必殺アワー

月~金曜の午後5時は毎日「必殺」!しかもハイビジョン!

   表の顔は一般市民だが、裏では金で殺しを請け負い、虐げられた人々の恨みを晴らす闇のアウトローたちを描く人気時代劇「必殺」シリーズ。1972年9月『必殺仕掛人』を皮切りに歴史の幕を開けた「必殺」は、殺し屋たちのハードな活躍とその奥に息づく日常性が描かれた深みのあるドラマ、それまでの時代劇の常識を超えた斬新な設定、光と影の織りなす映像美、世相を巧みに取り入れる新鮮さといった数々の魅力によって大いなる反響を得て、「仕置人」「仕留人」「仕業人」「仕事人」...と呼び名を変え、殺しのメンバーを変えながら実に30作以上が制作された。歴代最高視聴率は37.1%を記録(『必殺仕事人Ⅲ』第21話 1983年3月4日放送)。そして2009年には、TVシリーズとしては『必殺仕事人 激突!』('91-'92)以来およそ17年ぶりとなる新作『必殺仕事人2009』が放送され、2013年2月には新作となるスペシャルドラマ『必殺仕事人2013』が放送された。「必殺」は、今なお色褪せぬ輝きを放つ不朽の名作にして、新作を待ち望むファンの声が続く現在進行形の超人気シリーズなのである。

   時代劇専門チャンネルでは、平日(月~金曜)の午後3時に必殺シリーズを好評放送中。 ハードな初期作品から華やかな後期作品まで、幅広いラインナップの「必殺」シリーズ作品が続々と登場する予定なので乞うご期待!さらに磨きのかかった「必殺」の映像世界に浸ってほしい。

LINEでも仕事だぜ!! 必殺仕事人公式ボイススタンプが遂に登場!! 全24種

放送作品


■月~金 午後3:00(再放送は深夜3:00~)

(C)ABC/松竹

必殺仕事人Ⅲ
 1982年・TVシリーズ・全38話・カラー   HDマスター ★字幕放送番組詳細

出演 藤田まこと/中条きよし/三田村邦彦/山田五十鈴/鮎川いずみ/ひかる一平/菅井きん/白木万理

うだつの上がらない南町奉行所の同心・中村主水(藤田まこと)。実は金で殺しを請け負って、人々の怨みを晴らす凄腕の仕事人という裏の顔を持っていた。主水は、仕事人仲間たちと闇に紛れて怨みの数々を晴らしていく。そんな主水の仲間とは、なんでも屋の加代(鮎川いずみ)、簪(かんざし)の秀(三田村邦彦)、三味線屋のおりく(山田五十鈴)、勇次(中条きよし)、そして新たな仲間として西洋医学所への合格を目指す受験生・西順之助(ひかる一平)の5人であった。


(C)ABC/松竹

必殺仕掛人
 1972年・TVシリーズ・全33話・カラー   HDマスター ★字幕放送 番組詳細

出演 緒形拳/林与一/山村聡/中村玉緒/津坂匡章(現・秋野太作)/太田博之/松本留美/野川由美子 ほか

文化文政の江戸時代。口入れ屋の音羽屋半右衛門(山村聡)は、殺しを請け負う仕掛人という裏稼業の元締めだった。「生かしておいては世のため、人のためにならない人でなくては殺さない」という信念のもと、半右衛門は店の手代・千蔵(津坂匡章/現・秋野太作)を手先として情報を集め、配下の仕掛人・鍼医者の藤枝梅安(緒形拳)、浪人の西村左内(林与一)に極悪人を暗殺させていく......。

(C)ABC/松竹

4月5日(金)スタート!

必殺必中仕事屋稼業
 1975年・TVシリーズ・全26話・カラー   HDマスター ★字幕放送 番組詳細

出演 緒形拳/林隆三/草笛光子/中尾ミエ/岡本信人/大塚吾郎/芹明香 ほか

1975年1月4日から1975年6月27日まで、全26話が放送された「必殺」シリーズ第5弾で、当時のギャンブルブームを背景に、「賭け事」をテーマに据えている。数々の「賭け事」を通じての緊張感や、爽快感、奇抜なテクニックといった新趣向が、アクションや殺しの迫力といった「必殺」シリーズ本来の面白さと融合し、さらなる魅力を与えている。また『仕掛人』の緒形拳が二度目の主演を務め、相棒役の林隆三との間で繰り広げられる丁々発止のやりとりも面白い。そして林演じる政吉には元締・おせいの息子という設定が盛り込まれているのも本作の大きな特徴。当の政吉はそのことを知らず、おせいもまたそれを言い出せず、そこに葛藤が生まれるというシリーズを通じての縦線があり、1話たりとも観逃せない!

「HDマスター」とは、ハイビジョン素材での放送という意味です。SD放送においても美しい映像をご覧になれますが、ハイビジョン素材本来の高精細画質でお楽しみいただくためには、時代劇専門チャンネルHD(スカパー!及び一部ケーブル局、ひかりTVにて放送)にご加入のうえ、ハイビジョン対応テレビにてご視聴していただく必要があります。