ぺリーのちょんまげ

江戸の渦潮

掲載2001年02月14日

(えどのうず) 1978年

 第一線は退いたが、剣の腕は衰えない元同心とその息子が江戸の悪と戦う。父に小林桂樹、息子が古谷一行というユニークな顔合わせ。八双飛びなど、小林桂樹が珍しく激しい立ち回りを見せるのも注目。さらに彼らを助ける渋い岡っ引きに露口茂。小野ヤスシ、左とん平、小松政夫と充実した喜劇陣もいい味を出している。下町の情緒と事件解決の爽快感を楽しめる、痛快捕物時代劇の秀作。
 本作は、当時(昭和50年代の最初の方ね)、加山雄三主演の「江戸の旋風」に始った、フジテレビ系の「江戸」シリーズの一遍。ほかにも「江戸の朝焼け」とかあったんだけど、覚えてる人いるかな? でもって、このシリーズでは、若手を積極的に起用し、古谷一行はじめ、沖雅也、村野武憲、柴俊夫、鹿賀丈史らが女性ファンを楽しませてくれた。
 ちなみに、フジテレビの時代劇プロデューサーの能村庸一氏の著作、「実録テレビ時代劇」(東京新聞出版局)によれば、「江戸」シリーズの脚本公募で二席に残った注目の新人が、後の売れっ子作家、赤川次郎その人だったとある。やっぱり、女の子が活躍するミステリー仕立ての時代劇だったのかしらん。

( 産経新聞掲載分に加筆 )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法