ぺリーのちょんまげ

『運命峠』
徳川家康の子でありながら孤高に生きる男
田村正和にしかできないクールな存在感。

掲載2010年12月03日

(うんめいとうげ) 1974年

徳川家康の子として生まれながら、孤高に生きる運命を背負った秋月六郎太(田村正和)。
天草で静かに暮らしていた彼には、やがて激しい戦いの日々が待ち受けていた。
原作は「眠狂四郎」で知られる柴田錬三郎。作者は、田村版の眠狂四郎がお気に入りで、この作品も応援していたという。
派手な着流しにクールな表情。田村正和がもっとも得意とするキャラクターの六郎太は、当然のごとく、美女と次々関わることになる。炎の中で崩れ去った大坂城の主・豊臣秀頼の寵愛を受け、子を産んだ桂宮蓮子、家康のために毒殺された織田信次の娘・漢家千草など、ワケありセレブ女性ばかりなのも彼らしさ。
「百万両の遺産」の回では、落城した大坂城に莫大な軍用金があったとのうわさから、あやしげな人間たちが動き出す。金のありかを示した絵図面があるのか。六郎太は、「比丘尼屋敷」と呼ばれる邸宅にひっそりと暮らす妖艶な女(磯村みどり)の存在に注目。「そなたは粗暴な男じゃの」と言いながら、六郎太に迫る女。このままからめとられるのか…。
一方、彼に手料理などを届ける可憐な娘・月江(岡田可愛)。しかし、彼の父は、軍用金を狙う者たちに殺されてしまった。
「戦というものが人を狂わした」
世の無情を知り尽くした六郎太の生き方は、現代にも響くものがある。

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法