ぺリーのちょんまげ

『江戸プロフェッショナル 必殺商売人』
中村主水の藤田まことに、草笛、梅宮登場。
正八(火野正平)も元気に江戸の裏を走る!

掲載2010年06月04日

(えどぷろふぇっしょなる ひっさつしょうばいにん) 1978年

踊りの師匠おせい(草笛光子)と、芸者置屋の髪結い新次(梅宮辰夫)は、元夫婦の仕置人。足力屋の正八(火野正平)は、偶然、二人がある男を始末する現場を目撃。彼らの正体を中村主水(藤田まこと)に知らせる。しかし、中村家では、それどころではない大騒動が。長年、“種なしかぼちゃ”と言われ続けた主水の妻りつが待望の懐妊!「婿殿」の株が上がるかと思ったら、「子のためにもっと働け」と尻をたたかれる主水だが…。
必殺シリーズ第12弾。藤田・草笛・梅宮というおとなの顔合わせ。草笛光子の「おせい」は、「必殺必中仕事屋稼業」のときと同じ名前であり、同一人物ともとれる。
「必殺」の名物、時代を風刺する精神は、このシリーズでも健在。第六話「空桶で唄う女の怨みうた」の回では、昭和53年の放送当時、大ブームとなっていた「カラオケ」を早速取り入れ、いきなり現代のスナックからスタート。演歌のパロディで人気を博した「演歌チャンチャカチャン」が流れて盛り上がる。江戸の奉行所でも、左遷された同心が、家のかかり(ローン)、子の学問代(教育費)などを心配して愚痴を言う。その送別会では、「はい、お駕籠代」と、タクシーチケットも出るといった具合。廻船問屋「三州屋」(織本順吉)が、奉行にだまされ、大事な株を奪われる。奉行を密かに始末する主水らの手腕はさすが。

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法