<2ヵ月(2-3月)連続>新・藤沢周平劇場スペシャル

新作オリジナル時代劇 橋ものがたり「約束」のTV初放送を記念し、 チャンネルでは2ヵ月にわたり、オリジナル時代劇を中心に藤沢周平原作時代劇を一挙放送!

下級武士を題材にした武家もの、江戸の町民のひたむきな人生を描いた市井もの、実在した人物や出来事に深く迫る伝記小説など、数多くの時代小説を遺し、時代を超えて今もなお愛され続ける藤沢周平の世界を思う存分お楽しみください。

2月3日(土)午後5時スタート
毎週土曜・日曜よる ほか


※さらに3月には「三屋清左衛門残日録」シリーズ最新作「三屋清左衛門残日録 ふたたび咲く花」の時代劇専門チャンネル初放送が決定!

【スカパー番組配信について】
オリジナル時代劇「果し合い」「帰郷」「遅いしあわせ」「冬の日」「吹く風は秋」「殺すな」は
スカパー番組配信でもお楽しみいただけます。
詳細につきましてはスカパー番組配信利用ガイドをご確認ください。

スカパー!キャンペーンバナー スカパー!キャンペーンバナー
腕におぼえあり3
(1993年・全10話・カラー )
原作:藤沢周平「用心棒日月抄・凶刃」「よろずや平四郎活人剣」  
出演:村上弘明/渡辺徹/峰岸徹/黒木瞳/清水美砂/近藤正臣/坂上二郎/中居正広/風吹ジュン ほか  

前作から時は流れて10年後、青江又八郎(村上弘明)は藩の要職につき、妻・由亀(清水美砂)と息子・松三郎(長谷川宙)とともに平穏な日々を過ごしていた。ある日、又八郎は、藩の不正を探っていたひん死の公儀隠密から謎の絵図面を託される。不正の首謀者・筆頭家老の坂井主悦は配下の石森左門(近藤正臣)に命じて「嗅足(かぎあし)組」に又八郎を襲わせ、ついに由亀が殺されてしまう。又八郎は、三たび脱藩、松三郎を国元に残して江戸へ逃れ、またもや、相模屋吉蔵(坂上二郎)口利きの用心棒稼業で凌ぐこととなる。そして、かつて想いを寄せ合った佐知(黒木瞳)と再会することになるが、佐知は斬りかかってきた……。

腕におぼえあり3(C)NHK
三屋清左衛門残日録
放送日:2月3日、3月19日
(2016年・カラー )
原作:藤沢周平『三屋清左衛門残日録』(文春文庫刊)   監督:山下智彦     脚本:ちゃき克彰  
出演:北大路欣也/優香/渡辺大・中村敦夫・麻生祐未/伊東四朗 ほか  

東北の小藩で前藩主の用人をつとめた三屋清左衛門(北大路欣也)は家督を息子にゆずり、離れに起臥する隠居の身。家庭を顧みる余裕もないほど仕事に明け暮れた日々が一変、「残日録」と自ら名付けた日記に日々のことを綴る、悠々自適の生活を送っている。しかし自ら望んでの隠居であったはずが、世間から隔絶されてしまったような寂莫感が襲う…。そんな寂寥の日々も束の間、清左衛門のもとには、親友の町奉行・佐伯熊太(伊東四朗)らから、種々の事件が舞い込んでくるように。隠居の身の気軽さから、事件解決に奔走する清左衛門であったが、段々と藩を二分する政争に巻き込まれてゆく。

三屋清左衛門残日録(C)2016時代劇専門チャンネル/BSフジ/東映 藤沢周平(R)
三屋清左衛門残日録 完結篇
放送日:2月10日、3月20日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平『三屋清左衛門残日録』(文春文庫刊)   監督:山下智彦   脚本:いずみ玲  
出演:北大路欣也/優香/渡辺大/鶴見辰吾/金田明夫/小林綾子/寺田農/笹野高史/麻生祐未/伊東四朗 ほか  

隠居生活にも慣れ、日々の暮らしを楽しみはじめた清左衛門のもとに、ある日、幼き頃からの友・大塚平八が訪ねてくる。大汗をかきながら家老への仲介を願う平八の頼みを快諾するが、そこには平八の一世一代の大勝負がかかっていた。さらにもう一人、今は〝零落〟してしまった旧友、金井奥之助と偶然に再会する。自らの不遇を嘆くばかりの奥之助から磯釣りに誘われ、出掛けていくのだが、そこで予期せぬ出来事が起こり… 。清左衛門と町奉行の佐伯が足しげく通う小料理屋の「涌井」。女手一つで店を切り盛りする女将のみさのところへ、かつての情夫が金をせびりに現れた。その窮地を救った清左衛門に、これまでの人生を問わず語りに話すみさ。次第にふたりの心の距離は縮まっていくのだった。そんな中、江戸で現藩主の弟・石見守が急死したとの報が届く。きな臭さを感じ取る清左衛門のもとを、程なく用人の船越喜四郎が訪れた。藩政を牛耳る朝田派の所業を糾弾する手助けを頼まれた清左衛門は、船越とともに筆頭家老・朝田弓之助と対峙して…。老いと孤独という現実に向き合いながら、日々を真摯に生きようとする清左衛門。「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ―――」清左衛門の日常は続いていく。

三屋清左衛門残日録 完結篇(C)2017時代劇専門チャンネル/BSフジ/東映 藤沢周平(R)
三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会
放送日:2月17日、3月21日
(2018年・カラー )
原作:藤沢周平「三屋清左衛門残日録」(文春文庫刊)   監督:山下智彦   脚本:いずみ玲  
出演:北大路欣也/優香/渡辺大/伊武雅刀/原田大二郎/高橋長英/麻生祐未/伊東四朗  

隠居生活の慰みにと、川釣りを始めた清左衛門。釣友であり、かつて中根道場の同朋だった安富源太夫の言葉に動かされ、親友の町奉行・佐伯熊太や小沼惣兵衛らかつての道場仲間を集めて三十年振りの旧交を温める。若かりし頃の話に花が咲き、楽しい一夜を過ごした清左衛門だったが―またある時、清左衛門が江戸詰めの頃に訳あって世話を焼いたことがある松江が屋敷を訪ねてくる。国許での縁談が決まったという報告に喜ぶ清左衛門だが、嫁ぎ先の家の良からぬ噂話を知って、事の真偽を確かめるべく動き出す。さらに清左衛門は、道場主の中根弥三郎から、とある果たし合いの立会人を頼まれることに。老いを感じつつも、旧友たちとのつきあいなど日々を忙しく過ごす清左衛門。夜ごと『残日録』に綴る胸の内は‥。「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ---」藩を揺るがす大事件がやがて起きようとしている頃、清左衛門の周りを穏やかな時間が静かに流れていた。

三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会(C)2018時代劇専門チャンネル/BSフジ/東映 藤沢周平(R)
三屋清左衛門残日録 新たなしあわせ
放送日:2月24日、3月26日
(2020年・カラー )
原作:藤沢周平   監督:山下智彦   脚本:いずみ玲  
出演:北大路欣也 優香 美村里江 金田明夫 /三田佳子/ 小林稔侍 麻生祐未 伊東四朗  

隠居の日々を、趣味の川釣りと道場通いに費やす清左衛門(北大路欣也)。ある日、釣りから帰ると、嫁に出した娘の奈津(美村里江)が子連れで訪れていた。久しぶりに孫の顔を見て喜ぶ清左衛門だったが、奈津の様子に些か気掛かりを感じるのだった。そうした折、親友の町奉行・佐伯熊太(伊東四朗)から、先代藩主の側室だったおうめ(我妻三輪子)が、父親知れずの子を身ごもったと聞く。かつて藩の奥を仕切っていた滝野(三田佳子)がそのことに立腹しているため、怒りを諌めてほしいと頼まれるが、事情を調べていくうち、かねてより清左衛門を疎ましく思っている朝田家老(金田明夫)が関わっていると分かり…。また清左衛門は、奈津が夫のことで憂慮を抱えていると知る。親心からその真偽を確かめようと動き出したが、そこにもまた朝田一派の影がちらついて…。不穏な空気が漂う中、我が子の幼き頃を想い、己を顧みる清左衛門。欅の老木に自らを重ねて思うこととは…。「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ─」

三屋清左衛門残日録 新たなしあわせ(C)「三屋清左衛門残日録 新たなしあわせ」時代劇パートナーズ 藤沢周平(R)
小さな橋で
放送日:2月3日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平「小さな橋で」(新潮文庫刊/実業之日本社刊『橋ものがたり』所収)   監督:杉田成道   脚本:小林政広  
出演:松雪泰子/田中奏生 藤野涼子/江口洋介  

