初放送から30年、さらに原作者 池波正太郎の没後30年を迎える2020年、
「鬼」がふたたび蘇る―

「鬼平犯科帳」の3年にわたる完全放送を、何と時代劇専門チャンネルでしか観ることが出来ない
「4Kデジタルリマスター版」による史上最高画質でお届けします!

鬼平ゆかりの著名人からの推薦コメント鬼平ゆかりの著名人からの推薦コメント

  • さいとう・たかを 氏(劇画家)

    「鬼平犯科帳」に描かれている世界観は現代にも通じると思う。火盗改メ長官として高いプロ意識を持っている主人公を中村吉右衛門は実にリアルに自然に演じている。一話一話における演出時の「間」も素晴らしい。プロ意識が高い「間」なのだ。私が描いている劇画の鬼平もこの「間」を大切にしている。青年のみならず中高年でもプロ意識がなく呆れる行動が多い昨今、より高画質化された鬼平は、老若男女問わず観てほしい作品だ。

  • さだまさし 氏(シンガーソングライター)

    善人がつい、悪事に手を染め、悪人がつい、良い事をする。善悪が紙一重であるという池波先生の深い「生」への洞察が、「鬼平」にはあるんですね。映像化された「鬼平」の中でも、中村吉右衛門さんの鬼平が僕にとってベスト。一瞬の優しいまなざしや、一転して悪者をこらしめるときの怖さ、鬼平の持つ両面性が、映像からひしひしと伝わってくるんです。

  • 諸田玲子 氏(作家)

    四季折々の江戸情緒、悲喜こもごもの人間模様、そしてなにより善悪も清濁もあわせのむ池波鬼平の懐の深さがぐっと胸に迫ります。

  • 名越康文 氏(精神科医)

    人の情とは脆いものだ。それが及ぶのはせいぜい二人称までだ。決して三人称にまでおよぶことはない。しかし平蔵は断罪する悪人と、「俺、お前」の仲になる。三人称として相手を切り離すことが無い。そこに彼の振る舞いの、強さと美しさがある。若い頃、鬼平犯科帳を見て、医者としての振る舞いの手本にすべく、何度も心で模倣したものだ。

  • 高倉麻子 氏(サッカー指導者)

    "鬼平"の物語の中に生きる人々の、何気ない日常の中に紡がれている数々の心温まる出来事は、時代を超えて、日々急ぎ足で生きがちな私の時間を少しの間休め、癒してくれます。そして、様々な悪事を働く盗賊たちを次々とお縄にする"鬼平"の活躍に爽快な魅力を感じます。しかしその一方で、本来は憎むべき"悪の心"を持つ盗賊たちに、なぜか不思議な情を覚えてしまう自分もいるのです。"鬼平"の言葉が聞こえてきます。「それも人間というものよ。」

  • サンボマスター 山口 隆 氏(ミュージシャン)

     僕は鬼平犯科帳、剣客商売、藤枝梅安を読む、観る、から今、なるべく離れて暮らしています。嫌いになったのか?その逆なのです。初めて長谷川平蔵に、秋山小兵衛に、藤枝梅安に接した時の、あの胸の高鳴りを少しでも取り戻すべくあれだけ愛読した『鬼平断ち』を敢行している最中なのです。それも最早限界であります。今回の時代劇専門チャンネルが僕の『鬼平復帰』になるかもしれません!

    
スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

放送作品放送作品

時代を超えて愛される「鬼平犯科帳」名言セレクション4Kデジタルリマスター版 ※2Kダウンコンバートにて放送時代を超えて愛される「鬼平犯科帳」名言セレクション4Kデジタルリマスター版 ※2Kダウンコンバートにて放送

12月に放送した"「鬼平犯科帳」名言セレクション"を1月にもアンコール放送!
時代を超えて人々の胸を打つ珠玉の言葉を味わえる名エピソードばかりを集めて、10時間の一挙放送を致します。
悪党どもを震え上がらせる鬼であり、誰より優しく人の情けを知る男、長谷川平蔵。
"本所の銕(てつ)"として放蕩の限りをつくした若い時分より養った人の表裏を見抜く鋭い観察眼で、いまや火付盗賊改めの長官を務める鬼平の豊かな人生経験と、含蓄の深さに思わず唸らされるセレクション放送をお楽しみください。

もうちょっと世の中気楽に生きてみろ。流されて生きることも、大切だぞもうちょっと世の中気楽に生きてみろ。流されて生きることも、大切だぞ

第3シリーズ 第6話 いろおとこ(1991年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) あさ11:00

