• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > お楽しみフォーラム > 俺は栗塚旭ファンコミュニティ >

俺は栗塚旭ファンコミュニティ専用掲示板

「特集・栗塚旭」専用掲示板

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
感動再び!
しょうまん  [2018/05/25]
こんにちは♪

ネットで栗塚旭さんを検索していましたら、こちらのサイトを見つけました。
先日から放映が始まった「新選組血風録」を見ております。

子供の頃、栗塚さんのファンだった亡き母と一緒に見た想い出が甦りました。
共演者の方々も皆さん素晴らしいですが、沖田総司を演じた島田順司さんが、特に子供心に強く印象に残っております。

それにしましても、当時の時代劇は本当に素晴らしい☆
これからも、栗塚さんの作品を放映して欲しいものです。
鴨千鳥
パール  [2018/05/22]
『新選組血風録』を第6話まで視聴しました。
俳優として駆け出しだった栗塚さんが、新選組副長・土方歳三を厳格に、気高く、重厚に演じ切っていることに驚きを覚えます。
20代にして、円熟味まで備えていらっしゃいますよね。
のんきさんが投稿されたように、私も『燃えよ剣』の土方より『新選組血風録』の土方が好きです。
威厳がありながら、細やかな気遣いのできる繊細さや純真さが窺えるからです。
第6話「鴨千鳥」は、(私も)一番気に入っている回です。
おみね(丘さとみさん)が、土方をかくまった料亭で、土方を酒肴でもてなす場面。おみねを見つめる土方の目の表情がとても魅力的です。
勝手なことを申し上げると、栗塚さんと丘さとみさんは、一見お似合いのカップルには見えません。
(別の回で、染物屋の女将を演じた女優さんとの雰囲気がぴったり合っていたので、尚更そう思いました。)
が、相思相愛、という雰囲気を醸し出しているのは、ひとえにおふたりの演技力の賜物かと思います。
川べりで寄り添う最後の場面。プラトニックな男女の情愛が象徴的に描かれています。果たして恋愛に移行するのかしないのか、という展開は重要ではなく、あくまで淡い恋心の域に留めている演出が見事だと思いました。
栗塚さんが演じる虚像の土方が、実像の土方歳三さん以上に
鮮烈な印象を視聴者の心に刻むならば、役者冥利に尽きるだろうな、と栗塚さんの心情に想いを巡らせております。





三者座談会の再放送を望む
戻っていた用心棒  [2018/05/18]

拝啓。以前当チャンネルで企画制作された「栗塚・島田・左右田氏」の三者座談会の再放送を是非、お願いします。とても面白かった。2種類あったと思うのですが全部放送してください。せっかくユニークな企画で造ったのですから放送しなけりゃ損ですよ。観たい!!!

わたしはこちらの土方さんのほうが・・・追伸
のんき  [2018/05/11]

なにかの雑誌で、栗塚さんは刀のツバを収集されていて
劇上で使用される刀のツバを好みのモノに変えられていたとか?

そのせいか、帯びておられる刀のツバに目がいってしまいます。
ツバで刀に重厚さが感じられます。

現在もお持ちなのでしょうか?・・・

それと、皆さん
本物のように刀の重みを感じさせてくださる殺陣が
素晴らしい。  ・・・のんき

わたしはこちらの土方さんのほうが・・・
のんき  [2018/05/09]
最近また血風録や燃えよ剣を拝見することが多いのですが、
何故か血風録の土方さんのほうに親しみを覚えます。
単に鬼の副長ではなく、根底にある優しさが感じられます。
強い人ほど優しいと言われますが、それが理解させられます。

特に『鴨千鳥』が大好きで何度も見直してしまいます。
お姫様役で有名だった『丘さとみ』さんとの演技が
微笑ましくて心がやすらぎます。

これを見てから寝床に入る毎日です。

今年80歳になられるとか、ご自愛の上ご健勝でお過ごし
ください・・・のんき
毎年恒例に!!
相模の猫十  [2018/05/07]
今年も時専で血風録が見られるのが、とても嬉しいです。引き続き、燃えよ剣、用心棒シリーズ、天を斬る、と放映して下さることを切望しております。そのためにケーブルTVの契約をした様なものです。「新選組血風録」、これ程の完成度の高い時代劇TVドラマは空前絶後です(きっぱり!!)。
待ってました!
しづちゃん  [2018/05/01]
待ちに待った放送が始まるんですね?
まず「新選組血風録」ですか。
いつもこの作品から始まっているので、栗塚様の一連の作品全てを放送していただけるものと、期待しています。
が、ファンコミュニティindexページの栗塚様のコメントを拝見しますと、丁度1年前にも同作品の放送があったんですね?
もうずいぶん前だと思っていましたが、当チャンネル様その時と同じようにこの作品だけで終わらないようにお願いいたします。

今回私にとって放送時間がいいなと考えています。
毎日必ず放送を見てから就寝するというリズムがぴったりで、規則正しい生活になるもので。

ついでですが、放送がなかったのでつい最近下記舞台を観たりしていました。
栗塚様もご覧になられたりするのかなぁなどと思いながら・・・。
また宝塚ファンの方たちにもこちらの作品の宣伝をしておきましたので、放送も見ていただけたらいいなと思っています。

宝塚雪組公演

幕末ロマン『誠の群像』−新選組流亡記−
原案/司馬 遼太郎 作「燃えよ剣」「新選組血風録」

2018年3月23日(金)〜4月15日(日)
待ち遠しい5月
誠の女  [2018/04/23]
栗塚旭さん主演『新選組血風録』、放送有難うございます。
5月14日(月)を楽しみにしております。

『燃えよ剣』、『俺は用心棒』など用心棒シリーズ、『天を斬る』
そして『風』等の放送もお願いします。
新選組血風録
パール  [2018/04/21]
栗塚さん主演『新選組血風録』がいよいよ始まりますね。
5月14日22時〜初回放送、という朗報に小躍りしております。
栗塚さんの勇姿を、毎日欠かさず拝見したいと思います。

太秦が盛況
しづちゃん  [2018/04/11]

地上波から時代劇の放送がなくなって久しい。
とても寂しい思いをしていたのだが、最近になってBSやCSでの放送が増え、
太秦が盛況を帯びているとのニュースを見るようになった。
時代劇は高齢者の観るものとの説を覆して、若者にも人気がぶり返している
とのことだ。
太秦で若者を対象にした殺陣の教室が行われたりするようになってるとか。
私が一番心配していたのは、そういった時代劇の技術や文化がなくなることだが、
それらもなんとか続けていけてるようだ。
本当に嬉しくもあり、安心もしている。

当チャンネル様も毎年時代劇作品を作り続けて来られて、頭が下がる思いです。
ありがとうございます。

今後とも時代劇がかってのようにもっともっと隆盛を極め、私たちを楽しませて
いただけるものと確信しています。

関係者の皆さんのご努力を期待している次第です。
よろしくお願いいたします。

最後に、栗塚旭様主演の作品を見てみたい。

望む 再放送
しづちゃん  [2018/03/30]

当チャンネルで栗塚作品を見なくなってどれくらいになるだろう。
当方の熱望も限界かも知れない。
何とか一連の作品を放送して欲しいものだ。
全て録画はしているのだが、実はVHSテープでなのだ。
従って再生機が無くて見ることが出来ない。
もちろんDVDやブルーレイで録画していても、放送があれば毎日見るあろう。
なにとぞ当チャンネルでの放送よろしくお願いいたします。
切望・・・。

美味しかったコーヒー(京都時代の思い出)
古希を過ぎた栗塚旭ファン  [2018/02/12]

夫婦で栗塚旭ファンです。特に女房は「風」、私は「新選組血風録」ですが他に「燃えよ剣」「われら九人の戦鬼」「天を斬る」「俺は用心棒」「帰って来た用心棒」など時代劇専門チャンネルで殆ど録画して観ています。

古希を過ぎて故郷の田舎で隠居生活の私ですが二十歳台には京都に住んでいて新聞で栗塚旭が哲学の道沿いに喫茶店を開いたとの記事を見ました。
下宿先が鹿ケ谷と哲学の道の直ぐ近くだったので良く尋ねて来る友人を誘って出かけたところ閉店の看板が出ていました。

しかたなく帰ろうとしたところ栗塚旭さんが着流し姿で道に上がって来たので、先日舞台を拝見しました今日は閉店ですかと声をかけて会話になりました。
栗塚旭さんからは哲学の道は観光客が多いが両端の銀閣寺と南禅寺にしかトイレがないので催して借りに来る女性が気兼ねしないように喫茶店を開いたなど話してくれました。
更に中に入って、せっかくだからコーヒーでも出さすからと言われてケーキまでご馳走になりました。
土田早苗さんがインタビューで語っていましたが本当に気さくな方です。

哲学の道は両端の銀閣寺や南禅寺だけでなく、近くには法然院や電車道を挟んで真如堂があり春には桜、秋は紅葉と京都らしく当時は静かなところで良く散歩しました。
また映画のロケがあったりと若い日の思い出が一杯詰まったところです。

生涯青春
誠の女  [2018/01/17]
栗塚旭さんが、ビンテージ着物や古布のリメイク「P×G×F」の
モデルをされています。ダンディでとても魅力的です。
釧路からです
岡やん@音キチ館  [2018/01/03]
妻が昨年よりすっかり栗塚旭ファンになりまして、今年帰省ついでに京都に行くことにしました。明日向かいます。

栗塚さんの情報があったらほしいなー、と思っています。
50年来の心の用心棒
戻っていた用心棒  [2017/12/26]
 私が中学1年生のとき(昭和42年)「俺は用心棒」を観て、栗塚旭さんが心の中に住み始めました。以来50年、栗塚さんは片時も離れることなく私の心の中に住み続けています。そして私の「生きる力」となってくれています。栗塚さんは私の「心の用心棒」です。私の「人生の用心棒」です。感謝しています。
 もうすぐ新しい年、戌年です。戌年、「野良犬の年」です。野良犬精神で、ヨーシ、ガンバルゾ!益々のご清栄、ご健勝、心より祈念いたします。
来年の菜の花忌
誠の女  [2017/10/29]
第22回 菜の花忌シンポジウム
『燃えよ剣』『新選組血風録』− 人は変革期にどう生きるか

2018年2月16日(金)17時〜20時
東京 よみうりホール

パネリスト 浅田次郎氏、磯田道史氏、木内昇氏、原田眞人氏
司会 古屋和雄氏
参加費 1000円

お申込は、往復はがき(1名1枚)に住所、氏名、電話番号をご記入の上、
司馬遼太郎記念館事務局まで 1月15日締め切り 
〒577−0803 東大阪市下小阪3−11−18
 TEL 06−6726−3860
まだ,用心棒も燃えよ剣も放映されない・・涙 涙
総司の友達  [2017/10/15]
血風録が終わって、すぐ!と思っていたのですが、まだ用心棒シリーズや燃えよ剣が放映されなくて・・・寂しいです。
私はスカパーで拝見しているのですが、最近よく「どうしたら見られるの?」って聞かれます。地上波からレギュラーの時代劇が消えて,残念に思っていましたが,今は現代劇も含めて、消えていっているようです。それを受けて、上記の質問になってきているようです。是非、若い人たちにも、結束信二さんの”余韻のある そして少し哀しい”時代劇を一人でも多くみてほしいと思います。
栗塚旭さん
りんご  [2017/09/01]
はじめて投稿いたします。
とりとめのない長文になり、申し訳ありません。思いの丈を、綴らせて下さい…。



母から、栗塚旭さんは、今の土方歳三のイメージを確立させた、素晴らしい俳優さんだ、というのをずっと聞いていて、いつか作品を拝見したいと思っていたところ、
こちらでの「新撰組血風録」の放送を知り、「油小路の決闘」より見始めました。

一話一話、とても50分とは思えない濃密な脚本、芝居の深さ、時代物の所作立回りの美しさ。とても引き込まれました。

お気に入りは、近藤勇との別れの場面。
気付かれないよう、そっと涙を拭うトシさんの背中に、貰い泣きしてしまいました。

私は新鮮に楽しみ、母は懐かしさに胸を熱くし、親子共々、とても良い夏をすごしました。


それから、すっかり栗塚さんにハマってしまい、「風」のDVD-BOXを購入。

これがまたカッコいい!ハンパなくカッコいい!
土方歳三とはまた一味違う、
「粋」の世界にいる新十郎が、栗塚さんにぴったりで、あまりの面白さに、見終わってしまうのが勿体ない〜と言いながら、とまりませんでした(笑)

DVD-BOXでは欠番となっている「江戸惜春譜」の回を含め、時代劇専門チャンネルさんでは放送があったとのこと。
こちらも是非、再放送をお願いしたく思います。

「用心棒」シリーズ、「天を斬る」、そして「燃えよ剣」も、是非見たいと思っております。ご一考の程、よろしくお願いいたします。

お盆からは毎日、「吉宗評判記 暴れん坊将軍」を楽しく拝見しております。
(今月、別のチャンネルでは「古都」の放送もありますね。こちらも楽しみです)



自分でもちょっとびっくりする程の、急激な栗塚さんブーム到来の夏だったのですが、拝見することが出来て、良かった。

何よりも素敵だなあ、と感じるのは、
今の栗塚旭さんの柔和な笑顔です。
私も、こんな風に微笑む事のできる人になりたいと思います。


栗塚さん、傘寿おめでとうございます。
これからのご活躍も、楽しみにしております。



ただ今、発売中
誠の女  [2017/08/29]
8月29日発売 週刊アサヒ芸能 9月7日特大号

黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃
栗塚旭「新選組血風録」土方歳三

定価 430円

理想の人・・・
パール  [2017/08/26]

今回初めて、栗塚旭さん主演『新選組血風録』を視聴しました。感動の連続でした。
殊に、第六話終盤と最終話終盤が印象的です。
第六話では、土方がおみね(丘さとみさん)に「あんたの行きたい処へ行こう。鴨川で千鳥が鳴いているそうだ。聞きに行ってみようか」と優しく話し掛けます。
鴨川の水面に、二人の影が揺れて、風が清々しい。
土方に遠慮がちに寄り添うおみねも、おみねを見守る土方の柔らかい眼差しも、淡い恋心が切々と伝わってきて忘れ難い場面です。
最終話では、土方が「お前がどう思おうと、世間がどう思おうと、日本中がどう思おうと、後世の歴史がどう思おうと、俺の一生に悔いはない」と言い切ります。
覚悟を決めた土方の心情が吐露され、全話を総括する名台詞だと思います。仮に栗塚さんでなければ、冗長とした台詞という印象に終わったことでしょう。
名脚本家の結束さんは、栗塚さんの演技力を信頼して、あえてこの難しい台詞を持ってきたのではないかと想像しております。
最後に私事。年明けに引いた御神籤が珍しく大吉でした。
恋愛の項に"理想の人と出会う"とありました。
それは、映像の中の栗塚さんだったのですね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11