬りまくる大川橋蔵の華麗な大立ち回りも健在。

番組情報

出演 大川橋蔵月形龍之介進藤英太郎沢村宗之助桜町弘子花園ひろみ ほか
ゲスト出演
監督 沢島忠
原作 城昌幸
脚本 比佐芳武鷹沢和善 
放送・公開年 1958
放送時間 82分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

夜な夜な怪しげな物音がするという噂が立っていた紅鶴屋敷を別荘にしていた江戸の豪商・越後屋清左衛門(原健策)が殺される。近くの舟宿・喜仙の寮に逗留していた若さま(大川橋蔵)が、事件の謎を追う……。
江戸からほど遠からぬ海沿いのひなびた漁師町に、今は江戸の豪商・越後屋清左衛門(原健策)が別荘にしているが、昔住んでいたという姫が折った千羽の紅色の折鶴が揺れる"紅鶴屋敷"と呼ばれる古い大きな屋敷があった。近頃、その屋敷では夜になると占めたはずの戸が開いていたり、誰もいないはずの部屋で足音が聞こえたりという不気味な噂が広まっていた。ある日、清左衛門に父親の越後屋を乗っ取られたと恨む甥の清吉(片岡栄二郎)が、兄貴分のやくざ者3人を助太刀に清左衛門を襲うが、3人は返り討ちにされ、清吉も組み伏せられ殴られる。すると当然,馬乗りになっていた清左衛門が倒れ、その背中には清吉のドスが突き立てられ、紅色の折鶴が置かれていた。清左衛門の下で倒れていたところを見つかった清吉は、懸命に否定するものの、4人を殺した疑いで、岡っ引きの遠州屋小吉(沢村宗之助)に捕まる。折から柳橋の舟宿・喜仙に居候する若さま(大川橋蔵)が、喜仙の娘・おいと(花園ひろみ)と共に舟祭りの見物がてら、喜仙の寮に逗留していた。なじみの小吉に再会した若さまは、紅鶴屋敷と事件の謎を探り始める……。

放送スケジュール

=放送日

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

若さま侍捕物帖 紅鶴屋敷(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン