2ヶ月連続特集 没後10年 藤田まこと 2ヶ月連続特集 没後10年 藤田まこと

俳優・歌手・コメディアンなど、様々な顔を持つ藤田まこと。中でも特に時代劇俳優としては、ご存じ「剣客商売」や「必殺シリーズ」などの代表作があり、大きな足跡を残しました。
2020年2月はそんな藤田まことの没後10年にあたります。時代劇専門チャンネルでは、その功績への敬意をこめて集中特集。代表作「剣客商売」「必殺シリーズ」はもちろん、初主演作にして一躍藤田まことを全国区に押し上げた伝説の番組「てなもんや三度笠」や、国民的ヒーロー“丹下左膳”を演じたTV長編など、主演作を2ヶ月にわたって一挙放送します。デビュー間もない若かりし姿から晩年に至るまでの、“時代劇俳優”としての藤田まことの足跡をお楽しみください。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
藤田まことの丹下左膳1 痛快!美女に弱いはぐれ剣士、将軍吉宗の江戸で巨悪を斬る!
放送日:2月17日
(1990年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

世は徳川八代、吉宗の時代。揚弓屋の用心棒・丹下左膳はチョビ安という子供を拾ってきて女主人のお藤に預けた。チョビ安は何者かによって殺された父の形見「コケザルの壷」を大事に持っていた。実はこの壷こそ藩主により幕閣の陰謀証拠書類塗りこめられたものだった。これを奪おうと次々と襲い来る刺客から、左膳がチョビ安を守り続けるが…。

「藤田まことの丹下左膳1 痛快!美女に弱いはぐれ剣士、将軍吉宗の江戸で巨悪を斬る!」(C)東映
藤田まことの丹下左膳2 大江戸にニセ左膳出現!血を呼ぶ魔剣をめぐって競う美女三人
放送日:2月18日
(1991年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/佳那晃子/橋爪功/田村亮 ほか  

世は徳川八代、吉宗の時代。剣の収集家である奥州・松倉藩々主・由布施陸奥忠勝が、藩内随一の剣の使い手・諏訪栄三郎に、天下の名剣「関の孫六」「乾雲・坤竜」を命に代えても手に入れよと命ずる。その頃、左膳は居候先のお藤の矢場で、気楽な毎日を送っていた。そんな矢先、松倉藩家老から左膳に呼び出しがかかる。

「藤田まことの丹下左膳2 大江戸にニセ左膳出現!血を呼ぶ魔剣をめぐって競う美女三人」(C)東映
藤田まことの丹下左膳3 江戸城狙わる!義賊暗闇小僧を追う左膳と大岡越前
放送日:2月19日
(1993年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

不景気風が吹き荒れる江戸の町に暗闇小僧と名乗る義賊が出没し、庶民の喝采をあつめていた。幕閣としては放っておくこともできず、暗闇小僧捕縛に乗り出す。一方、左膳は相変わらずぐうたらな毎日を送っていた。しかし、ひょんなことから捕り物騒ぎに巻き込まれ…。

「藤田まことの丹下左膳3 江戸城狙わる!義賊暗闇小僧を追う左膳と大岡越前」(C)東映
藤田まことの丹下左膳4 彷徨う丑三つの花嫁 江戸城に渦巻く大陰謀!
放送日:2月20日
(1994年・TV・カラー )
原作:林不忘   監督:吉川一義   脚本:篠崎好  
出演:藤田まこと/眞野あずさ/橋爪功/田村亮 ほか  

時は徳川八代将軍・吉宗の頃。江戸を離れ旅に出ていた一匹狼の浪人・丹下左膳は、賭場に顔を出しては一文無しになっていた。その頃、江戸の町では「丑三ツの花嫁」の不気味な噂でもちきりだった。毎夜決まって丑三ツ時になると、最近殺された白無垢の花嫁の幽霊が現れるといい、実は死んだ花嫁は裏で客をとっていたという。そんな中、チョビ安危篤の知らせをうけた左膳は、家に戻る途中、噂の幽霊駕籠に出くわす…。

「藤田まことの丹下左膳4 彷徨う丑三つの花嫁 江戸城に渦巻く大陰謀!」(C)東映
てなもんや三度笠 第300話「風流おうむ石」
放送日:2月17日
(1968年・TV・モノクロ )
原作:香川登志緒  
出演:藤田まこと/白木みのる/財津一郎  

渡世人・あんかけの時次郎(藤田まこと)と小坊主・珍念(白木みのる)が全国の街道を旅しながら各地で騒動に巻き込まれていく時代劇風コメディ番組。毎回、当時の豪華スターたちがゲストとして行く先々の登場人物を務め、藤田・白木のてなもんやコンビと軽妙なやりとりを見せた。
ABCホールでの公開収録形式で、収録ではあったが基本一発本番で行われた。

「てなもんや三度笠 第300話「風流おうむ石」」(C)朝日放送テレビ
剣客商売スペシャル 助太刀
放送日:1月11日、2月14日
(2004年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に娶って、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛はかつての剣友・酒井善蔵(蟹江敬三)との再会を果たす。善蔵は大病を患って道場を閉めていたが、娘婿の忠兵衛(山田純大)が道場を再興し、ようやく幸せな日々を取り戻したのであった。その頃、小兵衛の息子・大治郎(山口馬木也)は、林牛之助(益岡徹)と出会い、その人柄にひかれる。林は父の仇を討たんとする中島伊織(石田法嗣)の後見人を務めており、大治郎は二人を思って仇を探し出すが、その相手とは以外なことに忠兵衛であった。

「剣客商売スペシャル 助太刀」(C)松竹
剣客商売スペシャル 母と娘と
放送日:1月18日、2月21日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、懇意にしている医師・小川宗哲(島田順司)宅で、村松太九蔵(夏八木勲)と出会う。太九蔵は、重い病に冒され、余命一ヶ月の猶予しか残されていなかった。後日、小兵衛は息子・大治郎の妻である三冬と共に太九蔵を見舞う。太九蔵宅には母の顔を知らぬという娘のさよ(宮本真希)がいた。田沼意次の妾腹の子として生まれた三冬は、さよに自分と同じ境遇を見る。その太九蔵の家を、謎の女絵描き・瀬川幽仙(松原智恵子)が影ながら見守っていた。その頃、大治郎は、食いつめ浪人どもに襲われそうになっていた若い浪人・永井源太郎(高杉瑞穂)を助けるが……。

「剣客商売スペシャル 母と娘と」(C)松竹
剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場
放送日:1月25日、2月28日
(2005年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

秋山小兵衛(藤田まこと)は、道場をたたみ、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、小兵衛は妻のおはる(小林綾子)と共に、侍同士の果し合いに出くわす。素浪人・羽賀儀平(宍戸開)は見事な剣さばきで一瞬のうちに相手を打ち倒し、小兵衛をも瞠目させる。羽賀はその様子を見ていた旗本・久世帯刀(立川三貴)の家来・谷万右衛門(石倉三郎)の推挙により、久世に仕える身となった。久世は羽賀の腕のほどを同じ旗本寄合組の高木筑後守(菅野菜保之)に自慢するが、そのことが発端となり、羽賀は無外流を使う高木臣下の剣豪・吉村弥惣治(内藤剛志)と真剣で決闘することになってしまう。吉村は小兵衛のかつての弟子であった。ことを聞きつけた小兵衛は無益な争いを止めさせようと奔走するが……。

「剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場」(C)松竹
剣客商売スペシャル 女用心棒
放送日:2月1日
(2006年・TV・カラー )
原作:池波正太郎   脚本:古田求  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/山内としお ナレーター:橋爪功  

江戸時代中期、老中・田沼意次(平幹二朗)の権勢はなやかなりし頃。江戸で屈指の名人とうたわれた無外流の達人・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40歳年下の若い娘・おはる(小林綾子)を妻に迎え、倅・大治郎(山口馬木也)も剣客として独立し、悠々自適の隠居生活を送っていた。ある日、大治郎の妻・三冬(寺島しのぶ)は、4人の無頼者に娘が誘拐されそうになっていたところに出くわし、娘を助けて無頼者の一人を取り押さえた。娘の名前はお雪(大西麻恵)といい、江戸でも知られた小間物問屋・山崎屋卯兵衛(江藤潤)の娘であった。三冬からその話を聞いた小兵衛は、身代金目当てを装った事件ではあるが、身内の反抗ではないかと睨む……。

「剣客商売スペシャル 女用心棒」(C)松竹
剣客商売スペシャル 春の嵐
放送日:1月4日、2月8日
(2008年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/平幹二朗/山内としお ほか  

江戸屈指の腕を持つ老剣客・秋山小兵衛(藤田まこと)は、40も年下の妻・おはる(小林綾子)と気ままな生活を送っていた。ある日、息子・大治郎の名を騙る辻斬りが現れ、大治郎(山口馬木也)は疑惑の目を向けられる……。辻斬りに襲われたのは老中・田沼意次(平幹二朗)との確執が囁かれている松平越中守定信(福士誠治)の家来であった。小兵衛の指図で四谷の弥七(三浦浩一)らが探索を続けた結果、行き着いた先は、小兵衛の古くからの知人・戸羽休庵(松方弘樹)の屋敷であった。

「剣客商売スペシャル 春の嵐」(C)松竹
剣客商売スペシャル 道場破り
放送日:1月11日、2月15日
(2010年・TV・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:藤田まこと/山口馬木也/寺島しのぶ/小林綾子/梶芽衣子/三浦浩一/平幹二朗/木村元/山内としお ほか  

初秋のある日、秋山小兵衛(藤田まこと)はなじみの料亭「不二楼」の裏庭で、まき割りをする貧しい身なりの浪人・鷲巣見平助(中村梅雀)を知り、その人柄の良さと剣の腕前に興味を抱く。一方、小兵衛の息子・大治郎(山口馬木也)と三冬(寺島しのぶ)夫婦宅に出入りする大工・正吉(本田大輔)は病に伏せており、妻のおしの(星野真里)は、医師の高月南里(温水洋一)と薬種問屋主人・小松喜左衛門(渡辺哲)から薬代として法外に高額の支払いを強いられていた。借金に苦しむおしのは、南里から体を売ることをほのめかされて医院を飛び出し、元気なく家に戻った。そんなおしのの姿を物陰から見ていたのは平助だった。翌日、大治郎が同じ流派の間宮道場を訪問したところ、平助が道場破りに現れ、大治郎と立ち会うことになる。かろうじて大治郎の一振りが平助をかすめ、平助は潔く負けを認めて去って行った。その様子を聞いた小兵衛は、平助のもとを訪れ、その身の上話を聞く……。

「剣客商売スペシャル 道場破り」(C)松竹
必殺仕置屋稼業
(1975年・TV・全28話・カラー )
出演:藤田まこと/沖雅也/新克利/渡辺篤史/中村玉緒/菅井きん/白木万理/小松政夫  

裏稼業から足を洗っていた中村主水(藤田まこと)は、北町奉行から南町へと転勤となった。ある日、主水は女髪結いのおこう(中村玉緒)から仕置きの依頼を受けるが断った。だが依頼人が非業の死を遂げ、裏稼業へ戻ることを決意。一匹狼の殺し屋・市松(沖雅也)、怪力の托鉢僧・印玄(新克利)らと共に<仕置屋>を結成、弱者の晴らせぬ恨みを晴らしていく。

「必殺仕置屋稼業」(C)ABCテレビ/松竹