父・民蔵が姿を消してから4年、10歳の少年・広次は母・おまき、姉・おりょうと3人で暮らしている。飲み屋で懸命に働きながらも自分の元を去った父に恨み言をこぼす母。広次はそんな母を複雑な思いでみつめていた。 そんなある日、母とのいさかいが絶えなかった姉・おりょうも、妻子持ちの男と駆け落ちしてしまう。姉をも失った母は心身ともに疲れ果て、飲み屋の常連客にすがろうとする。そんな母の様子に、広次は嫌気がさし、家の仕事を放り出して葭原で寝転んでいると、男たちに追われている父と偶然再会する…。

小さな橋で(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 藤沢周平(R)
果し合い
放送日:2月3日、2月4日
(2015年・カラー )
原作:藤沢周平「果し合い」(新潮文庫『時雨のあと』所収)   監督:杉田成道   脚本:小林政広  
出演:仲代達矢/桜庭ななみ/進藤健太郎/柳下大/高橋龍輝/矢島健一/益岡徹・原田美枝子  

庄司佐之助(仲代達矢)は生涯の大半を、兄が家督を継いだ庄司家の部屋住みとして過ごした、いわゆる厄介者。そんな彼の世話を焼くのは、現当主である甥の娘、美也(桜庭ななみ)だけであった。ある日、美也は大叔父の佐之助に自分の縁談の相談を持ちかける。想いを寄せる男に嫁ぎたいが両親は家柄の良い男を押し付けるのだと。結局断りはしたものの、怒った相手は、美也の想う男に果し合いを申し込む。それを聞いた佐之助は美也の窮地を救うため刀を手にする。

果し合い(C)2015時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 藤沢周平(R)
帰郷
放送日:2月3日、2月11日
(2020年・カラー )
原作:藤沢周平(文春文庫「又蔵の火」所収)   監督:杉田成道   脚本:杉田成道/小林政広  
出演:仲代達矢/常盤貴子/北村一輝/緒形直人/佐藤二朗/三田佳子/橋爪功/中村敦夫   

信州・木曾福島に向かってひとりの無宿渡世姿の旅人が歩いていた。男の名は宇之吉。かつては木曾福島を縄張りとする博奕打ちだったが、親分の罪を被り、江戸に身を寄せた。しかし世話になった相州屋清五郎の妻・おとしと道ならぬ仲になり、清五郎を殺し、おとしと江戸を出奔。以来30 年余りの歳月が流れ、病に倒れた先で見た風景が宇之吉の心を抉る。老い先を思い故郷へ歩みを進めた。故郷、木曾福島に辿り着いた宇之吉。町を歩くうち、斬り合いに遭遇する。野獣のように、隙がなく獰猛な動きを示している男が一人、十人を超える男たちを相手にしていた。のちに知れる男の名は源太。彼を追い詰める男たちは、宇之吉のかつての兄貴分、九蔵の手下たちだった。川に飛び込み難を逃れる源太。宇之吉はその姿にかつての自分の姿を重ねていた。ある日、渡世人仲間の栄次と行った飲み屋で、おくみという女と出会う。栄次から、おくみと源太は好いた仲だが、かねてからおくみに目を付けていた九蔵が、二人の仲を引き裂こうと執拗に嫌がらせを重ね、ついに源太が九蔵に斬りつけ、追われる身となってしまったのだと知らされる。神社で行われる山博奕の日、宇之吉は幼なじみの佐一と再会し、衝撃の事実を耳にする…。

帰郷(C)「帰郷」時代劇パートナーズ 藤沢周平(R)
遅いしあわせ
放送日:2月18日、2月25日
(2015年・カラー )
原作:藤沢周平「遅いしあわせ」(新潮文庫『驟り雨』所収)   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:檀れい/加藤雅也/柄本佑/藤吉久美子/本田博太郎 ほか  

小料理屋で働くおもん(檀れい)には、どうしようもないやくざな弟(柄本佑)がいる。嫁入り先の蕎麦屋にまで金の無心に来たおかげで、離縁された過去もある。そんなおもんの最近のひそかな楽しみは、小料理屋に桶職人の重吉(加藤雅也)が食べに来ること。だが弟がまた厄介を持ち込んできた。賭場のお金を三十両も使い込んだらしく、店にやってきたやくざ達に連れて行かれたおもんは、そのかたに売られそうになってしまう……。

遅いしあわせ(C)2015時代劇専門チャンネル/松竹 藤沢周平(R)
冬の日
放送日:2月18日、2月25日
(2015年・カラー )
原作:藤沢周平「冬の日」(文春文庫『花のあと』所収)   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:中村梅雀/高岡早紀/山田純大/藤田弓子  

