鶴田浩二、時代劇の軌跡/時代劇プレミアム23

やぎゅうぶげいちょう そうりゅうひけん

柳生武芸帳 双龍秘剱

ジャンル: 映画

『柳生武芸帖』の続編で、1958年(昭和33年)1月3日に公開された大作。前作の出演陣に、乙羽信子、八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)が加わり、岡田茉莉子も二役で登場するなど、ますます豪華な顔ぶれとなった。前作の三船敏郎に替わって鶴田浩二演じる霞の千四郎が主役となり、柳生武芸帳を巡って様々な者たちが繰りひろげる争いの中で、剣に恋にと大活躍!

番組情報

出演 鶴田浩二三船敏郎乙羽信子久我美子岡田茉莉子 ほか
ゲスト出演
監督 稲垣浩
原作 五味康祐
脚本 稲垣浩若尾徳平
放送・公開年 1958
放送時間 106分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

柳生武芸帳の行方を追う忍者・霞の千四郎(鶴田浩二)は、謎の虚無僧一団の頭領・清姫(乙羽信子)を救う。一方、兄の多三郎(三船敏郎)は、柳生十兵衛(戸上城太郎)に夕姫(久我美子)を斬られ、復讐を誓う……。
将軍徳川家光(岩井半四郎)の面前で、老中・松平伊豆守(小堀明男)は、大目付・柳生但馬守(大河内伝二郎)に柳生武芸帳について詰問するが、はぐらかされ続けた挙げ句、家光から詮議を止められ、お役罷免となってしまう。直談判に来た大久保彦左衛門(左卜全)は、家光から、武芸帳の秘密を暴こうとすれば、京の都・禁中を後ろ盾にする柳生一門が徳川家に反抗し、天下の平和が乱れることを聞かされ、家光が武芸帳の謎を秘かに探索させるために伊豆守を罷免したことを覚る。武芸帳を狙う謎の虚無僧一団の正体を探るため、一団に紛れ込んでいた陰流忍者・霞の千四郎(鶴田浩二)は、武芸帳三巻のうち一巻を、江戸を逐電した兄・多三郎(三船敏郎)と夕姫(久我美子)が持っていることを、師・山田浮月斎(東野英治郎)に伝える。相模川のほとりに隠れ住む多三郎と夕姫は武芸帳を持っていなかったが、柳生十兵衛(戸上城太郎)一味に襲われ、夕姫は斬り殺されてしまう……。

放送スケジュール

=放送日

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

柳生武芸帳 双龍秘剱(C)1958 東宝

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン