【池波正太郎劇場】土曜 <4ヵ月(4月-7月)連続企画> 中村吉右衛門主演「鬼平犯科帳スペシャル」完全放送

2021年11月に逝去した中村吉右衛門主演の傑作時代劇「鬼平犯科帳」。
TVシリーズ終了後に年1本のペースで制作され、“鬼の平蔵”の魂と魅力が存分に詰まった人気エピソードを、
豪華キャストとスケールで描いたTVスペシャル全14本、4ヵ月にわたって完全放送!

時代劇専門チャンネルでは、吉右衛門さんの魂が宿る作品をこれからも大切に放送してまいります。

平成時代劇の集大成ともいえる全スペシャルの軌跡をご堪能ください!

毎週土曜午後5時

池波正太郎劇場池波正太郎劇場

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
鬼平犯科帳 THE FINAL 後編 雲竜剣
放送日:7月2日、8月20日
(2016年・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:中村吉右衛門/多岐川裕美/勝野洋/尾美としのり/三浦浩一/綿引勝彦/梶芽衣子 ほか  

火付盗賊改方長官の長谷川平蔵(中村吉右衛門)と配下の同心・木村忠吾(尾美としのり)が、夜道で覆面をつけた男(尾上菊之助)に襲われる。凄まじい殺気の男に追いつめられた平蔵だったが、すんでのところで一撃を浴びせると、男は逃げ去った。翌日、平蔵は、筆頭同心の酒井祐助(勝野洋)たちに、男の剣の構えが、その昔、剣の修行をしていた若い頃に、常陸国牛久沼のほとりで立ち合った剣客(田中泯)の刀法「雲竜剣」と寸分違わぬことを話す。その時、平蔵宅の門前に男が現れ、門番を斬り殺して、立ち去る。男の行方が知れぬ中、牛込若松町の薬種屋「長崎屋」に凶賊が押し入り、家族と奉公人あわせて16名を皆殺しにするという凶悪な事件が起こる……。

「鬼平犯科帳 THE FINAL 後編 雲竜剣」(C)松竹
鬼平犯科帳スペシャル 盗賊婚礼
放送日:7月2日、7月22日
(2011年・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:中村吉右衛門/多岐川裕美/勝野洋/尾美としのり/梶芽衣子/蟹江敬三/綿引勝彦/三浦浩一 ほか  

薬種問屋の山城屋に賊が入り、七百八十両が盗まれた。蔵には、かつて関東一円を荒らし回った大泥棒・傘山の弥兵衛の印である傘の絵の貼り紙が残されていた。火付盗賊改方長官の長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、密偵・伊三次(三浦浩一)の働きにより、この盗みが弥兵衛の息子である弥太郎(市川染五郎[現:松本幸四郎])一味の仕業で、弥太郎には尾張の大泥棒・先代の鳴海の繁蔵の娘・お糸(黒川智花)との縁談が進んでいることを知る。糸の正体と二代目鳴海の繁蔵(布施博)の悪だくみを知った平蔵は、先代傘山と先代鳴海への恩返しのために縁談をまとめようとしている元盗賊の長嶋の久五郎(松平健)に身分を隠して近付くが……。

「鬼平犯科帳スペシャル 盗賊婚礼」(C)松竹
鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末
放送日:7月9日、7月29日
(2013年・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:中村吉右衛門/多岐川裕美/梶芽衣子/蟹江敬三/勝野洋/尾美としのり  

元盗賊の和助(石橋蓮司)が、盗賊の惣七(寺島進)とその手下の・鎌太郎(吉見一豊)に「お盗め」の相談を持ちかける。5年前に盗賊をやめた和助は、恩ある親方が亡くなったあと、その息子の徳次郎(福士誠治)を引き取り育てていた。髪結いになった徳次郎は、おみね(酒井美紀)という女性と出会い深い仲になる。おみねは徳次郎に、幼いころ惣七にさらわれたことを打ち明け、一緒に江戸を出たいと言うが、実は惣七の情婦だった。火付盗賊改方長官・長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、密偵の五郎蔵(綿引勝彦)から、惣七の不穏な動きを聞き、捜査を開始する。やがて和助の存在を知った平蔵は、30年前に和助が、若気の至りで人の道を踏み外しかけた自分を救ってくれたことを思い出す……。

「鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末」(C)松竹
鬼平犯科帳スペシャル 見張りの糸
放送日:7月23日、8月5日
(2013年・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:中村吉右衛門/多岐川裕美/梶芽衣子/蟹江敬三/勝野洋/尾美としのり/綿引勝彦/三浦浩一 ほか  

密偵・小房の粂八(蟹江敬三)から、幼なじみ・稲荷の金太郎(渡辺いっけい)に「お盗め」を誘われたことを報告された火付盗賊改方長官の長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、金太郎を泳がせて一味の盗賊を根こそぎ捕らえるため、金太郎が盗人宿として利用している大黒屋という茶屋を見張るよう、配下の小林金弥(中村又五郎)と酒井祐助(勝野洋)に命じる。二人は、大黒屋の近くの和泉屋という仏具屋の主人・忠兵衛(中村嘉葎雄)から、見張り所として二階の部屋を借り受ける。しかし、しばらくして、忠兵衛の正体が、かつて上方で名を馳せた大盗人・堂ヶ原の忠兵衛であることが判明する……。

「鬼平犯科帳スペシャル 見張りの糸」(C)松竹
鬼平犯科帳スペシャル 密告
放送日:7月30日、8月12日
(2015年・カラー )
原作:池波正太郎  
出演:中村吉右衛門/多岐川裕美/勝野洋/尾美としのり/梶芽衣子/綿引勝彦/三浦浩一 ほか  

火付盗賊改方長官の長谷川平蔵(中村吉右衛門)の役宅近くにある、平蔵と旧知の間柄の久兵衛(柳家小さん)が営む居酒屋に、謎の女が現れ、「これを、長谷川様に」「急いで」と手紙と心付けを置いていった。そこに現れた平蔵配下の同心・木村忠吾(尾美としのり)は、手紙を預かるが、飲み明かしてしまい、夜更けに平蔵に届けるはめに。平蔵は文面に目を通すと顔色を変え、忠吾を激しく叱責する。それは、深川・仙台堀にある鎌倉屋という足袋問屋に、今夜盗賊が押し入ることを密告する手紙であった。火付盗賊改方は鎌倉屋へ駆けつけたが、すでに盗賊が金を奪って姿を消した直後だった。平蔵や同心、密偵たちは女を探し、元は木更津で旅籠の女将をしていたお百(高島礼子)であることを突き止める。久兵衛から、お百が昔、平蔵が通っていた車屋という茶店に奉公に来ていた娘であることを聞かされた平蔵は、侍にはらまされ、男の子を産んだお百に、持参金を工面してやり、木更津の百姓家へ嫁に行かせたことを思い出す……。

「鬼平犯科帳スペシャル 密告」(C)松竹