しんしんと冷え切った江戸の町。仕事帰りの清次郎(中村梅雀)は、胴ぶるいしながら家路へと急ぐ。しかし、あまりの寒さに居酒屋へと駆け込んだ清次郎は、そこで働く厚化粧の女に目を留めた。その女は、かつて清次郎が幼かったころ、父を亡くし貧しかった母とともに厄介になった店の娘、おいし(高岡早紀)に違いない。見る影もなくなるほど身を持ち崩した彼女に、これまで一体何があったのか? 清次郎の心は揺れていた…。

冬の日(C)2015時代劇専門チャンネル/松竹 藤沢周平(R)
闇の歯車(主演:瑛太)
放送日:2月25日、3月3日
(2019年・カラー )
原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)   監督:山下智彦   脚本:金子成人  
出演:瑛太(現・永山瑛太)/緒形直人/大地康雄/中村蒼/蓮佛美沙子/高橋和也/石橋静河/津嘉山正種/中村嘉葎雄/橋爪功   

逢魔(おうま)が刻(とき)それは、黄昏―。人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢(うごめ)くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、口を聞いたこともない男たちだった・・・佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

闇の歯車(主演:瑛太)(C)2019「闇の歯車」製作委員会 藤沢周平(R)
腕におぼえあり3
(1993年・全10話・カラー )
原作:藤沢周平「用心棒日月抄・凶刃」「よろずや平四郎活人剣」  
出演:村上弘明/渡辺徹/峰岸徹/黒木瞳/清水美砂/近藤正臣/坂上二郎/中居正広/風吹ジュン ほか  

前作から時は流れて10年後、青江又八郎(村上弘明)は藩の要職につき、妻・由亀(清水美砂)と息子・松三郎(長谷川宙)とともに平穏な日々を過ごしていた。ある日、又八郎は、藩の不正を探っていたひん死の公儀隠密から謎の絵図面を託される。不正の首謀者・筆頭家老の坂井主悦は配下の石森左門(近藤正臣)に命じて「嗅足(かぎあし)組」に又八郎を襲わせ、ついに由亀が殺されてしまう。又八郎は、三たび脱藩、松三郎を国元に残して江戸へ逃れ、またもや、相模屋吉蔵(坂上二郎)口利きの用心棒稼業で凌ぐこととなる。そして、かつて想いを寄せ合った佐知(黒木瞳)と再会することになるが、佐知は斬りかかってきた……。

腕におぼえあり3(C)NHK
三屋清左衛門残日録 陽のあたる道
放送日:3月2日、3月27日
(2021年・カラー )
原作:藤沢周平(『三屋清左衛門残日録』文春文庫刊/「闇討ち」文春文庫『玄鳥』所収)   監督:山下智彦   脚本:いずみ玲  
出演:北大路欣也 優香 松田悟志 小林綾子 宮川一朗太 高橋和也勝野洋 木場勝己 金田明夫 小野武彦 西岡德馬 麻生祐未 伊東四朗  

桜の花がほころび始めた春の頃、清左衛門は生まれたばかりの孫とのふれあいを何よりの楽しみとして、穏やかな日々を過ごしていた。ある日、清左衛門を訪ねてきた江戸詰めの近習頭取から、十年前に御納戸頭・半田守右衛門が起こした収賄事件が、実は濡れ衣だった可能性があると聞かされる。さらに、頼まれて半田の行状を調べていくうちに、思いもよらぬ事実を知ることになる。同じ頃、かつての道場仲間で、過去の失態により不遇のまま隠居となった清成権兵衛と再会する。清成の誘いで道場の同輩・植田与十郎も交えて酒を酌み交わし、剣の手合わせをして旧交を温めるがその矢先、藩内の派閥争いを根とする事件が起こり…。家族と共に生きる悦び、旧友たちとの思い出、そして彼らが抱える複雑な思いなど、清左衛門の心の中を様々なものが去来していく。「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ―」

三屋清左衛門残日録 陽のあたる道(C)時代劇専門チャンネル/J:COM/時代劇パートナーズ 藤沢周平(R)
三屋清左衛門残日録 あの日の声
放送日:3月9日、3月28日
(2022年・カラー )
原作:藤沢周平(『三屋清左衛門残日録』文春文庫刊/「闇の顔」新潮文庫『時雨のあと』所収/「桃の木の下で」新潮文庫『神隠し』所収)   監督:山下智彦   脚本:いずみ玲  
出演:北大路欣也/優香/小林綾子/松田悟志/黒川智花/内田朝陽/小野寺昭/駿河太郎/中村育二/伊吹吾郎/金田明夫/麻生祐未/伊東四朗 ほか  

