大岡越前

放送開始から50年以上経っても、我々の心に深く響く「大岡越前」。
勧善懲悪や捕物帳、切った張ったの時代劇とは大きく一線を画す、
いつの時代に見ても我々の心を動かす傑作時代劇である。

時代劇専門チャンネルではこの大人気シリーズ全15部を5月より放送中。
テレビの前で、機知と人情にあふれた"大岡裁き"をご堪能ください。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

月曜〜金曜 午後5:00

「大岡越前 第4部」(1974年:全25話:TBS系列)

加藤剛/竹脇無我/山口崇/宇津宮雅代/土田早苗/高橋元太郎/大坂志郎/三浦友和/江波杏子/片岡千恵蔵

第4部あらすじ

やむなく謀反に荷担して死んだ浪人の息子・相良俊輔(三浦友和)を内与力として登用した江戸南町奉行・大岡忠相(加藤剛)は、同心・村上源次郎(大坂志郎)や岡っ引きの辰三(高橋元太郎)らと共に事件を解決していく......。
シリーズ第四弾。今シリーズは主に物価抑制に苦闘する越前が描かれ、吉宗の病気、同心・村上の再婚ほか、エピソードも盛りだくさん。72年にデビューし、ドラマ『刑事くん』第3部にレギュラー出演、映画『伊豆の踊子』で山口百恵の相手役に選ばれるなど、一躍注目を集めていた若き日の三浦友和が、与力役で時代劇初レギュラー出演、役柄とともに成長していく姿が感じられるのは、名優たちに囲まれた名作ドラマだからこそ。

10月5日(水)スタート!
月曜〜金曜 午後5:00

「大岡越前 第5部」(1978年:全26話:TBS系列)

加藤剛/竹脇無我/山口崇/宇津宮雅代/高橋元太郎/大坂志郎/加藤治子/片岡千恵蔵

第5部あらすじ

南町奉行の大岡忠相(加藤剛)は、長崎で妻・千春を無くして江戸へ帰ってきた親友・榊原伊織(竹脇無我)、与力の村上源次郎(大坂志郎)、風間駿介(和田浩治)たちの助力を得て、難事件を解決していく......。
前シリーズでは第20話のみの出演だった竹脇無我が復帰した一方、「猿の三次」役が松山英太郎から弟・の松山省二に交代、和田浩治、山口いづみらが新レギュラーになるなど、新戦力を得て、ますます充実の名作ドラマ。

11月10日(木)スタート!
月曜〜金曜 午後5:00

「大岡越前 第6部」(1982年:全32話:TBS系列)

加藤剛/山口崇/宇津宮雅代/高橋元太郎/大坂志郎/加藤治子/片岡千恵蔵 ほか

第6部あらすじ

南町奉行の大岡忠相(加藤剛)は、長崎からやってきた名医・新三郎(西郷輝彦)、与力の村上源次郎(大坂志郎)、風間駿介(和田浩治)、岡っ引きの辰三(高橋元太郎)らの助力を得て、難事件を解決していく......。
1982年に、TBS系にて全32話が放送された人気シリーズの第6弾。伊織が長崎留学という設定で出演しなかった竹脇無我に代わり小石川養生所の医師・新三郎役で西郷輝彦がレギュラー出演、熱血漢を演じ番組に新風を吹き込んだ。また前シリーズで実弟・松山省二に交代していた「猿の三次」役に、松山英太郎が復帰したほか、83年3月31日に病死した片岡千恵蔵は、このシリーズでは最後の出演となった。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

あわせて見たい!おすすめ作品