わかさまさむらいとりものちょう せんけつのにんぎょ

若さま侍捕物帖 鮮血の人魚

ジャンル: 映画

両国の川開きの夜に花火師が殺害された事件を発端に、火薬を巡る利権と人魚の謎を若さまが追う。初のカラー作品という事で、若さまのワンショットや立ち廻りも前作以上に多く、まさに若さま=橋蔵の魅力を思う存分楽しむことができる一作。第1作からヒロインを務める星美智子は本作が最後の出演であり、美しい“おいと”(星美智子)をカラーで拝めるのも本作だけだ。

番組情報

出演 大川橋蔵星美智子大川恵子星十郎進藤英太郎千原しのぶ岸井明 ほか
ゲスト出演
監督 深田金之助
原作 城昌幸
脚本
放送・公開年 1959
放送時間 83分
※作品の放送時間は目安の時間となります。正確な放送時間は放送日の1週間前に表示されます。放送時間は本編のみの時間となります。

あらすじ

両国の川開きの夜、花火師六兵衛(中野雅晴)が船上で殺された。死骸のまわりで人魚が踊っていたという噂が…。若さま(大川橋蔵)は小吉(星十郎)と頓平をつれて捜査を始める。
そもそもは廻船問屋・利倉屋金左衛門(岡譲司)が六兵衛の使う強力な新火薬に目をつけたのがこの事件の発端だった。その寄宿人・舞岳庵(渡辺篤)は蘭学者了巴(進藤英太郎)が火薬の発明者だと察知し、彼の行動をさぐらせ、若さまには女スリおさい(千原しのぶ)が利倉屋の命でつきまとった。ある日、尾張屋敷から重臣青山玄蕃(坂東簑助)、了巴とうつぼ姫(大川恵子)の一行が旅姿で現れ、その後を若さま達、おさい、利倉屋一味がそれぞれ追った。利倉屋一味は漁師達から人魚の噂をききこみ、謎の人魚島へ案内させるが、途中、人魚に襲われ船は転覆した。島に流れつき、洞窟の火薬倉を発見した時、了巴の部下の銃が一斉に火をふき、利倉屋一味は全滅してしまう。一方若さまは、これが尾張家転覆に繋がる大事件であることに気付いてゆく…。

放送スケジュール

=放送日

時代劇専門チャンネルの一日は、あさ4時から始まります。あさ4:00から翌4:00までを一日としてお届けしております。
※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

若さま侍捕物帖 鮮血の人魚(C)東映

※番組内容・放送時間は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

※番組表PDFをご覧になる際は、最新のAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

img
時代劇専門チャンネルお客様窓口
時代劇専門チャンネルお客様窓口
姉妹チャンネル 日本映画専門チャンネル 日本映画専門チャンネル

キャンペーン・PR

  • スカパー!
  • スカパー!プレミアムサービス
  • J:COMタブレット端末実質0円
  • ひかりTV新規加入キャンペーン