ゲスト:鷲生功/山下智子/伊藤高

人間というのは、遊びながらはたらく生き物だ。善いことをしながら、知らぬ間に悪いことをやってのける。悪事を働きながら、知らず識らずに善事を行う。まあ、それが人間というものだ。 人間というのは、遊びながらはたらく生き物だ。善いことをしながら、知らぬ間に悪いことをやってのける。悪事を働きながら、知らず識らずに善事を行う。まあ、それが人間というものだ。

第3シリーズ 第7話 谷中いろは茶屋 (1991年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) ひる12:00

ゲスト:長門裕之/杉田かおる/松山照夫

人のこころの奥底には、おのれにさえわからぬ魔物が棲んでいるということよ。人のこころの奥底には、おのれにさえわからぬ魔物が棲んでいるということよ。

第4シリーズ 第7話 むかしなじみ (1992年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) ひる1:00

ゲスト:草薙幸二郎/石山雄大/国田栄弥

人にはな持って生まれた器量というものがある、天命というものがある。その天命を知らず悟らず自らその芽を摘み取ってしまうものもある。人にはな持って生まれた器量というものがある、天命というものがある。その天命を知らず悟らず自らその芽を摘み取ってしまうものもある。

第4シリーズ 第9話 霧の七郎 (1992年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) 午後2:00

ゲスト:原田大二郎/片桐竜次/北村和夫

己の善行をとくとくと世間の評判にしたがるような奴は、胡散臭い。己の善行をとくとくと世間の評判にしたがるような奴は、胡散臭い。

第5シリーズ 第1話 土蜘蛛の金五郎 (1994年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) 午後3:00

ゲスト:遠藤太津朗/竜雷太/赤塚真人

世の中、聞いて良いことと、悪いことがある。秘密は秘密のまま、見て見ぬふりをすることも、時には肝要だぞ。第一な、世の中のすべてを知り尽くしてしまったら、こいつはさぞかし味気ねえことだろうよ。世の中、聞いて良いことと、悪いことがある。秘密は秘密のまま、見て見ぬふりをすることも、時には肝要だぞ。第一な、世の中のすべてを知り尽くしてしまったら、こいつはさぞかし味気ねえことだろうよ。

第5シリーズ 第2話 怨恨 (1994年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) 午後4:00

ゲスト:長門裕之/清水紘治/速水亮

人が何かをすると、必ず報いがある、良くも悪しくもな。人が何かをすると、必ず報いがある、良くも悪しくもな。

第6シリーズ 第4話 浮世の顔 (1994年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) 午後5:00

ゲスト:高原駿雄/五味龍太郎/津島令子 ほか

まだ死にてぇか。それはよくねえな。どうしても死にてぇのなら、一年後にしてみることだ。一年も経ちゃ、ものごとすべて変わる。人間にとって時のながれほど強ぇ味方はねえもんだ。まだ死にてぇか。それはよくねえな。どうしても死にてぇのなら、一年後にしてみることだ。一年も経ちゃ、ものごとすべて変わる。人間にとって時のながれほど強ぇ味方はねえもんだ。

第7シリーズ 第3話 妖盗葵小僧 (1996年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) よる6:00

ゲスト:島木譲二/山本宣/岩本千春 ほか

いろんな人間の、いろんな心とふれあい、憎みながらあわれみ、あわれみながら闘わねばならん。いろんな人間の、いろんな心とふれあい、憎みながらあわれみ、あわれみながら闘わねばならん。

第7シリーズ 第5話 礼金二百両 (1996年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) よる7:00

ゲスト:磯部勉/小畠絹子/河原崎建三 ほか

人の性(さが)は様々だが、性(さが)に良いも悪いもねぇ、どれも紙一重だ。人の性(さが)は様々だが、性(さが)に良いも悪いもねぇ、どれも紙一重だ。

第8シリーズ 第5話 はぐれ鳥 (1998年:フジテレビ系列)
1月13日(月・祝) よる8:00

ゲスト:毬谷友子/羽場裕一/竹内都子

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー

鬼平犯科帳1<4Kデジタルリマスター版>※2Kダウンコンバートにて放送鬼平犯科帳1<4Kデジタルリマスター版>※2Kダウンコンバートにて放送

【1月の放送作品】

#6 むっつり十蔵  
1月5日(日)   
あさ10時

#7 明神の次郎吉  
1月12日(日) 
あさ10時

#8 さむらい松五郎 
1月19日(日) 
あさ10時

#9 兇賊      
1月26日(日) 
あさ10時

【2月の放送作品】

#10 一本眉     
2月2日(日)   
あさ10時

#11 狐火      
2月9日(日)   
あさ10時

#12 兇剣      
2月16日(日) 
あさ10時

#13 笹やのお熊   
2月23日(日) 
あさ10時