孫の成長に喜びを感じながら、平穏な日々を送っていた清左衛門。ある日、墓地へ向かう葬列に一人の百姓が割って入り暴挙を働くのを目にする。その百姓は、20年前、清左衛門の前で殿へ何事かを直訴しようとしたものの事ならず、武士をやめた赤松東兵衛の姿だった。さらにその葬列の亡骸が、大関助太夫の養子となっていた赤松の実子であり、数日前に城内で起きた刃傷沙汰で斬殺されたことを知る。事件が不自然な形で片付けられようとしていることを不審に思った清左衛門が、20年前の一件との関わりを調べようと動き出した矢先、新たな悲劇が起きて…。不条理な死の連鎖に憤怒する清左衛門が、盟友・佐伯熊太や里江の幼なじみでもある青年剣士・鶴谷亥八郎の助力を得ながら悪の根源を暴くために奔走。やがて明らかになる闇の正体とは―。「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ―」

三屋清左衛門残日録 あの日の声(C)時代劇専門チャンネル/J:COM/時代劇パートナーズ 藤沢周平(R)
闇の歯車(主演:瑛太)
放送日:2月25日、3月3日
(2019年・カラー )
原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)   監督:山下智彦   脚本:金子成人  
出演:瑛太(現・永山瑛太)/緒形直人/大地康雄/中村蒼/蓮佛美沙子/高橋和也/石橋静河/津嘉山正種/中村嘉葎雄/橋爪功   

逢魔(おうま)が刻(とき)それは、黄昏―。人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢(うごめ)くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、口を聞いたこともない男たちだった・・・佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

闇の歯車(主演:瑛太)(C)2019「闇の歯車」製作委員会 藤沢周平(R)
吹く風は秋
放送日:3月3日、3月10日
(2017年・カラー )
原作:藤沢周平「吹く風は秋」(新潮文庫刊/実業之日本社刊『橋ものがたり』所収)   監督:鈴木雅之   脚本:金子成人  
出演:橋爪功/臼田あさ美/波岡一喜/大路恵美/吉村涼/今里真/鶴田忍/田山涼成/岩松了/杉本哲太 ほか  

壺振り師の弥平は、親分を裏切ったほとぼりを冷まそうとしばらく江戸を離れていた。しかし老境に差しかかり、住み慣れた土地への郷愁にかられ、決死の覚悟で再び江戸へと橋を渡った。 江戸に舞い戻ったその日、弥平はとある女郎屋の前で、夕焼けを眺めるおさよという女と出会う。おさよは小間物屋を開いた夫の借金の形として自ら身を売った女だった。亡くした女房とどこか重なるおさよが気になった弥平は、後日、おさよの夫と子供が暮らすという長屋を訪ねる。だが、そこで見たのは、働きもせず博打に明け暮れる不実な夫の姿だった。

吹く風は秋(C)時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 藤沢周平(R)
殺すな
放送日:3月3日、3月10日
(2022年・カラー )
原作:藤沢周平「殺すな」(新潮文庫/実業之日本社『橋ものがたり』所収)   監督:井上昭   脚本:中村努  
出演:中村梅雀/柄本佑/中村玉緒(特別出演)/本田博太郎/安藤サクラ  

裏店の長屋で筆づくりの内職をして糊口をしのぐ浪人・小谷善左エ門(中村梅雀)は、同じ長屋に住む船頭の吉蔵(柄本佑)から、一緒に暮らすお峯(安藤サクラ)の様子を見張るように頼まれていた。元は船宿の女将と抱え船頭だった2人は、密通のうえ駆け落ちしてここで隠れるように暮らし始めたものの、やがてお峯は退屈な日々に虚しさを感じ始める。気晴らしのため川向こうへと架かる橋を渡ってみたい…との思いに駆られるお峯と、居場所が露見することを危惧して「橋を渡るな」と厳命する吉蔵。すきま風が吹き始めた2人の様子を、善左エ門はかつての自分と、自らの手に掛けてしまった妻の姿に重ねあわせて見守っていたのだが…。覚悟を決めたお峯、暴走する吉蔵、心の叫びを上げる善左エ門。橋の袂で3人の切ない想いが交錯する。

殺すな(C)「殺すな」時代劇パートナーズ 藤沢周平(R)